« クワガタサイトリニューアル&… | Main | 灯火採集に行かない日 »

June 23, 2011

今季初クワガタの日のこと

 クワガタホムペ記事でもオマケとして触れた、今季初クワガタとの遭遇。クワガタ目当てで訪れた先ではなかったので採集記としては成り立たないのだけれど、その日の一部始終をこちらで記事にしてみよう。

 6/19。仙台市西部の某所に立ち寄った。その経緯はクワガタホムペ記事でも触れた。関係者の方に敷地内を散策する許しをもらって歩みを進めたワケだ。

20110619_01

 庭の木立には、帯に短し襷にも短し…のヘビの抜け殻が引っ掛かっていた。ネクタイには丁度良い長さだろうか…。今年はまだヘビを捕まえて遊んでいない。

20110619_02

 遠くにチョウがいっぱい飛んでいるなぁと歩みを進める。庭のあちらこちらにアザミが咲き始めていた。なるほど、これがチョウのホストになっていたか…。

20110619_03

 庭の先に存在する雑木林に突入してすぐ、例のクワガタとの遭遇を果たす。飛行物体のシルエットを見てすぐクワガタだと分かった。そしてそれは近くのカエデの枝に不時着したのだった。

20110619_04

 今季初のクワガタはミヤマクワガタ。しかも向かわずして来てくれた…。こういう出会いをした年というのは根拠無く期待してしまう。何かいろいろ楽しいことが舞い込んでくれたらなぁと思ってしまうのだ。

20110619_05

 雑木林内の手頃なコナラの木にミヤマクワガタを放す。出会えればそれで良い。最近は身近な人からのオーダーが無ければ持ち帰るようなことは少ない。…あ、昨年最後のヒメオオは持ち帰ったな(笑)。

20110619_06

 雑木林の中を歩いていたら、左足太ももの外側に突然トンボがとまった。で、ムカシヤンマに出会う。カメラを向けようとしているうちに飛んでしまい、今度は木の幹にとまった。私の足を木を間違えたのか…。

 ここは水辺がある敷地。こういう水辺を生息地にする昆虫を見たいという気持ちがあったので嬉しい。(クワガタとの出会いは思い掛けずの嬉しさのほう。)

20110619_07

 日本では本州と九州に生息し、北海道と四国には生息しない。単純に考えると、日本列島が大陸と地続きだった頃に大陸より九州へ入り分布を広げてきたんだろうか、ということになるけど…四国に居ないのはなぜだろう。ムカシヤンマが日本に入ってきた時期が遅く、本州まで分布を広げ始めた頃には四国は海で分断され始めていたのだろうか?それとも四国にも居たが何らかの事情で衰退・絶滅したのかな…。そんなことを考えてみるのも面白い。

20110619_08

 枝先などにはとまらずに、木の幹などに垂直にとまることが多い。一瞬でもパッと飛んでくれるようなことがなければ見つけることは難しいだろう。

20110619_09

 とにかく多かったチョウ。ヒカゲチョウなどは雑木林内で嫌というほど見たが、これはクモガタヒョウモン。タテハチョウの仲間。ヒョウモンっていうのは豹紋のこと。

20110619_10

 フレッシュな個体だった。

20110619_11

 パッと見、同じように見えるタテハチョウたち。こちらはウラギンヒョウモン。

20110619_12

 赤詰草の花を吸蜜するのに忙しいようだ。

20110619_13

 翅を表から見ると豹紋。ヒョウモンチョウはこちら側からだけ見た場合にはパッと見での種類が分かり難い…。

20110619_14

 庭のほうに戻ってくると、プラチェーン上で睨みを利かせるトンボが居た。

20110619_15

 シオカラトンボの♂。あんまり接近させてくれなかった…。

20110619_16

 歩みを進めていると目前を連結トンボが横切った。不時着した先を見ると…何サナエ?こちらも接近できず、角度的にしっかりと見ることはできなかった…。

20110619_17

 更に歩みを進めると、再びムカシヤンマと出会う。やはり垂直に、鉄柵に掴まっていた。

20110619_18

 続いて、丸太風のコンクリ策に鮮やかな青白さを放つトンボが。

20110619_19

 一歩進んで撮影。シオヤトンボの♂だ。もうちょっと接近したかったが、やはりコイツにも逃げられてしまった。

20110619_20

 その後、ちょっと離れた場所の雑木林内を歩いてみたけれど、クワガタの姿はナシ。今夏有望そうな樹液もナシ。湿った地面でイチモンジチョウが吸水していた。これもタテハチョウの仲間。

 ふらりと立ち寄った場所だったけれど、2時間ほどの散策でクワガタと出会えたし、多くのトンボやチョウを見ることができたし、時間効率的には随分と楽しめた。市街地の緑多き公園も散歩すれば気持ちは良いが、このような生物たちの姿が少ないのは寂しいもの。自然が育む小さな命でも多く感じて歩ける郊外の自然豊かな地を歩くのは楽しいもんです。

 節電が必須と言われる今夏、天然のエアコンが効いた郊外の山野へ赴くことを勧めたいですね。昆虫というワケではなく、植物でも鳥でも地質?でも遺構?でも、山にあるものの何かに意識や興味を向けて歩いてみてはいかがでしょうか。

|

« クワガタサイトリニューアル&… | Main | 灯火採集に行かない日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/52017244

Listed below are links to weblogs that reference 今季初クワガタの日のこと:

« クワガタサイトリニューアル&… | Main | 灯火採集に行かない日 »