« もう一つのブログの存在 | Main | 大崎八幡宮 松焚祭(どんと祭)速報? »

January 10, 2011

春を訪ねて大温室へ

20110110_01

 めっちゃ寒い朝。宮城県西部と言われる地区は奥羽山系より飛ばされてきた粉雪が積もっていた。まだまだ氷点下2℃台の中、黒子甘党氏をピックアップして向かった先は…。

20110110_02

 若林区の仙台市農業園芸センターへ。真冬の寒さの中、降車とともに薄着に着替えて大温室へ向かう。温室内で一足も二足も早い春を楽しんでしまおうと考えた。年末年始期間に連休を取れなかった私は、この成人の日を含めた3連休が正月休みみたいなもの。暖かくのんびりさせてくれぃ。

 入館料400円を払ったら、何やら先着50名までクイズラリーをしているとか。先着でってことは何かもらえるのかな?分からんけど解答用紙をもらって入館。

20110110_03

 大温室内は一足早い春っちゅうか、常夏じゃ…。花の香りが大充満する温室の室温は20℃ジャスト。真冬の格好で入館して動き回ったら汗ダクダクになっちまうんで、薄着で正解。いや、クイズの答えじゃなくて。

 20110110_04

 入館後の順路ではすぐにトロピカルガーデンという区画になる。陽射しもあるために南国、常夏のイメージが鮮烈になる。さっきまで雪景色を見ていたとは思えないほど一気に季節をトリップ。

20110110_05

 まあ温室内ということで、作られた季節ではあるけれどもそれは良しだ。

20110110_06

 見上げれば清清しいグリーン。本当の春、初夏が待ち遠しくなる。

20110110_07

 トロピカル~な花々を見て回り、第一のクイズを解く。答えは園内の植物説明看板のどこかに隠されているから、しっかり見て回れば容易い。大温室内は老若男女問わず、いろんな人が訪れて歩いている。

20110110_08

 いろいろ撮り歩いてきてはいるけど、通路から植え込みへは当然ながら入り込めないので、いろんな制約の中での撮影。冷え冷えした外界から入ってきている関係で、しばらくはカメラレンズも交換できない(レンズ内部が曇るので)。

20110110_10

 あんまし花の名前も気にしないでバシバシ撮って行く。気分転換と言うのかストレス解消と言うのか…。

20110110_13

 2Fへ上がる。展示室があり…。

20110110_14

 シクラメンの展示コーナーと…。

20110110_15

 出ました、クワカブの展示コーナー。昨夏の企画からの名残りなのか、常設なのかは分からないけど。

20110110_16

 ケース内で撮り難いんだけど、タランドゥスとか。

20110110_17

 マンディブ。

20110110_18

 ダビソンフタマタとか。ほかにもいろいろ。潜ってて見れないのも多かったけど。年中常夏の温室内の展示室で元気にしておりました。

20110110_19

 傍らには「タイの昆虫食」なる展示コーナーも。(以下、特に女性には向かない?画像が続きます…)

20110110_20

 ガムシとかゲンゴロウとか。ラップが破られてるんだけど、誰か食ったのか?おい。

20110110_21

 コガネムシも食っちゃいますか。たくさん採れそう。

20110110_22

 タガメだね。どんな味すんのかな。

20110110_23

 コオロギかぁ…。

20110110_24

 バッタ。イナゴに比べたら大きめのヤツ。

20110110_25

 蚕蛾のサナギ。まぁこれは日本でも食うか。春を堪能じゃなくて、虫も堪能できてしまった。

20110110_29

 温室内に戻り、再び歩き始める。が…。

20110110_30

 食虫植物コーナーで、餌食になってる虫を見つける。(また虫の話か…)

20110110_31

 蚊だろうか。もがいていたが、ネバネバからは脱出できることはできなさそうな感じだった。

 ここで、黒子甘党氏が何やら係員の人から話し掛けられている。どうやらクイズラリーを後片付けしていた係員らしい。そうか、撮り歩くことばかりしていてイベントがタイムアップしてしまったらしい。クイズ出題看板が片付けられていた。解答用紙を持っていた黒子甘党氏と私、まだ一問しか解いていない…。あまりにもゆっくりと歩き過ぎた。

 そうしたら係員さん、一問しか解答していない用紙でも良いので、ということでシクラメンの鉢をくれた。これが先着50名が得られる特典だったのか!

 我が家に落ち着いた明るいスペースがあれば良いのだが、そんな場所は無い。持ち帰っても枯らせてしまう。職場にあったセントポーリアの鉢も枯れていたからな…職場もヤメ。シクラメンの世話は黒子甘党氏に委ねることにした。以後、黒子甘党氏は2鉢持って温室内を彷徨う。

20110110_35

 菜の花には温室内の住人、ハナアブ。きっと秋口に入り込んで住み着いているんだろう。真冬の今時期に出会えるとは嬉しいもんだ。

20110110_40

 ここには人工栽培プラントもあったんだねぇ…。

20110110_41

 いろいろ撮ったりしながら温室内をブラブラと2時間強。

20110110_42

 のんびりと過ごすことができました。

 まだまだ画像はあるけれど、それはそのうちに。前記事でも紹介したYahoo!のほうのブログに大きい画像で載ってくるのは先々になりそうだけど。

|

« もう一つのブログの存在 | Main | 大崎八幡宮 松焚祭(どんと祭)速報? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/50551614

Listed below are links to weblogs that reference 春を訪ねて大温室へ:

« もう一つのブログの存在 | Main | 大崎八幡宮 松焚祭(どんと祭)速報? »