« 灯火採集に行った次の日 | Main | 続:1ヶ月余りのこと雑多 »

August 17, 2011

1ヶ月余りのこと雑多

 気が付けば1ヶ月以上もブログのほうを更新しないままに過ぎてしまった…。この時季の行動はクワガタ採集に終始してしまう?ため、管理ホムペのほうの更新は順調に行ってきたけれども、先週末は満月だったために出撃せず。お盆休みというものは例年通り無く、そして今週末は職場の計画停電対応のために自宅待機が命ぜられている。次のクワガタ関係の出撃は来週以降となるであろう…。

 ともあれ、この1ヶ月以上の雑多なことを諸々と。

20110706_01
 7月6日。残業中に職場から見えた太陽柱。既に地平線下に沈んだ太陽の光が大気中の氷粒に反射して柱状になる現象だ。記憶にある限り、この現象を見るのは初めて。

20110706_02
 ちょっと電線が邪魔だけど、綺麗に見えたかな。

20110710_01
 梅雨が明ける前日の7月10日。この日は暑く、熱帯夜明けだったし猛暑日に近い日だった。午後イチに太白区二口渓谷までドライブ。川縁まで下りて行くととんでもなく涼しかった。川で水遊びする家族連れ多数。私も暑さから逃れてあまりの涼しさに呆然と川岸に立っていたりした…。川の周辺には画像のシータテハやクジャクチョウの姿が多かった。

20110714_01
 7月14日。夕方に近所を散歩すると長いこと某所で暮らしている野良猫と遭遇した。夕涼みなのか紫陽花の花の前でゴロ寝を始めた。その姿を撮っていると地元商店街の人で漁協の人でもあるI屋の旦那さんも登場(当ブログには過去2回登場。1回目2回目)。画像の野良猫の話、地震の話、原発の話、アユの話、カメラの話、レンズの話、我が職場の№2の人の話(同じ地元なので知っている)、etc.etc...で満月が高くなってきて暗くなってきて…。何分立ち話したんだろう…。過去記事以外にも地元スーパーとかでも会うことがあるが、いつも立ち話が止まらない人である。

20110715_01
 7月15日。6月末から時々仙台上空を飛行していた飛行船を昼休みに撮影。この日は飛行船のためにカメラを持って来ていたわけではなく…。

20110715_02
 楽天の試合観戦のためだった。対オリックス戦。1年前の観戦時と同様、職場の皆々様との団体観戦であった。

20110715_03
 …基本は古い建物。地震で跡形も無く崩壊とかしなくて良かったよなぁ…。

20110715_04
 今回の観戦位置。ゲームを観るには投手の一球一球が楽しめるような場所で良い。けど…。

20110715_05
 撮るにはネットがどうしても邪魔になる席だった…。ま、昨年来たときに気が済むまで撮ったような感じだから、今回は試合を重点的に楽しむことに。

20110715_06
 じっくり観戦。

20110715_07
 楽天には珍しく?中盤に固め打ちしてイケイケムード♪ただ、大量失点で呆気なく逆転負けという展開もアリガチなので最後までドキドキ?

20110715_08
 …と、試合も終盤で盛り上がる頃に、仕事の関係で私は途中退場。せっかくの勝ち試合だったがゲームセットは見届けられなかった。

20110731_01
 一気に7月31日。この日は午後から仙台市西部を散策。ヤナギ林を見てみるとカナブンが居た。クワガタやカブトムシの姿は無かった。

20110731_02
 カマキリもあと2回くらい脱皮すれば成虫になるかな?という感じの個体がウロウロしていた。

20110731_03
 所々、藪や田んぼ端に咲くヤブカンゾウ。

20110731_04
 嫌なことを忘れさせてくれる花だ。

20110731_05
 ちょっと車で移動して、私が幼少期から野遊びフィールドにしていた場所へ。鳥のフンらしきアゲハの幼虫が点々と葉の上に居た。

20110731_06
 セマダラコガネはこの時季の定番のように草葉の上に乗っていた。

20110731_07
 クワの木を見上げればクワカミキリ?が(ミヤマカミキリかも?)。近くの葉の裏側で何やらガサゴソ動くものが…。

20110731_08
 なぜかコフキコガネ。クヌギやコナラの葉に居るならまだしも、なぜクワの木の近くに?新鮮な個体で綺麗だった。

 そんな感じでクワの木を眺めていると、通りがかりの初老の女性に声を掛けられた。「クワの実?」「いえ、虫を探してるんです。」

 私が子供の頃からこの近辺で遊んでいたことを話し、そこからいろいろ話を広げていくと、どうやら超~遠縁の人(というか私と同じ地元で同じ珍しい姓の人)をご存知のようで、昔話にまで発展。「この前ね、あの辺りでいろんな色した綺麗な虫が居てね…(タマムシらしい)」とか「あの辺りにはカブトムシやクワガタが居てね、子供たちがよく採りに来るの。」とか、虫の話も数々話してくれた。別れ際には「この辺りは私の土地のようなものだから、いつでも歩きにいらっしゃい♪」「忘れなければだけど、あの辺りには5月頃に野ゼリが出るから勝手に持って行っていいわよ♪」などなど。

20110731_09
 子供の頃に味わっていたこの地の温かい人情・風情というものをこの歳で再び実感。いろんな思い出が甦る。ああ、あの頃は無我夢中で野山を駆け巡っていたな…。

 そして、7月は終わったのでした。

 次の記事は8月の雑多話になるだろうか…。

|

« 灯火採集に行った次の日 | Main | 続:1ヶ月余りのこと雑多 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/52493868

Listed below are links to weblogs that reference 1ヶ月余りのこと雑多:

« 灯火採集に行った次の日 | Main | 続:1ヶ月余りのこと雑多 »