« みやぎ明治村へ② | Main | みやぎ明治村の後に »

June 08, 2010

みやぎ明治村へ③

20100503_47

 ③まで話は続いてきましたが、これは5/3の話です。宮城県は登米市登米町にふらりとやってきて、ノスタルジーな建物を見て歩いておりました。旧登米高等尋常小学校を後にして、次は近くの水沢県庁記念館へ。

20100503_48

 廃藩置県によって仙台藩は解体され、明治4年に登場した登米県。その県庁舎として建設されたが、落成時に登米県は既に無く、水沢県となっていましたとさ…。で、明治8年までの短い期間を県庁舎として使われ、その後は小学校や裁判所として使われていたそうです。登米市指定重要文化財。

20100503_49

 県庁舎横にディスプレイされていた人力車。乗せてもらえる日もあるようだ。県庁舎の中は展示物でいっぱい。往時の状況再現という場所は法廷くらいだったかな。でもそれは県庁の機能ではないしな…。

20100503_50

 続いては登米武家屋敷へ。敷地内散策及び屋敷内での休憩など無料開放している。登米町には寺池城という城があり、その城下町でもあるのだね。

20100503_51

 何故かさり気なく酒瓶が置かれていたり。

20100503_52

 床の間には生け花が。

20100503_53

 明治というより江戸ですな、ここは。

20100503_54

 板塀の下に咲くスミレ。さて、移動するか。

20100503_55

 城下町らしく道は時々直角に曲がり、クランク状になり、辿り着いたのは火の見櫓。というか、警察資料館。

20100503_56

 ここにも、特徴的なバルコニーが。

20100503_57

 明治22年に建てられ、昭和43年まで登米警察署として使われていたそうです。県指定重要文化財。

20100503_59

 明治の建物か。こりゃハイカラだ。

20100503_58

 住んでも良さそうなオシャレな外観。

20100503_60

 で、中に入ると…。

20100503_62

 ジャパン・パトカーがお出迎え♪テールランプ1つガタついてるけど…。警ら用パトカーで現存するもので最も古いらしい。普通は廃車後払下げもなく処分されるらしい。

20100503_63

 白バイもある。子連れの人には楽しいスポット。パトカーや白バイに乗って記念撮影する人多数。

20100503_64

 階段で二階へ。段の角が擦り減って危なっかしい。

20100503_65

 二階は制服やら小物やらの展示室。流石に拳銃は展示されていなかった…。警察制服マニアさんなら一見の価値あり?(撮らなくてゴメンナサイ…)

20100503_66

 一階に戻り、取調室。椅子に取調官が座り、聴取を受ける者は一段下の床に座る。物理的に立場の差を演出しているのが昔らしい。

20100503_67

 僅かな光…。

20100503_68

 留置所内。現代のコンクリートの壁よりは温か味があるが、基本的にはあまり変わりないのかな。左側床にあるものはトイレ。

20100503_69

 う~ん、重い雰囲気…。外観は華々しいが、一階奥は罪人が扱われるエリアで重苦しい感じ炸裂。住んでも良さそうだなんて思えるのは玄関周りと二階くらいで、この重々しい扉の向こうで生活はしたくないものだ。

|

« みやぎ明治村へ② | Main | みやぎ明治村の後に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/48579659

Listed below are links to weblogs that reference みやぎ明治村へ③:

« みやぎ明治村へ② | Main | みやぎ明治村の後に »