« March 2012 | Main | June 2012 »

May 2012

May 29, 2012

旧大倉発電所跡探訪記:00

 前回の記事で旧大倉発電所跡が現存することを知るに至った経緯を簡単ながらお話した。旧発電所は現発電所に施設や敷地を取って代わられたものだと思い込んでいた私。現地探訪を果たす前に、その思い込みを生じてしまった情報源のほか、他の情報をあらためて見直してみることにした。

 私が旧大倉発電所の存在を意識した微かな記憶はWikipediaの大倉ダム記事にあった。以前、青下ダムや定義森林軌道跡を巡ったブログ記事を作る際に、何度か周辺地区の変遷を調べるのに閲覧したページだ。その大倉ダム記事中の【補償】項目に、水没する集落への補償対応等の話以外に旧大倉発電所に関する記述があったのだ。

 その部分だけ抜粋すると、「ダム建設によって東北電力の水力発電所である大倉発電所(旧)が取水口水没によって発電不可能となることから、これを補償するために発電所を改造しダム右岸部に取水口を新設して発電を行うことで東北電力と合意。これによりダムが大倉発電所の新たな取水口となることから水力発電も目的に追加された。」…とあり、この文中の「発電所を改造し」という言葉が思い込みを抱いた言葉、強く印象に残ってしまっていたのであろう。

 他に何か情報はないものかと手元の僅かな資料をひっくり返すと、「宮城県百科事典(河北新報社編集:昭和57年発行)」の【水力発電所】項目中に大倉発電所の小項目があり、「(大倉)ダムの建設によって水没した旧発電所に代わり…」といった記述が見られた。これでは旧発電所が水没してしまったことになる。同じような意味合いの記述は他の情報源でも見られ、宮城県の仙台地方ダム総合事務所のページWikipediaの大倉川記事にも見受けられる。特に後者の記事中【歴史】項目では「1908年(明治41年)に大倉発電所が作られ、その下流に大倉ダムが1961年に完成した。ダム湖の下に没することになった発電所はダムの川下に移転し、ダムから水を供給されて発電することになった。」という記述がなされ、あたかも旧発電所がダム上流に存在し水没したかのように解説されていたのであった。同じWikipediaの記事でも大倉ダムと大倉川のそれぞれの記事で触れる旧大倉発電所の扱いが異なっているという点がある(編集者の違いによるものだろうが)。なお後述するが、大倉発電所の竣工は1912年(大正元年)とする仔細からなる論文が存在し、「1908年(明治41年)に大倉発電所が作られ」というWikipedia大倉川記事とは異なっている。

 例えば、鳴子ダム建設によって上流域に存在した3つの水力発電所が水没しているという。例えば、明治後期~大正期にかけては各地に水力発電所が数多く建設されていたりする。そんな様々な情報が人から人へと伝わるうちに重要な言葉が抜けたり他の事柄と内容が混ざったりして、更には推測が事実のように加えられて、それが現代に伝わってきている側面もあるのだろう。

 さて、様々な情報によって旧大倉発電所の変遷が判然としないものとなっているが、判る範囲で年表的に以下にまとめてみた。特に参考としたのは先にも触れた仔細な論文で、『岩本由輝「仙台市・宮城県における公営電気事業と太田千之助」(東北学院大学経済学論集176号)』である。これは旧発電所跡の現存を確認したlot49snd氏がブログ記事中で取り上げているもので、それで私も知るに至ったもの。この内容と他の情報源をミックスして下にまとめている。

大倉発電所主要事項年表
 1909年(明治42年)建設計画・着工
 1911年(明治44年)所有権譲渡(仙台電力→仙台市)
 1912年(大正元年)竣工
 1920年(大正9年)各権利譲渡(仙台市→宮城県)
 1951年(昭和26年)電力事業再編(東北電力所有化)
 1957年(昭和32年)大倉ダム着工
 1961年(昭和36年)大倉ダム・現発電所竣工

 上記で見れば、竣工後ちょうど100年、退役後半世紀余りが経過したということになろう。大倉ダム湖に水没したとかしていないとかいろいろ言われている旧発電所だが、大倉ダムよりも下流に位置するのではないか、とlot49snd氏が思うに至った一枚の油絵が存在する。その絵は私も数年前に見ていたのだが…。

20120526_000a
 その油絵(2008年撮影)。仙台市水道記念館にある「青下水源地鳥瞰図」だ。昭和8年に描かれたこの絵では、熊ヶ根から青下、大倉や定義、さらにその奥の山々の様子が見て取れる。4年前にこの絵を見たときは廃橋のことを気に掛けていたので大倉発電所のことなどは全く考えることなく漠然と眺めてしまっていたのだが…。

20120526_000b
 拡大画像なので画質は悪いが、左に青下第三ダム、右手前に旧大倉発電所が描かれている。こうしてあらためて眺めてみると、確かに旧発電所は大倉ダム湖に水没していない位置に存在する。発電所のほぼ真北に描かれている山は座禅堂山で、この山と青下第三ダムを結んだ線に大倉ダムは存在しているはず。現在の地形などから照らし合わせて考えると、つまり…。

20120526_000c
 大倉ダム湖を簡単に描き足してみたが、こんな位置関係ということになるはずなのである(青下第三ダム湖と大倉ダム湖の大きさの関係が違って見えるのは遠近感表現による縮尺の違いからである)。きっとlot49snd氏が抱いた印象とはこういうものだったに違いない(どうですか?)。

 旧発電所は水没していない。水没したのは取水口。Wikipedia大倉ダム記事中にある発電所関連の記述はほぼ正確。逆にWikipedia大倉川記事中にある記述は出鱈目?ということになろうか…。

 さてさて、ここまでは既知の情報源などで状況を考えてきたのだけれども、いざGoogleMapで衛星画像を当地に拡大していくと…あ、在るわ。間違いない。鳥瞰図の地形と似たような場所に単調ではない水路のようなものが…。現地へのアクセスは容易。報せを受け、休みの日に天気が良ければ行こうと決めた週の末、金曜は午後から雷雨だったが土曜は見事に晴れ渡り、緊急追跡踏査を敢行するに至った。

 とんでもなく前置きが長くなってしまったが、いざいざ現地に赴いての画像が登場するかと思いきや、それはまた次回の記事更新をお待ちいただきたい(汗)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 26, 2012

旧大倉発電所跡探訪記:序

20120524_01
 いろんな所に、昔のいろんな遺構は残っている。日常生活の中で目も向けられなくなった捨てられた存在でも、その歴史を紐解けば今現在の日常生活を支える礎となった存在だったりもする。

 上画像の記事は5/24の地元紙に掲載された仙台市泉区の水力発電所跡地のもの。少し前にこのブログでも探訪記事にした仙台愛宕下水力発電所と同様、河川の自然の高低差と蛇行地形などを勘案して隧道を設け、その中に導水して吐水口付近の僅かな落差で水力発電をしていた施設の名残りである。この水力発電施設の跡については地元住民団体などにより保存整備が進められている。地域の文化遺産を後世に伝えていくという趣旨である。

 この記事が紙面を飾る僅か2日前、俄かには信じ難い一報を頂戴することとなった。「旧大倉発電所跡にたどりつきました。」…旧大倉発電所。私はてっきり現大倉発電所に取り込まれ潰されたかのような印象を抱いていたので驚いた。そしてこの旧大倉発電所跡、ネット検索をかけても御一報を頂いた方の記事以外には近況が見えてこない存在なのである。

 忘れ去られようとしていた存在。

 現代の情報ネットワークを以てしても、日夜幾多の廃墟マニアや産業遺構ファンが東奔西走していても、世にフィーチャーされることの無かった物件が竣工後100年という節目の年に見出された。

 この素晴らしい快挙を成し遂げたのは、単身赴任で宮城県外在住ではあるが仙台が地元であるlot49snd氏。仙台市水道創生期の施設について記事を取り上げられており、この関係もあって当方ブログに御一報であるコメントを頂戴するに至った。今後当ブログで旧大倉発電所跡のことを記事にしていくが、その前に是非lot49snd氏のブログ記事をご覧いただきたい。発電所以外の記事も含め様々な資料などを元に詳細かつ丁寧に紹介されており、旧大倉発電所の経緯についても大変よく分かる構成となっている。(私はそこまで詳しく紹介できないので、予め予備知識をlot49snd氏のブログ記事で得ていてもらいたい…ι)

 lot49snd氏の情報提供に感謝しつつ、先週までは思っても見なかった“緊急追跡踏査”を本日敢行。

20120526_a
 新緑に覆われた薄暗い林の中に、それは確かに存在した。

20120526_b
 ひっそりと朽ちていくものがあった。

20120526_c
 自然に取り込まれようとするものがあった。

20120526_d
 構造物を取り込もうとする自然があった。

20120526_e
 往時の世界が露天に曝されていた。

20120526_f
 今もなお威厳を保つ部分も残っていた。

20120526_g
 私なりの「旧大倉発電所跡探訪記」、少し他の記事ネタが控えている中ではあるが優先的にUPしていきたい。

[lot49snd氏の関連ブログ記事]
仙台市水道記念館
旧大倉発電所跡1
旧大倉発電所跡2
旧大倉発電所跡3

~余談~

 lot49snd氏からの御一報を頂いてlot49snd氏のブログ記事を拝見していたところ、仙台市水道創生期の施設の記事が充実しており(その関わりもあって御一報頂いたことは記述したけれども)、私が以前当ブログで触れたこともある送水用隧道にも関わる「送水路」の地図が掲載されていた。私が好んで散策していたのは第四号隧道の出口付近や、同じく第四号隧道の入口と第三号隧道の出口付近で、近くには氷室跡や氷池跡もあるという場所だった(当該記事は→こちら)。この第三号隧道の入口ってのがドコなのか昔から気になってはいたものの、いつか調べようと思ったまま月日は流れ今に至り、lot49snd氏の掲載した送水路地図でピン!と来た。GoogleMapで調べてみたら、怪しい構造物が山中に見えている…。

 ということで、旧大倉発電所跡を探訪した帰り道に「怪しい構造物」付近を探索してみたのだった。

20120526_h
 車を路駐して僅か数歩。「この施設は、上水道の重要な施設です。…」キターッ!ここだった。第三号隧道の入口すら確認していないのに確信してしまう私。

20120526_i
 道はすぐに直線となり、林の中を進む。遠くに白い物が見えるが、何かの設備っぽい。道は途中で沢を渡っている。

20120526_p
 沢に架かる橋の下には送水管らしき極太管が…。ムフフ♪

20120526_j
 白い設備は発電設備らしい…って、その後ろ!赤いレンガ!

20120526_k
 コレ!コレ!

20120526_l
 第三号隧道入口、発見~♪

20120526_m
 開口部(扉)の直上に銘板とはカッコイイ!しかもレンガの積み方に意匠が施されている!

20120526_n
 ここから978.56m、途中で斜め右に折れる箇所を備えながら第三号隧道は延びている。

20120526_o
 知らなかったなぁ、ここ。伯父の家から歩いて数分なのに(汗)。

 lot49sndさん、本っ当にありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 19, 2012

4月初旬~末までのこと諸々

20120411_01
 やっと4月。やっと梅。という頃の画像なのだが…。

 この頃は仕事面でもいろいろあって、なかなか休日もまともに休めなかったりで、カメラ持ってのお散歩も自宅近所か職場近所という程度。気になることは梅の開花が少し遅かったことでの桜の開花時期、ってだけじゃなくて、いつの間にかに増えていく近所の更地と化す住宅たち。

 パッと見は大丈夫そうでも、結構地震でダメージを負っていたっていう建物は割と多いようだ。

20120415_01
 休日に仕事をしても、仕事だけで休日が終わってしまうのは癪に障るので、日没前に近場のカタクリを撮りに行ったりした。

20120415_04
 桜が咲く前に見ておきたい花、カタクリ。

20120415_03
 でも、あんまり時間が無くて工夫した撮り方とかはできなかったけど。

20120415_02
 木々の新芽が伸び始める直前の山って、ちょっと期待感に満ちているように感じられて心地良いです。

20120415_05
 いろいろ短時間で適当に撮りつつ…。

20120415_06
 時には林床に這いつくばって小さな花を撮ったりしていたら、ガサッガサッと林の中から近付いてくる足音が…。

20120415_07
 野良ヤギ!?

20120415_08
 ではなくて、白いニホンカモシカ!!

20120415_09
 と、普通色のニホンカモシカも。「何撮ってんダヨ。」的に睨んでますが、実際の雰囲気はノンビリそのもの。

 しばらく観察していたら、林の奥に入っていってしまった。木々の隙間から見え隠れする白カモシカに手を振ってアピール開始。

20120415_10
 立ち止まって気にしてくれてました。

20120415_11
 そのうち寝転びました。かな~り白いカモシカくん。神々しい…。

20120415_12
 普通色カモシカは林の奥へと消えて行っちゃいましたが…。

20120415_13
 白カモシカはしばらく日向ぼっこしておりました。(カモシカ画像は2枚目以降適宜トリミングしています。)

20120417_01
 数日後、職場近くの河津桜が花開き…。

20120417_02
 いよいよ桜の季節到来というところ。

20120419_01
 毎年のように職場近くの駄菓子屋の枝垂桜が気にかかり、撮ってみる。

20120419_02
 でも時間帯や天候的にタイミング良くは撮れなかった。

20120420_01
 キヤノンの画像処理ソフト(DPP)にHDR合成機能がアップデートで付加されたので、例の駄菓子屋で試し撮り。

20120420_02
 なかなか面白い。

20120420_03
 広瀬川の橋でも試し撮り。

20120421_01
 懲りずに駄菓子屋の枝垂桜に普通にまたカメラを向けてみたけど…。

20120421_04
 これまでと違った感じには撮れなくて、なんだか散漫に…。(撮り方のネタ切れ)

20120421_03
 撮り方ってところでは工夫は無いけど、桜は綺麗ってコトで。

20120421_02
 その後は動画撮影中心となった今年の桜。自宅や職場近所のほか、石巻や東松島など津波被災地でも少しだけ桜は撮ってきた。

↓津波被災地付近(石巻~東松島)※音量注意

↓近所バージョン(仙台市内)※音量注意

 4月22日には岩手県陸前高田市~宮城県気仙沼市~南三陸町を、4月29日には女川町~石巻市~東松島市を、それぞれの市町の一部分だけなのだけれども、津波被災地の様子を見て歩いてきた。

 その時に撮った画像は別の画像ブログでUP中だけれども、こちらのブログでも後日まとめてUPいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2012

約2ヶ月振り

20120226_01
 約2ヶ月振りの更新ιそれもこれも仕事上のゴタゴタがありまして、なかなか文章を考えるほどの時間的余裕も心的余裕もなく過ごしていた結果。この2ヶ月余りの期間を画像と共にザッとまとめてみようかしら。

20120226_02
 この雛人形は、2月末まで「八幡杜の館」に飾られていた仙台市立八幡小学校所蔵のもの。「裸参り写真展」が開催されるまで飾られていたもので、写真展の準備直前に撮ったもの。

20120226_04
 こんなんとか。

20120226_05
 こんなんとか。

20120226_06
 こんなんとか。

20120226_07
 こんなんとか。。。って、人形ばかり続けてたらまだまだ続くのでこの辺でヤメますが、古いもののようだけれども繊細な作りの人形たち。

20120226_08
 小物も素敵。

20120226_09
 本格的なものだった。でも、長年の代物だけあって割と小物類は紛失しちゃってるんだそうです。

20120226_03
 このくらいの雛飾りって、100年位前はどんな家なら持てたのかなぁ…。

20120226_10
 他にもこの日は…。

20120226_11
 手作りつるし雛も飾られてました。

20120226_14
 めんこいですね^^

20120226_13
 裸参り保存会の谷会長もデジカメで撮ってました。

20120226_12
 ほんわか~と眺めつつ、館内をウロウロしつつ、写真展の準備が始まるのを待ってました。

20120226_15
 2階の仙台の古地図コーナー?に、年始に訪れた青葉電気工業発電所が載っている地図もあった。と思ったら「仙台電気工業会社」とある。う~む…。発電所と会社の名前が違うってだけなのか、何なのか。真相が知りたい。

20120226_16
 さて、写真展の準備開始です。直前までのひな祭り系のお片付けをしていただき…。

20120302_01
 こんな感じに写真展開始。

20120302_02
 写真以外のものも多数展示されました。

20120302_03
 カメラ抱えて裸参り保存会の皆様を追いかけさせていただいたけれど、この法被のお陰で難なく同行させていただけました。

20120304_02
 3月は週末の度にドカ雪が降っていたような…。

20120304_03
 ドコにも出かけられなかったような気が…。

20120304_04
 遅い春。3月初旬にやっと蝋梅。

20120304_05
 そんな中、写真展は続き。。。

20120304_06
 職場関連の方数人のほか、ブログ友達の方も(確認できた範囲では)3名ほどご来場いただけました。

20120313_01
 3月中旬にやっと梅がチラリホラリ。

20120313_02
 それでもなかなか暖かくならず。

20120313_03
 白鳥もまだまだ市内に滞在したまま。

20120313_04
 3月も後半へ。

20120320_02
 震災から一年以上経過したことの、早いような遅いような感覚。

20120321_01
 慌しくなる仕事に追われつつ。

20120325_01
 写真展と3月が終わりを告げたのでした。

 そして仕事に追われたまま4月に突入だったワケだ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | June 2012 »