« ぼくんち | Main | 幻日と逆さ虹 »

July 04, 2009

グレード ドアップ

20090627_001

 愛機、EOS Kiss Digital。初級者向けデジタル一眼レフとして03年9月に登場。私は翌年7月に購入し、久々に一眼で撮る楽しみの復活を遂げた。

 あれから5年…。デジタルカメラは進化を遂げ、高性能化。画素数で言えば、この初代キスデジはケータイカメラにすら負けるご時世となった。それでも、撮影場面の幅を広げるために手ぶれ補正レンズを手に入れたり、ヘタリ気味のバッテリーでも2個装着でまだまだ行けるし縦位置ホールドも楽ちんのバッテリーグリップを入手したりして、楽しみ続けて…。

 だけど、時々だけれども、バッテリー残量は充分なのに電源が入らない症状が起き始めてしまった。まだ片手で数えられるほどの発生回数だが、これは壊れる前兆か。何らかの不調であることは確かだが…。

 愛機初代キスデジが壊れれば、代わるものが無い。そう考えたときだった。

 まだ申請していない定額給付金。

 締切迫る、キャッシュバックキャンペーン。

 コイツらをアテにして買うとなると、あと7万7千円で。

 衝動ではない、買い。

20090627_002

 EOS 50D 。ボディのみ購入。

 所詮、WEB上でばかり撮影画像を使う私にとっては必要以上の画素数1510万。初代キスデジで撮っても、50Dで撮っても、画像を小さくリサイズして圧縮されてしまえば画素数の差は大したこと無い(だろうと思っていた)。でも、いろいろと性能差が撮影状況を左右するものだから、欲しかったことは確かだったので、このタイミング(6月下旬)で購入に踏み切った。

 50Dが欲しかった個人的理由としては、初代キスデジと比べて以下のレスポンスなどが向上するというところ諸々。

  • 起動時間の短さ (約2秒強 → 約0.1秒へ)
  • 連写速度の速さ (2.5枚/秒 → 6.3枚/秒へ)
  • 連続撮影枚数の多さ (4枚 → 16枚へ ※RAW時)
  • 高感度化 (ISO1600 → 常用ISO3200・拡張ISO12800へ)
  • 低ノイズ化 (DIGIC → DIGIC4へ)
  • 液晶モニターの大型化 (1.8型 → 3.0型へ)
  • バッテリーが同じ形式であること(2代目キスデジ以降だったら別形式)
  • その他操作性や質感の向上(質感に高級感は無いが…)
  • とりあえず最新機種だし(笑)

 画素数なんかは最優先ではない。むしろ、PC処理に負担が掛かるし…。

 で、いざ試写を開始したが、撮影しても撮影しても、初代キスデジと遜色ない画像ばかりが撮れてしまう…。レスポンスや操作性は格段と良くはなったが、画素数UPを感じさせないネムタイ画像ばかりが撮影されてしまう。

 画像を見ていて、それとなく思ったのがレンズのピンずれ。なんとなく、後ピン?。そこで、AFマイクロアジャストメントというレンズのAFピント位置を50D側から補正する便利機能で調整を開始。アザミの花びらが左にめくれ落ちている部分にAFさせた画像で状況説明すると…。

初期値↓

20090628_02_00

調整後(-6)↓

20090628_02_6

 なんとなくハッキリした?という程度だが、中心部分(ピントを合わせた部分)を拡大した画像では…

初期値↓

20090628_02_00up

調整後(-6)↓

20090628_02_6up

 …と、かなり改善。しかしこれは、使用レンズ EF-S 55-250mm IS のテレ端での結果で、ワイド端では初期値のほうが好結果という状況…。中間を採用して-3調整が無難なところなのかな…。テレ側を多く使う傾向にあるから、やっぱり-5~-6かな。同じレンズでも当然、個体差があるから調整量は個々に違うだろう。画素数が上がったことで、ピント位置の僅かなズレも判別されてしまう画像が出来上がってしまうが、アジャストメント機能は便利であった。レンズ毎に設定できるのも良い。

 で、以後は撮影される画像にシックリするようになり、今度は初代キスデジとの解像度比較をしてみたくなったので、定義の五重塔を撮影してみた。使用レンズはAF調整後の EF-S 18-55mm IS 。もちろん、両機での撮影時露出や絞りは同じにしての比較。

初代キスデジ↓

20090628_00

50D↓(赤枠部分は後の拡大部分)

20090628_01

 …。画像のリサイズで圧縮されてしまえば大差ないと思っていたが、これだけでも違いがある…。塔後方の林の様子なんかも違うもんなぁ…。

 次に、赤枠部分を拡大比較してみると…。

初代キスデジ↓

20090628_01_kiss

50D↓

20090628_01_50d

 拡大すりゃ~違いは当然出るもの。それにしても違い過ぎる画素数の差(630万→1510万)を実感するに至った。

 50Dへと移行したことで不満になった点は、バッテリーの消耗が早くなったということと、カメラを首からぶら下げていると服のボタンなど硬い部分にFUNCボタンが抵触してしまい液晶の明るさ設定画面等が勝手に表示されてしまうことがある、ということくらい。それ以外に不満は無い。他にあるとすれば、50Dで撮ってもどうしようもない自分自身(ウデやセンス)だろう…。

 そんなこんなで、新しいカメラを手に入れた喜びと新しいカメラに不相応な自分に対する思いの狭間ながら、相も変わらず楽しんで気ままに撮った画像を以下に少々。

20090625_02

20090625_01

20090626_01

20090629_09

20090628_03

20090628_06

20090628_07

20090628_08

20090628_04

20090628_05

 ちなみに、前回記事の「ぼくんち」も50Dで撮ってます。

 あと、初代キスデジはクワガタ採集出撃の際にまだまだ活用予定です。

|

« ぼくんち | Main | 幻日と逆さ虹 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/45531151

Listed below are links to weblogs that reference グレード ドアップ:

« ぼくんち | Main | 幻日と逆さ虹 »