« 新川森林軌道跡プチ探索② | Main | 新川森林軌道跡プチ探索④ »

November 10, 2011

新川森林軌道跡プチ探索③

 11/3文化の日にプチ探索として新川森林軌道跡を訪れた話の続き。仙山線の奥新川直流変電所跡地を見物し、そこから奥側の森林軌道ルートを行く。

20111103_44
 地形の影響で南沢に沿ったルートとなると緩やかな蛇行を始める。奥新川ラインもこの辺りまでならクルマで入ってくることもできる。ただし、紅葉見物等で訪れる人のほとんどは奥新川駅前に駐車して歩いてきており、この辺りでは作業関係の車両や地元の人の軽トラ程度しか見掛けない。ハイキングコースということを考えれば車両の乗り入れは極力控えるのがマナー、という場所かもしれない。

20111103_45
 この辺りになると南沢側の路肩が狭くなり、場所によっては石積みで補強されている。奥新川ラインの整備で積まれたものと考えるよりは森林軌道の名残りと考えるほうが普通、かな。定義のほうでは玉石の石積みが多く見られたが、新川のほうは玉石ではない石積みのほうが多く見受けられるようである。

20111103_46
 昔々、ここはレールが敷かれていたんだね…。

20111103_47
 再び石積みが。場所によっては、南沢の流れまでダイレクトにダイブできてしまいそうなほど切れ落ちる崖の上を森林軌道跡は走っている。石積み見たさに身を乗り出すのもほどほどに…。

20111103_48
 この画像辺りまでがクルマの乗り入れ限界点。あとは方向転換が不可能な場所となる。(大型車ではここでもほぼ不可能だが…)

20111103_49
 切通しを抜けて行く。路盤をフラットに切り通すところに軌道路盤らしさがある。

20111103_50
 切通しを抜けると轍も存在せず、ハイキングコースらしさが色濃くなるが、元はレールがあった道。

20111103_51
 沢に降りて行く階段と森林軌道跡との関係。軌道跡はとにかくフラットに先へ。そして壮大な?石積み。ちなみに沢へ降りて行ける階段は封鎖されていた。下のほうでは危険箇所があるらしい。

20111103_52
 その石積み。苔生してもなお頑丈そうだ。

20111103_53
 沢へ降りて行く階段は廃枕木を使用しているもののようだ。この枕木は森林軌道のものなのか仙山線のものなのか分からない。固定しているボルトを見ていると定義の森林軌道橋梁に使われていたものを思い出す大きさだが、そもそも何に使われていたボルトなのか当然定かじゃない。きっと仙山線由来のものなのだろう…。

20111103_54
 森林軌道跡はまたもや仙山線の下をくぐる。が、かなり道幅が細い。この直前までの軌道跡の方向から考えると、本来の軌道路盤は右側の崖中、今は虚空となった場所を走っていた可能性がある。おそらく路盤崩落して、その後人だけが通れる状態に復旧した現場だろうと考えられる。

20111103_55
 仙山線下を通過した先の様子。森林軌道の路盤としては珍しくアップダウンがある。次の画像の場所を見て思ったが、上画像の場所は森林軌道の路盤ではなかったと考えられる。

20111103_56
 アップ後のダウン現場、少し九十九折に下る踏み跡。ここで周辺の様子を見て感じたことは、森林軌道の路盤はその昔、上画像とその前の画像の現場を右に大きく回り込んできていたらしいということ。つまり、仙山線下付近から上画像辺りまでの森林軌道路盤は崩落により現存していない、という感じであった。

20111103_57
 先に進むと沢を渡る橋が見えてくる。この付近を森林軌道も渡っていたはずだ。痕跡を探してみると、足元に…。

20111103_58
 あった。犬釘付きの枕木。間違いなくここは森林軌道跡。

20111103_59
 橋付近を見下ろす。倒木や流木に交じり森林軌道の橋梁だったと思われる朽ちた木材が散らばる川床。橋の対岸側橋脚の足元には枕木のような朽ちた角材が多数積まれている。そして、森林軌道の橋梁は今ある人道橋の位置ではなく、画像右側の一段高い位置が袂として存在していたようだ。

20111103_60
 人道橋を渡って振り返る。この画像だと左側の一段高い位置が森林軌道の橋梁の袂だったところだろう。そこに枕木も埋まっていたのだ。

20111103_61
 で、こちらの渡った先にも枕木が半埋没で存在していた。

20111103_62
 少し進むと軌道跡は再び微妙なアップダウン。この辺りは路盤への崩落土砂の上にハイキングコースが敷かれているという感じである。それであっても基本はハイキングコースとして整備・管理されている故、とても歩き易い。

 本日のプチ探索範囲の最終地点までは、あともうちょっと。

(続く)

|

« 新川森林軌道跡プチ探索② | Main | 新川森林軌道跡プチ探索④ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/53214200

Listed below are links to weblogs that reference 新川森林軌道跡プチ探索③:

« 新川森林軌道跡プチ探索② | Main | 新川森林軌道跡プチ探索④ »