« 今季初クワガタの日のこと | Main | 灯火採集に行った次の日 »

June 26, 2011

灯火採集に行かない日

20110620_01

 タイトルの内容に入る前に余談。上画像は入梅前日(6/20)夕方に薄っすら見られた逆さ虹。ほぼ真上に近い位置に現れる。上空の氷の粒が六角板状で、風が弱い日に発生するという。空の様子を気にしていないと見逃してしまうような、頭上の大気光学現象だ。

 で、こういう日は幻日(げんじつ)が現れ易いかも、と思って、仕事が終わった後に職場近所をカメラ持ってぶらり。結局は雲が厚くなってきて幻日が起きなかった…。(2009年7月に見た幻日と逆さ虹の記事はこちら。)

 その日の職場近所を散策中、広瀬川でミシシッピアカミミガメ(いわゆるミドリガメ)を見かけた。先日も見た(4つ前の記事)けど、今回は…。

20110620_02

 ペアのようで、睨めっこ?している。

20110620_03

 楽しそうに?お互いの周囲を泳ぎ回る。

20110620_04

 また向かい合ったと思ったら、右のカメが前脚を伸ばし始めた。

20110620_05

 伸ばした前足で相手の顔を…、

20110620_06

 タッチ♪&なでなで?これはミシシッピアカミミガメの求愛行動。右側がどうやらオスらしい。

20110620_07

 広瀬川の中心で、愛をさけぶ。いや、叫んでないか…。ともあれ、無責任に放たれた外来種が増えるっていうことは喜ばしくないんだけれど、微笑ましい光景ではあった。

 で、今回の記事本題(やっと)。24日夜にクワガタ採集だーっと雨上がりに県北を目指したのだけれども、低温と風にヤラレて30分程度で撤退してきたワケです(ホムペ参照)。そんでもって25日の土曜。いつもならクルマに発電機積んで夜の山に向かうのだけれども、どんでもない低温状況。里は昼間でも20℃を下回っているので、今晩も山は寒過ぎるだろうって判断で、昼間にクワガタを探してみようかなってことで、宮城県中部の某所に出掛けてみた。

 向かった先は、道路端で何度かミヤマクワガタを拾ったことがある地域。Googleの衛星画像で付近を確認すると、道路から数百メートルほど山のほうに入った所に名も無き溜池がある。この付近を探索したいな、と思った次第。樹液ポイントなどのアテは無い。幸い、道路から溜池までは歩いて行けそうな細い道が続いているような感じが衛星画像で見て取れた。

 マクドナルドのドライブスルー渋滞にハマりながら市街地を脱出。路面はドライだがポツポツと雨が降っている。ひどくならなきゃ良いんだけど…。

 んで、午後イチには現地到着。道端にスペースを見つけてクルマを停め、溜池までの細道の入口まで歩き始める。数百m歩いて、道端にそれらしき場所を見つけて突入する。

20110625_01

 細道に入ってすぐ、イチモンジチョウがお出迎え。前回の昼間の散策時は最後に見たチョウだったけど、今回は最初に。じゃあ、今回は最後にクワガタを見ることになるだろうか?

20110625_02

 細道の周辺は、随分と昔は水田だった様子。湿地と化した一体には細々とヤナギが生えている。ミヤマクワガタには貧弱過ぎるな…。まあ、発生ピークにはミヤマクワガタも付くことはないとは言えないが。ヒカゲチョウばかりが樹液に群がっていた。

20110625_03

 こっちの貧弱ヤナギにもヒカゲチョウ。この周辺の細ヤナギが目当てじゃない。もっと奥の溜池周辺がお目当て。

20110625_04

 ふと、道端の葉の上に目立つ黄色い点が見えた。コガネムシ?

20110625_05

 テナガコガネならぬ、アシナガコガネだ。テナガコガネは前脚が長いが、アシナガコガネは後脚が長い。初めて見たかも。正面から撮影後、俯瞰から撮ろうとしたら葉上から落ちてしまい見失ってしまった…。(帰宅して調べたらヒメアシナガコガネだった。)

20110625_06

 細道の周囲は藪。ヤブキリの幼虫など昆虫の姿は多い。

20110625_07

 バッタの抜け殻も頻繁に見掛けた。真夏に向けて成長を重ねているのだろう。

20110625_08

 曇り空ということもあって?ヒカゲチョウはかなり元気に飛び回っていて目に付く。

20110625_09

 パララララ…と軽く飛んできて不時着。このサナエトンボは…?

20110625_10

 おそらくダビドサナエのメス。ダビドっていうのは生物学者の名前。和名的に意味は無い。

 しばらくこのサナエを観察していたら、翅をブルブルと振るわせ始めた。気が付いたら雨が降っている。しかもどんどん強くなる。周囲の山並みもいつの間にか雨雲に覆われ山体がすっかり隠されている。

 身体は濡れても良いが、カメラはなぁ…。

20110625_11

 結局、サナエの近くに居たヤマイモハムシのペアを撮ったところで撤退…。カメラバックのレインカバーを取り出して装備する。そして、来た道を引き返す…。今日も僅か30分程度の行動になってしまった…。しかも探索の核心部に至れずに。

 故に、ホムペの採集記的にはボツネタというわけで、ブログ記事化したのでした。

|

« 今季初クワガタの日のこと | Main | 灯火採集に行った次の日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/52043658

Listed below are links to weblogs that reference 灯火採集に行かない日:

« 今季初クワガタの日のこと | Main | 灯火採集に行った次の日 »