« September 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

October 19, 2012

20120422_気仙沼市[03]

20120422_170
 魚市場付近を見て廻った後、岩井崎へと向かった。17年前に仕事で泊まった民宿は更地となっていた。

20120422_171
20120422_172
20120422_173
20120422_174
20120422_175
20120422_176
20120422_177
20120422_178
20120422_179
20120422_180
20120422_181
20120422_182
20120422_183
20120422_184
20120422_185
20120422_186
20120422_187
20120422_188
20120422_189
20120422_190
20120422_191
20120422_192
20120422_193
20120422_194
20120422_195
 17年前の記憶と共鳴するものは潮吹岩の飛沫と轟きだけとなっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2012

20120422_気仙沼市[02]

20120422_145
 気仙沼市内を移動し、続いて魚町から魚市場付近を見て歩く。被災後、壊れた冷凍倉庫内で腐敗していたという大量の魚。まだその臭いが残る場所も少なくなかった。

20120422_146
20120422_147
20120422_148
20120422_149
20120422_150
20120422_151
20120422_152
20120422_153
20120422_154
20120422_155
20120422_156
20120422_157
20120422_158
20120422_159
20120422_160
20120422_161
20120422_162
20120422_163
20120422_164
20120422_165
20120422_168
20120422_169
 魚市場周辺では姉の知人が津波で亡くなっている。どのような状況で居るときに亡くなられたのか詳細は分からないが、海と生活を共にしてきた人であろうから、津波の襲来があるものと思いつつも命を落とす結果となったに違いない。

 海辺で生活をしていた人々が、地震直後から数十分間で選択した思考や行動が如何なるもので、どんな結果を生んだのか。

 未だにいろいろと考えさせられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2012

20120422_気仙沼市[01]

20120422_111
 陸前高田市から気仙沼市に入り、津波と火災に襲われた鹿折地区に車を停めて徒歩で周辺を見て回った。

20120422_112
20120422_113
20120422_114
20120422_115
20120422_116
20120422_117
20120422_118
20120422_119
20120422_120
20120422_121
20120422_122
20120422_123
20120422_124
20120422_125
20120422_126
20120422_127
20120422_128
20120422_129
20120422_130
20120422_131
20120422_132
20120422_133
20120422_134
20120422_135
20120422_136
20120422_137
20120422_138
20120422_139
20120422_140
20120422_141
20120422_142
20120422_143
20120422_144

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »