« 近くなくなった近況… | Main | 約2ヶ月振り »

March 15, 2012

Canon EX AUTO

20120302_08
 2月中旬、職場のビルの上層階で働く人から古いカメラを譲っていただく機会があった。Canon EX AUTO。昭和47年発売の一眼レフカメラだ。

20120302_09
 その人曰く、捕鯨船に乗っていた祖父の遺品の中にあったものということで、中古屋に売っても大した金額にならない(値が無い…)だろうから、使ってもらえるならどうぞ、ということなのである。私としては遊び道具を与えられたかのように嬉しい限り。レンズには菌糸状のカビが見受けられたけどマニュアル的な操作面の動作は生きているようだった。ちなみにレンズはEX 50mm F1.8。

 これを譲り受け、レンズのカビ取りに挑戦。最近のレンズの繊細なコーティングだったら手出しはしないが、ネットで調べるとこのカメラレンズなら出来そうな雰囲気だったので自前でやり、完了。ボディ全体もクリーニングし、取り除けない汚れもあったけど完了。んで、ボタン電池も交換して動作確認してみたが、残念ながらシャッタースピード優先式のAEは機能せず…。仕方ないか。

 ということで、十数年も転がしっぱなしだったモノクロフィルムを装填して、試し撮りに近所を散策してみることにした。このときのフィルム装填、ショット数カウンターを「S(スタート)」までフィルムを送るまでの準備もかな~り懐かしくてニヤニヤ(笑)。

20120218_01
 一発目は三居沢の滝。キスデジ+EF 50mm F1.8で試し撮りして適正露出の参考値を得つつの撮影(掲載画像はネガをaigo社FS-901でスキャンしたもの)。なかなかしっかり撮れる…。

20120218_03
 三居沢不動尊の絵馬。時々撮ってしまういつもの光景。

20120218_02
 顔が風化して無くなった古いお地蔵様。

20120218_04
 水子供養のお地蔵様と花。

20120218_05
 橋の欄干。

 出来上がってきた写真を見て、カメラが全然使えることを確認。ただ、ネットで見かけるEX AUTOの記事ではカラーフィルムでの色ノリが悪いっていう内容が多いような気がするので、もっぱらモノクロ機として遊ぶことになりそう。

20120218_06
 凍て付く沢の薄氷を。

20120218_12
 三居沢水力発電所。

20120218_07
 昔の送水隧道の出口を遠くに撮りつつ。(あそこに足を踏み入れたい…。)

20120218_08
 バス車庫の裏を歩き。

20120218_09
 広瀬川河畔まで出る。

20120218_10
 今の風景でありながら変な懐かしさを感じるのは、昔から見続けてきた風景だからだろうか?

20120218_11
 私一人。

 で、その後クルマでちょっと移動。

20120218_13
 宮城県知事公館。

20120218_14
 門の屋根。

20120218_15
 門の横の古い消火栓。

 んで、またクルマで移動。

20120218_16
 八幡の醤油屋さん。ここからちょっと歩いて…。

20120218_18
 まるや。

20120218_17
 旧天賞酒造の店蔵だった、八幡杜の館。

20120218_19
 杜の館と言えば「裸参り写真展」。お暇ならお気軽に足をお運びいただければ幸い。17日(土)居リマス、ワタシ。

20120304_01
 フィルムが光カブリしてたってことなんだけど、それはフィルムが十数年前のものだったからなんだと思いたい…ので、新たにモノクロフィルムを調達してしまった。

 これから遊び相手として時々お出掛けを共にしそうな Canon EX AUTO でした。

|

« 近くなくなった近況… | Main | 約2ヶ月振り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/54229775

Listed below are links to weblogs that reference Canon EX AUTO:

« 近くなくなった近況… | Main | 約2ヶ月振り »