« 大晦日の閖上:02 | Main | 青葉電気工業発電所跡探訪 »

January 29, 2012

1月3日のこと

 1月も下旬ですが、1月3日のことを記事に…(汗)。

 1月3日は昼過ぎまで仕事をし、午後に少し自由な時間ができた。ということで、職場にクルマを停めたままにして散策に出ることにした。今回の散策は目的地があり、そこは…。

20120103_01
 あの山の上、仙台愛宕神社まで。この神社は伊達氏と共に米沢に在ったが、政宗と共に岩出山を経て仙台へ移った。1603年(慶長8年)創建。この愛宕山に1650年(慶安3年)伊達忠宗が新たに神社を建て直した。祭神は火の神である軻遇土神(かぐつちのかみ)で、火伏せの御利益で有名な神社。江戸時代まで普賢菩薩を合わせ祀っていたことから辰・巳年生まれの守神として今も慕われている(神仏分離により普賢菩薩は今は除かれている)。

 そう、今年は辰年。そして年男の私…。いつも行く近所の大崎八幡宮だけではなく、今年は辰年だし、昨年は震災もあったし、愛宕神社に行っておこうと思ったのだった。

 その前に…。

20120103_02
 広瀬川で白鳥を狙って遊ぶ。(少しだけトリミングしてます)

20120103_03
 ザババーッと目の前に着水。(こちらはトリミングなし)

 少しだけ白鳥を撮って、宮沢橋を渡って根岸交差点へ。そこから愛宕神社へと向かう。

20120103_04
 てくてく十数分歩いて辿り着いた愛宕神社。地元に住んでいながら記憶にある参拝は初めて。

20120103_05
 ちょっとした山に登るのと同じ感覚であろう、この階段。とりあえず息が切れるまでには至らなかった。

20120103_06
 階段を登り切ったところで振り返ると良い眺望。あ、我が職場ビルも小さく見えるね。

20120103_07
 参道の石畳を歩く。神社や寺の石畳っていろんな様式がある。ここはフラットな切石を敷き詰めているので歩き易い。丸みを帯びた平石を敷き詰めている自宅近所の大崎八幡宮などでは、雨の日や雪の日は足元が滑り易くて歩き難かったりするものだ。

20120103_08
 眺望の良い場所で脇目。SS30ビルのアンテナ塔は折れたまま。塔が折れ落ちて損傷した屋根もそのままのようだ。

20120103_09
 楼門へと辿り着く。楼門の左右には…。

20120103_10
 烏天狗と大天狗の像が安置されている。日本最大と謳われているが、そこのところどうなんでしょう。

20120103_11
 参拝する人も割と多め。さて私も…。

20120103_12
 お賽銭は奮発?して500円投入。何を願ったかは秘密(笑)。

20120103_13
 これも見たかった。

20120103_14
 なんとかボールを7つ集めて出てくる…というものではないけれど、1本の木の根?から掘り出したという龍。

20120103_15
 拝殿の後ろの本殿の扉が気になったりしつつ…。

20120103_16
 遠くの景色を堪能して愛宕山を降りました。

 で、このまま帰るのは勿体ないので寄り道。愛宕山の麓、広瀬川沿いにある某所へ。

20120103_17
 広瀬川の上流のダムが放流したときに鳴るサイレン塔の付近。知ってる人は知っているだろうけどね。

20120103_18
 山の斜面に続く階段。崩れかけたブロック塀に朽ちた郵便受け。これを見るのが目的ではなくて…。

20120103_19
 崖にポッカリ開いた穴。ここは愛宕山横穴墓群の一端。愛宕山の北斜面と南斜面東部を中心に分布している。造営時期は7~8世紀頃とみられ、約100基ほどあるという。

 でも、これを見に来たわけでもない。

20120103_20
 とは言いつつ、気になるので見る。これも横穴墓なのかなぁ…。

20120103_21
 入口左側壁に凹部があって、何か置けそう。穴の奥の玄室は一段高い床面が作られている。画像の穴のように低い位置の穴は、実は防空壕でしたってこともあるけどね。そこのところどうなんでしょう。

20120103_22
 横穴墓を少し観察してからサイレン塔のところまで戻ってくる。そう、このサイレン塔のところにあった施設の名残りを見に来たのだった。

20120103_23
 見えてきた。横穴墓と同じように崖にポッカリ開いた穴。されど、古墳時代の手掘りそのままの穴ではない。明らかに近代の様相を呈すアーチや構造物…。

 ということで、続きは次回。

|

« 大晦日の閖上:02 | Main | 青葉電気工業発電所跡探訪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/53848765

Listed below are links to weblogs that reference 1月3日のこと:

« 大晦日の閖上:02 | Main | 青葉電気工業発電所跡探訪 »