« 仙臺伝統裸参り保存会撮影記2014② | Main

January 26, 2014

仙臺伝統裸参り保存会撮影記2014③

20140114_069
 保存会の一行は参道を歩み切り、いよいよ神社の拝殿へ向かうための順番待ち。今年のどんと祭は平日開催であったが、保存会が訪れた時間帯は午後6時過ぎの参拝ゴールデンタイムで広い境内も混雑はピーク。 

20140114_070
 しばしの待ち時間の後、一行は拝殿脇へと進み始めた。

20140114_071
 保存会の依代も進む。

20140114_072
 奉献される餅も運ばれて行く。

20140114_073
 黙々と鉦を鳴らし進む。

20140114_074
 拝殿脇から本殿の裏手へ。

20140114_075
 照明設備の光もほとんど届かないような暗い本殿の裏手で、幾度か九十九折に列は進み行く。

20140114_076
 暗闇を進み、歩みを止める。本殿裏では先行団体の参拝ペース次第で幾分か待たされては少し進む、の繰り返し。

20140114_077
 祈願板も暗闇を進む。

20140114_078
 暗闇では、提灯の明かりが仄かに。

20140114_079
 男たちは一定に揃えて鉦を鳴らし続ける。

20140114_080
 今年も清山会さんとの混成隊列を構成。また、サイト工業さんも初めての裸参りということで保存会と一緒に参加した。

20140114_081
 神の住まう本殿の脇で。

20140114_082
 お参りの鉦は振り鳴らされ続ける。

20140114_083
 歩みを止めることが多い場所であることと、辺りを囲う神寂びた森からの冷気が、体温を奪っていく。

20140114_084
 少しずつ進んでは、本殿の裏手を幾度か往復。

20140114_085
 付人もそれは同じ。

20140114_086
 整然、黙々、力強く。保存会の真骨頂。

20140114_087
 参拝の順番待ち最前列も保存会となった。用意されている提灯は、奉献物を納めた人が帰り道で持つためのもの。まさか手ぶらでは帰れない。

20140114_088
 拝殿脇で祈願を果たす時を待つ。

20140114_089
 震災により被災した人々への思いを願いとして届ける。

20140114_090
 さあ、いよいよ拝殿へ上がる。

20140114_091
 付人が含み紙を外してくれる。

20140114_092
 踏み出す。(ピン甘とブレで大失敗画像ですが)

20140114_093
 拝殿へ上がり、奉献物を納め、参拝。

20140114_094
 御神酒を頂いて、拝殿を下りる。

20140114_095
 行程も後半となる。

20140114_096
 参拝・祈願を終えた一行はどんと祭の御神火へと向かう。

20140114_097
 参拝・祈願を終えても、裸参りが終わったわけではない。裸参りはその団体の拠点まで気を抜かずに鉦を鳴らし続けて帰ってこそ完遂されるもの。

20140114_098
 鉦の音高らかなままに。

20140114_099
 御神火まで一行は辿り着いた。

20140114_100
 次々と腰の注連縄が取り外され、御神火に投げ入れられる。

20140114_101
 神社の境内で見られる光景としては、御神火の周囲を廻る姿がオーラスとなる。

20140114_102
 雲外蒼天。その思いは来年の裸参りまで。本当なら、一刻も早く被災地に至極当たり前の暮らしが戻ることが望まれるが、この3年の経過を見れば、まだまだ時間は掛かりそうだ。

20140114_103
 境内を後にする保存会一行。

20140114_104
 帰りの道でも毅然と颯爽と。

20140114_105
 お参りを果たした姿を地元に見せることも務め。

20140114_106
 行きも帰りも、多くの地元の方々に声を掛けられる。

20140114_107
 今年のお参りも終わろうとしている。

20140114_108
 醬油屋の前を過ぎ、右折。

20140114_109
 杜の館へと続く道へ。

20140114_110
 帰るまでがお参り。

20140114_111
 無事にお参りを終えて、真剣だった顔もやっと綻ぶ。

20140114_112
 付人は後片付けに忙しくなる。

20140114_113
 今年も皆様お疲れ様でした。私は今回が3回目の保存会随行だったのだけれども、震災後最初のどんと祭で大混雑した一昨年、大雪に見舞われた昨年と比べれば、例年並みという感じの今回だったのでしょうか。

20140114_114
 そして、カメラ振り回す私にご配慮いただきありがとうございました。

 装束を解いた皆様は道具と館の後片付けをし、解散。有志で「直会」に参加してお参りの行程をそれぞれに労ったり、付人の働きに感謝したり。私も参加させてもらい楽しいお話が出来ました。

 また一年。また来年。これからの一年、来年に向かう前向きな気持ちがちょっとだけ、新年早々に持てた感じがしました。

|

« 仙臺伝統裸参り保存会撮影記2014② | Main

Comments

お疲れさんでした。
今年もいい写真をありがとう。
「雲外蒼天」
みんなが思えば、空はあおぞら。
これって、ジョンレノンの「イマージン」にも近いような。
「イマージン」は禅宗の教えだとか。
まずは、みんなで復興を忘れない。
まずは、一人ひとりが復興はまだと想う。
まずは、一人ひとりが動きましょう。
まさに、「てんでんこ」で

Posted by: 仙臺髭おやじ | January 27, 2014 at 14:56

仙臺髭おやじさん、今年もお世話になりました。
今年的に撮影はちょっと苦戦しました。
自分のポジショニングの悪さもあると思うのですが、
ここぞ!という撮影場面を逃した感もありました。
もうちょっと暗所のオートフォーカスに強いカメラが欲しい…。

まさに「てんでんこ」で今後は復興に寄与する何かをすべきですね。
いや、意識するだけで何かにはつながっていくのかな。
来年の祈願板の文字がボンヤリと見えそうな気がします^^

今後また時間に余裕を持ってお話できる機会があれば嬉しく思います。

Posted by: Sakazuki | January 27, 2014 at 22:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/59008048

Listed below are links to weblogs that reference 仙臺伝統裸参り保存会撮影記2014③:

« 仙臺伝統裸参り保存会撮影記2014② | Main