« 10月りゅう座流星群が… | Main | 深まった秋に »

October 19, 2011

秋の深まりに

20111012_01
 最近は暑くもなく寒くもなく、お昼寝などするには心地良い気候が続いていたけれども…。

20111012_02
 そろそろ肌寒く感じ始めてきたかな、というところに秋の深まりを感じつつ。

 休みの度に家でゴロゴロ寝転がってばかりというわけではないけれども、日常的に明らかな運動不足という状況を抱えたまま、また少し風邪気味という体調でありつつも、本日健康診断を受けてきた。特筆すべきは…体重が昨年より若干増ではあるのだけれどウエストサイズ的には割と増、という体型崩れ的な傾向が我が身に見て取れ、オッサン化が進んでいることが如実に証明されたものとなった…。あとは右目の視力が何故か少し回復しており、近年0.7程度のものが久々に1.0という結果であった。ヒメオオクワガタを探し回ったことが視力のリハビリにでもなったのだろうか?

 また、今回初めてバリウムを飲んでの胃部X線検査を受けた。周囲の人から話を聞くと、バリウム飲むのが気持ち悪いとか、ゲップを我慢するのが辛いとか、腹部を押されるのが辛いだとか、いろいろ散々聞かされていたが、腹減らして行ってることもあってバリウムを飲むのに抵抗も無く流し込み、ゲップを我慢すると言ってもコーラを一気飲みした直後に比べれば苦しいというほどでもなく、腹部を押されるのは何となく楽しかったりと、苦痛に感じることは何一つ無かった。待ち時間のほうが苦痛だったかもしれない(笑)。あとは検査後の膨満感がかったるい、という程度で。

20111013_01
 話は戻して、秋の深まり。先週は山奥まで分け入って、紅葉の色濃い山でヒメオオクワガタの姿を見てきたのだけれど、クワガタ以外の山の様相は紛れもない深まった秋そのものであった。

20111013_02
 ススキの穂も…。

20111013_03
 フワフワになって形が崩れ、枯れススキへと化していたし。

20111013_04
 カエデの葉も目立つほどに紅葉。

20111013_05
 咲き残っていたアザミの花にスジグロシロチョウやトラマルハナバチなどがこぞって集まっていたり。

20111013_06
 傾きかけた陽の光で照らされる木々は燃えるように赤々と見え。

20111013_07
 今季最後?のクワガタ採集を堪能して秋の山から降りてきたのだけれども…。

 そうなると、普通に紅葉を楽しみたくもなるワケで。

20111016_01
 16日午後に桑沼まで行って紅葉を見てきた。本来なら早朝から行きたいところだったけど、諸々の都合や体調不良もあり、夕方前に。

20111016_02
 頭上の紅葉を眺めるのは普通だけど、足元の低木にも紅葉はある。いろいろキョロキョロ見ながらの散策。

20111016_03
 色付き始めから、色付き切ったものまで。紅葉ピークの一歩手前といったところだった。

20111016_04
 近くで見ると綺麗じゃない葉もあるっていうのは仕方が無いけど…。

20111016_05
 紅葉した山を遠くから眺めるだけではなく、森の中を歩いて眺めるのはやっぱり気持ち良いな、と思ったり。

20111016_06
 湖畔の紅葉は今週末くらいまでなら見頃だろう。ただ、湖畔から見える山の上のほうはピークを過ぎて落葉が目立つようになるかもしれない。

20111016_07
 紅葉だけじゃなく、落葉しても木そのものの魅力もあったりするけどね。

20111016_08
 日頃の運動不足もあるし、雪が降り始めるまではいろいろ出歩こうかしらねぇ…と思いつつ。

20111016_09
 話は変わるけど、私のHN「盃」の考案者であった同僚が退職することになりました。10年間ほどお世話になり、感謝の念は尽きません。

20111016_10
 盃という名と共に、ご恩は一生忘れません。

|

« 10月りゅう座流星群が… | Main | 深まった秋に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/53033133

Listed below are links to weblogs that reference 秋の深まりに:

« 10月りゅう座流星群が… | Main | 深まった秋に »