« ターボパイプ付けたら | Main | 私のクリスマス »

December 22, 2010

ひでー雨

20101222_01

 朝から降り続いた雨。荒れに荒れ、昼前には豪雨化し、暴風も吹き、雷ビカビカ。12月の仙台で、こんな天気って珍しい。っつうか、初めてか?今回の画像は昼休みにコンデジで撮ったものたち。っていうか…。

 昼休みって言っても、職場の雨漏り対策に追われていたんだけどね(笑)。水滴ポツポツっていう感じじゃなくて、流れのスジがツツツツゥ~って落ちてくるほど酷いもの…。

20101222_02

 雨漏り対策作業中、遠くに見える増水した広瀬川の水面をズームして撮影。いろんなものが流れていく…。横殴りの雨。暴風。繰り返す稲光と雷鳴。周辺から絶えることなく聞こえてくる緊急車両のサイレン…。消防がWeb情報で発信している出動状況一覧を見ると、市内各所で自然災害としての出動が立て続けに続いている。いろんな場所で冠水とか酷いんだろう。その情報更新も昼前には重要情報のみの表示へと切り替わり、一つ一つの出動情報を表示するということが無意味化するほど激しい降雨となっていた。

20101222_03

 覆面パトカーも誰を追うことなく覆面を脱ぎ捨て、市内を奔走しているようだ。近くの河川脇には化学消防車が停車し増水状況を見ている。化学消防車だということに意味は無いんだろう。ただ、あらゆる消防車が市内全域でフルに動いているという状況に過ぎない。

 雨漏り対策を終えて職場の地下駐車場に行ってみると、なんと巨大な水溜りが出現し、普通のクツでは歩けないかも~的状況へ。おいおい、冠水しちゃうのか?引き続き今度は冠水防止対策に追われる。

 地下駐車場へと降りるスロープに降り注いだ雨は否応無く地下に流れ込むが、その下で真一文字にしっかりと車路を横切るグレーチングの側溝により水は排除される。…はずだったものが、排水容量を超えたのか微妙にオーバーフロー。併せて最も酷いのが、地上側溝の一部排水が地下駐車場経由で流れ落ちる排水溝経路の排水口(直径5cmくらいしかない貧弱なヤツ2つ)が一気に流されてきた綿埃なんかで目詰まりして激しくオーバーフロー(これは想定外)。それらオーバーフローした駐車場フロアへの流入水の全ては、なんと風呂場にあるような排水口1ヶで地味に排水されているだけで、完璧なまでに許容量オーバー。それで巨大水溜りの出現に至っていた。

 排水口の目詰まりを解消して、昔々にも使った巨大ワイパーモップで水を排水溝に集め…。

 ひでー雨。っつうか、雨に弱い職場の建物だ…。

 この日の仙台、過去30年間12月の気象統計的は凄まじい雨だったらしい。

  • 1時間あたり降水量最大42mm(前記録は2010.12.3の21.5mm)
  • 3時間あたり降水量最大66.5mm(前記録は2009.12.5の29mm)
  • 24時間あたり降水量128.5mm(前記録は1980.12.24の88mm)

 ちなみにこの記事を作っている時点の降水量で、です。12月の月平均降水量が26.4mm、年間平均降水量は1241.8mmの仙台。130mmちょいくらいが6月の月平均降水量です。

 ちょうど1時間あたりの降水量で過去最高を記録した時間帯に、地下駐車場がヤラレてますな…。

 屋外駐車していた私の車が綺麗に洗われたってことくらいがプラス要素の雨だった…。

|

« ターボパイプ付けたら | Main | 私のクリスマス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/50371501

Listed below are links to weblogs that reference ひでー雨:

« ターボパイプ付けたら | Main | 私のクリスマス »