« それからの近況 | Main | 今年は歩きたい、かも。 »

February 17, 2011

健康診断と、いろいろ

 16日は健康診断を受ける日だった。休暇を取得し、健康診断後に仕事はしない日としてしまっていたので、そんな一日の話でも。

 まずは朝イチで受けた健康診断。二週間前に自宅で体重を量ったら昨年比+3kg…。以後、大食したいときには菜食を基本として過ごしてきた結果、-2kgの俄か減量に成功…。昨年比+1kgで健康診断を終えた。メシ抜きとか過酷な?ことはせずに2kg減量できたのはヨカッタ。これを継続すれば、もう少しは体重が落とせるかもしれないが…。

 健康診断後にマックと吉野家をハシゴして暴食。

 …きっと無理。減量は。

 で、暴食後に向かったのは長町。その目的は…、

Taiheiyou  「太平洋の奇跡」を観ること。私は戦争映画好きと言えるほどではないが、ボチボチと気になったものは観ている。ただ、映画館で戦争映画を観るのは初めて。ちなみにこれまでDVD等で観てきた戦争映画で気に入っているものは「ビルマの竪琴(85年)」、「プラトーン」、「硫黄島からの手紙」など。お気に入りまでは行かないまでも「零戦燃ゆ」、「ハンバーガー・ヒル」、「フルメタル・ジャケット」、「火垂るの墓(アニメ)」、「黒い雨」、「君を忘れない」、「ローレライ」、「俺たちの大和/YAMATO」、「父親たちの星条旗」なども観ている。

 で、平日の真昼間に行く映画館。太平洋戦争の映画。館内は戦時中に生まれたか幼少期を過ごしたか、というような世代の人々ばかり。若造と言われてしまいそうな者は、若くはない私一人くらいであった…。

 さて、映画を観た感想を言う前に、気になる人はこの映画の関連サイト、Wikipediaでの関連項目をいろいろ見てみると良いかもしれない。下記リンクよりどうぞ。

「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」公式サイト

「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」Wikipedia

「大場栄」Wikipedia

「サイパンの戦い」Wikipedia

 ということで、どんな映画なのかの概要はお分かりいただけたと思う。

 核心的なネタバレにはならないように感想を述べますが、それすら読みたくないって方はこの辺で文字から目を離し、記事後半に載っけている画像でもチラ見して終わりにしてください(笑)。

 全体的な印象として、サイパンの戦い後の一つのエピソードとしての構成に徹していて分かり易く、戦争を美化することも無ければ惨さを強調することもなく、変にアクション面に傾倒するでもなく、史実を伝えんとする製作者側の姿勢が受け取れるものに仕上がっていると感じた。VFXも地味に効果的に使われており、違和感をほとんど抱くこともなく観ることができた。

 ストーリーのキーワードとして「将棋」が出てくる。そして「チェス」との違いについて触れられている。これはこの映画を読み解く、感じ取るには大きな要素である。日米の違いとしての比喩であり、大場隊の置かれた立場、大場栄の下した決着方法へも繋がっているキーワードではないかと思った。

 この映画を観て、何がミラクル(奇跡)的なんだろう?と思う人が居るかもしれない。劇的な展開は無い。劇的な展開で戦闘行為が終結しなかったことに、静かな幕引きをしたところに奇跡がある。それを強調しない構成に好感が持てる。そして、メッセージ性を強く持たせない構成にも好感が持てる。戦争に対して、戦後の日本に対して、現在の日本に対して、日本人ということに対して、今一度観客がそれぞれの主観の落とし所を探らせるような、製作者側の主観が抑えられているような感じさえ抱くほど淡々としているように思えた。

 「感じ取る」映画、とでも言おうか。派手なドンパチや決定的な出来事や台詞で「伝えさせられる」映画ではない。能動的に何かを得ようとして観ることができる方にはオススメ、かな。

 そんな映画の余韻に浸りながら映画館を出る。高気圧ド真ん中の日本列島の天気はすこぶる穏やかで、雲一つ無い青空が広がっている。映画館から自宅まで、おそらく道なりで9km弱。暴食したこともあり、歩いて帰ることにした。

20110216_01  職場の近く、いつもの場所に、いつものようにジョウビタキの♂が居た。ここはコイツの縄張りなんだろうな。何回も顔を会わせているからなのか?これまでよりも接近してみたが逃げることはなかった。

20110216_02  さすがに接近し過ぎれば逃げてしまうが、それでもそんなに遠くまでは逃げずに、再び接近させてもらえるところが嬉しかったり。黙って座ってたら、ジョウビタキのほうからこれまで以上にかなり接近してもらえるかもしれないな…。

20110216_03  ツグミものんびりとしていた。

 今まで行けば必ずカワセミの姿があった、という場所まで足を運んだが、今回は出会えず。きっと県の広瀬川治水工事の影響だ。巣のある土手の対岸で重機がガンガン稼動している。本当にそこまでする必要ってあるの?と、工事の過程を見ていて常々疑問。

20110216_04  堀に架かる単管製の作業橋の上、木の板の隙間に潜ってゴソゴソしている鳥を見かけた。

20110216_05  シジュウカラ。ペアで行動しており、もう一羽が近くの土手をガサゴソしていた。虫でも探しているようだった。

20110216_06  評定河原橋より。この空の青さは、今も昔も変わらないのだろうか。昔より汚れて見える空なのだろうか。

20110216_07  日も暮れかけた頃に帰宅。少し遠回りして歩いたりしたので、一日の歩行距離は10kmは超えただろう。

 さて、健康診断も終わったし、疲れ切っても可という状況で仕事に励まなければならないなぁ、と。

|

« それからの近況 | Main | 今年は歩きたい、かも。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/50892327

Listed below are links to weblogs that reference 健康診断と、いろいろ:

« それからの近況 | Main | 今年は歩きたい、かも。 »