« 2012年出し残し⑤「雑多なこと10月」 | Main | 2012年出し残し⑦「雑多なこと11月」 »

January 10, 2013

2012年出し残し⑥「Canon PowerShot SX50 HS」

20121107_01
 10月に愛車の車検を終え、右前輪のベアリング交換関係の工賃等を整備工場に少しオマケしてもらったことで生じた余裕?で、購入に踏み切ったCanon PowerShot SX50 HS。見た感じ一眼カメラっぽく見えるけどコンデジ。コンデジという枠にしては大きめのボディなのだけど、それは世界最高(←発売時)光学50倍ものズームレンズを搭載しているからである。

 レンズスペックとしては4.3-215.0mmF3.4-6.5という数値になるが、撮像素子の大きさの関係で35mmフルサイズ機換算にすると24-1200mmという画角となり、とんでもない超望遠の世界が楽しめる…のに、画像をJPEGで撮影するときは「プログレッシブファインズーム」なるデジタルテレコン機能があり、画質劣化を多少抑えた2400mmという世界までも堪能できる…のに加え、通常のデジタルテレコン機能も加えちゃうと4800mmなんていう天体望遠鏡みたいな世界まで味わえるっつう性能が特徴。ひえぇ…。

 このカメラを入手した動機は、鳥を記録としてしっかり撮りたかったから。今までは…。

20121111_01
 上画像の上のカメラのように、APS-C機の50Dにテレコンを介した120-400mmズームを付けて、35mm機換算最大1280mm(2倍テレコン使用時)の画角で画質最低のマニュアルフォーカス撮影っていう、撮ってても楽しいんだか苦痛なんだか分からない状態で鳥を狙っていたこともあった。扱い辛いし何より重いし…(2倍テレコンも含めると2.5kgオーバー?汗)。

 が、上画像の下のカメラである PowerShot SX50 は、百ウン十万円の高級超望遠レンズを使ったり、望遠鏡とコンデジを組み合わせたデジスコを使ったりするよりは画質面で劣るものの、文字通り手軽に超望遠の世界が楽しめて、車で言うところのパワーウエイトレシオが抜群のカメラって感じの機種である。昨年9月に発売後、店頭品薄が続いていて納期1ヶ月以上という感じだったが、某ルートで即納購入。もちろん新品♪ヨド○シ店頭価格より1万円チョイ安かった。ちなみに重さは600g弱。一眼レフを普段使っている身としてはメチャ軽いのに、換算1200mm。

 で、光学50倍の世界はというと…。

20121108_01
 ↑あそこにサギが居るんだけど…(換算24mm)。

20121108_02
 換算1200mmでこんな感じに。

20121109_03
 ↑トンビが居るけど…(換算24mm)。

20121109_04
 遠くを見てますわ…(換算1200mm)。

20121108_05
 ↑真ん中の葉をズームしてみると…。

20121108_06
 こんな感じになるっていうのが換算24-1200mm50倍ズームの世界でした。これにプログレッシブファインズームを使えば更に2倍に、通常デジタルテレコンも併用すれば更に2倍に、となっていくワケだけど、さすがに4800mmの画質は悪い。でも、ブログ等で使う小さな画像には問題ないレベル。1200万画素長辺4000ピクセルの画像を5~600ピクセルまで縮小すると、よっぽど高感度撮影で粗い画像だったときを除けば問題を感じない。

 で、いろいろ試写してみた。

20121108_07
20121108_08
20121108_09
20121108_10
20121108_11
20121109_01
 ↑0cmマクロなんていう接写も可能らしいけど、0cmなんて実用的じゃないよねぇ…。

20121109_02
 と、いろいろ試写して操作性に慣れたりしながら鳥へと意識を向け始める。

20121113_01
 初っ端にカラス…つまらん?(笑)

20121113_02
20121113_03
20121113_04
20121113_05
20121113_06
20121113_07
 しめしめ…。

20121115_01
20121116_01
20121116_02
20121116_03
20121116_04
20121116_05
20121116_06
 なお、今回の画像は全てトリミングしてません。(上画像のスズメの顔は換算4800mm手持ちで撮ったもの。)

20121116_07
20121116_08
20121116_09
 撮影条件によってはレンズの収差なんかがモロに出てくることもあるけれど、一眼レフに福沢諭吉を百ウン十人も投入したレンズを使うより、フットワークが軽くないデジスコを使うより、素人にはとんでもなく気軽に超望遠の世界が楽しめるカメラであって、鳥を始めとする野生動物などを追い掛けるのが楽しくなりそうなカメラだ。

 まだまだ使い慣れてはいないと思うけど、望遠域での流し撮りはフォーカス的に困難、超望遠域での流し撮りはフレーミングを保つのも困難(当たり前か?)、逆光のレンズフレアが気になる、というところにはすぐにデメリットを感じたけれど、通常のオートフォーカスはEOS Mよりもイイように感じたし、動く被写体をフォーカス追従してくれて枝間の鳥もピントを合わせてくれることが多いし(旧来のコンデジに比べて)、手ブレ補正も強力だし、使っててストレスはそうそう感じない。

20121122_01
20121122_02
 何より、鳥を警戒させないで大きく撮れるのはグッド。大砲みたいな一眼カメラ+レンズの装備を振り回していては明らかに警戒されちゃうことが多いけど、片手でもホールドできてしまう PowerShot SX50 HS だと、スズメもウトウト居眠りを続けたままだ。

20121127_01
 最後にお月様。上は換算1200mm。

20121127_02
 換算2400mm。ちょっと画質が粗いかな…。

20121127_03
 換算4800mm。粗いけど、こんなんでも手持ちで撮れるっていうんだから…。

 私的には買って正解のカメラでした。

|

« 2012年出し残し⑤「雑多なこと10月」 | Main | 2012年出し残し⑦「雑多なこと11月」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/56507226

Listed below are links to weblogs that reference 2012年出し残し⑥「Canon PowerShot SX50 HS」:

« 2012年出し残し⑤「雑多なこと10月」 | Main | 2012年出し残し⑦「雑多なこと11月」 »