« 閖上までの道(4) | Main | その後、いろいろ。 »

April 17, 2011

閖上までの道(5)

20110403_34

 日和橋から、一度生協前まで戻ることにした。その途中、道路脇に転がるコーラのダルマ瓶を見つけた。おそらく20年以上どこかで眠っていたものが、津波で町が破壊されたことで出てきたのだろう。

20110403_35

 ほかにもアイロンなど、ありとあらゆる生活用品が転がっていた。

20110403_36

 前部が大破したマイクロバス。その左にも大破した白い車両が寄り添っている。

20110403_37

 割合新しかったような住宅地。区画がしっかり整理されているが、残る建物は僅かであった。

20110403_38

 ゴミ集積所。周辺は宅地であるが家屋は無い。

20110403_39

 所々に残った家屋。更地となった宅地には手作りの看板で無事だという安否を知らせるものもあった。

20110403_40

 おそらく自動車整備工場。

20110403_41

 ミノルタカメラ。

20110403_42

 ブロック塀の鉄筋は、津波の押し波で塀が破壊されたことを物語る方向でひしゃげていた。

20110403_43

 捜索活動は至るところで、至るところから。

20110403_44

 消防・閖上出張所。この建物の壁には安否を確認する貼紙が貼られており、写真付きのものがあったりした。地震当日の状況を具体的に子供を捜す貼紙があり、ここで私は撮ることができなかった。悲し過ぎた。

20110403_45

 被災地では、見つかった写真が大切な存在となっている。ここでも、拾われた写真が道端に置かれていた。

20110403_46

 大破した車両。浮かんで流されずに、何らかの理由で沈んで水中の流れと瓦礫に翻弄された車両は尽く破壊されている。

20110403_47

 葬儀社の建物。この建物に逃げ込んで助かったという人の話をラジオで聴いた。鉄筋コンクリートの柱の場合は耐えた建物がほとんどだったようだが、鉄骨の柱の建物では流失しているものもある。そういう点では、この建物が残ったこと、この建物で助かったことは幸運だったのかもしれない。

20110403_48

 この車両には亡くなられた方が居たのだろう。

20110403_49

 車両なのかどうかも分からないくらいに大破した車両。

20110403_51

 住宅地に転がる船舶エンジン。

20110403_52

 生協前に一度戻り、再び海岸方向へ。日和山に辿り着く。

20110403_54

 日和山の頂上には家屋の屋根が流れ着いていた。下の住宅地などと変わらない瓦礫の量であった。

20110403_55

20110403_56

20110403_57

20110403_58

20110403_59

20110403_60

20110403_61

 360度見渡せど、焦土のような景色に言葉を失う。

20110403_62

 山の上から周辺を眺めていると、多くの人々がやってくる。

20110403_63

 若い男二人がニヤニヤ、ヘラヘラしながら眺めてた。

20110403_64

 思わず一人の男をガン見してしまい、目が合った。彼は一瞬ハッとしたような表情を見せ、その後は目線を合わせなくなった。

20110403_67

 笑いに来たのか?笑えない何かを心に刻んで帰りやがれ。

20110403_65

 新聞の写真、テレビモニターやパソコンの画像では感じることのできないものが現地にはあった。

20110403_66

 我が先祖の地、閖上。変わり果てていた。

20110403_68

 この地の今後を見ていきたい。今では閖上朝市も(場所は移しているが)再開されていて、この地に住まう人々の元気には勇気付けられる。

20110403_69

 今は悲しみが強くとも。

20110403_70

 その分優しい、港町が再び興ってくると信じている。

|

« 閖上までの道(4) | Main | その後、いろいろ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/51408230

Listed below are links to weblogs that reference 閖上までの道(5):

« 閖上までの道(4) | Main | その後、いろいろ。 »