« 定義森林軌道跡探訪記:10 | Main | BE KUWA No.37を読み »

October 31, 2010

5年目の車検

 早いもので、我が愛車JB23も5年目の車検を迎えた。車検整備を迎えるに当たって、修理をしておかなければならない箇所が一つ…。

20101030_01

 右前輪のハブナックル周辺。おそらくキングピンベアリングがイカれていて、シールが緩んでハブナックル内に封入されているグリスが漏れている。ここにガタが来ると前輪も少しガタつくことになるので、直進安定性などに難が出るとされている。同様のことが2年ちょっと前にも左前輪で起きており、その時はハンドリングにも影響が出ていたのでディーラーですぐに直してもらった。今回の右前輪では影響というほどのものは感じられなかった。

 今回この分、工賃が高く付くなぁという思いを抱えながら、車検を前に車外マフラーを取り外してノーマルに換装。2年前、前回の車検の時はボルトが固着して自力で外せなかったマフラーだが、その後ボルトをステンレスに替えていたため今回は難なくスムーズに取り外すことができた。

 ボルトをステンレスにしたほか、ガスケットを高密着タイプのカーボン製にもしていた。マフラー購入時に付属していたノーマルガスケットは、当時3年近く経過して完全腐食し、マフラー側のフランジに固着していて除去するのに手間がかかった(というか完全に除去するのが面倒になってある程度の除去でマフラーを再装着してしまっていた)ので、今回はどの程度腐食しているかが多少気になっていた。マフラーを外してみると…。

20101030_02

 画像右の状態であった。左側は新品のカーボンガスケット。2年使用して、取り外しの際に割れてはいるが、原形は残っておりフランジへの固着も前回より少ない状態だった。

20101030_03

 オートバックスで630円也。ノーマルと100円程度しか違わない。

 マフラーのほか、エアクリのフィルターを純正に戻して、エンジンルーム下の自作マッドガードを取り外し、車内清掃して、前回車検時と同じ整備工場行き。右前輪ハブナックルの修理を経て3日後に車検から戻ってきた。整備状況の説明を前回同様、工場の部長さんと主任さんから受ける。

部「修理で取り外した壊れてた部品、見ます?」

盃「ええ、是非。」

主「これ、全部部長が(作業)やったんですよねぇ」

部「これがシール部で、これが上のほうのベアリングで、これが…」

主「おれ、全然(面倒な作業は)やってないし…」

部「下のほうのベアリングがこんな感じで、もうガタガタで…」

 シール周辺の部品に腐食部分も見受けられたので、少し削って錆を落としたとのことで、今後はその部分から正常でも僅かなグリス漏れがあるかもしれないとのこと。封入するグリスはその関係で少し硬めのものを使ったという説明も受けた。

 その他、エンジンオイルとデフオイルの交換、あとは点検整備や調整等でおしまい。エンジンはオイル滲みなど見られず良好。ジムニーではかなり綺麗な状態のほうだという。走行6万km弱を迎えたエンジン、まだまだ走ってもらいたい。

 また、ブレーキ等も次回車検まで問題ないだろうという状態のようだ。気掛かりなのはバッテリーの消耗状況だが、調子崩してからでも交換は良いんじゃない?ということではあった。

 そんなこんなで5年目の車検を終え、また懲りずに?マフラーを戻すわけだ(笑)。新しいマフラーが欲しいところだが、お金が無いのでもう少し古マフラーに頑張ってもらおう。私のアクロスマフラーは、装着後2年くらいまでは劣化で音量が上がっていっていたが、3年目以降は歯止めが掛かっている感じである。「猛爆音」的な感じまでは劣化しないようである。

 さて、それじゃあ古マフラーをお掃除しようか。

20101030_04

 取り外した直後のキチャナイ状態。

20101030_05

 簡単マイペットで汚れを拭き取り。

20101030_06

 金属磨きピカール仕上げ。強靭な焼き付き汚れの一部は落とし切れたもんじゃないので、その点は妥協(というか手抜き)。

20101030_07

 フランジの状態。腐食部分や固着したガスケットで凸凹ザラザラ。再利用を前提に丁寧に処理するなら本来、金ヤスリなんかで地道に削って面をフラットにするところだが、私は…。

20101030_08

 腐食部分と固着汚れのほとんどを除去した状態。使わなくなったナタの刃先をコツコツ当てて剥離除去した。丁寧じゃない横着な?方法でオススメはできない…。その後、CRC556を塗布してワイヤーブラシで洗浄。

20101030_09

 古マフラーの準備が整ったところで、ノーマルマフラーを取り外す。ノーマルマフラーはやっぱり、中~高速域が鈍くなっちゃう感じでレスポンスダウン感が否めなかった…。

 テールランプユニットを外し、バンパーを外し、ノーマルマフラーを外し…。

20101030_10

 ちょっと前から気になり始めた、マフラー取り付け箇所の上部(荷台の下部)にあたる部分の腐食。鉄板が袋になっているような場所なので水が溜まり易く、腐食し易い場所のようだ。

20101030_11

 カーボンガスケットを挟み、マフラー再装着完了。この作業中、2匹の野良猫が見物しに?やってきた。

20101030_12

 目指せ10年12万km、という我が愛車の走行ペースかな。マフラーは近々新品に交換するかもしれないが、車両としては最低あと5年は大きなトラブル無く満足に走ってもらいたいっす。

|

« 定義森林軌道跡探訪記:10 | Main | BE KUWA No.37を読み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/49891021

Listed below are links to weblogs that reference 5年目の車検:

« 定義森林軌道跡探訪記:10 | Main | BE KUWA No.37を読み »