« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009

July 25, 2009

世話をするのは…

20090723_01

 23日午後、姉入院との一報が入った。

 数日前の夜中、極度の浮腫みが足に出て、翌朝起床時に浮腫みが頭部へ移動した、という症状の報告と相談が実家の姉よりメールで来ていた。発熱ほぼ無し、頭痛は浮腫みから生じる程度の重苦しさだが浮腫みが引かないということで、循環器系(腎臓)障害の可能性が高いから医者へ掛かれと返答しておいた。その通りであった。

20090723_02

 アレルギー関係で通院していた内科医院で最初に診療を受けたが、アレルギー系の処方薬の副作用として極めて稀に浮腫みがあるからと、服用ストップにて数日様子見とされていたようだが、やはり浮腫みは引かず2日後再来。そんじゃあ尿検査してみましょうということで結果が出、医院内がプチパニック(姉談)になり、タクシーに無理矢理突っ込まれて某病院へと強制送致→即入院となった。

20090723_03

 姉曰く、「なんで最初に行った日に尿検査してくれなかったのかな…」

 その時にはその時の医師の判断があったはずだが、別に手遅れになったワケではない。気にするべきところではない。

 入院とはなったが手術の予定は今のところ無く、1ヶ月余りの投薬治療と安静のための入院であるため姉の世話はほとんど要らない。世話というより必要物資を届ける程度の用事で済む。浮腫んではいるが、基本的に元気であり自分のことは自分で出来る。

 だが、世話の焼けるヤツが居る…。

20090723_04

 ネコだ。

 姉の飼い猫「チョビ」だ。ヤツは実家の親父に馴染んでいない。というか人間男性恐怖症ネコである。姉が3日間家を空けたとき、凄まじく騒ぎ立てたネコである。姉こそが全て。親父なんて脅威でしかない。親父と目線が合ったら最後、一目散に家のドコかに猛烈な勢いで逃げ隠れてしまう。

 そんなヤツの淋しさを紛らわしに、遊び相手として実家に行かねばならないのが私の役目となった。エサの補充やトイレの砂替えなどの世話くらいは親父でもやれる。完全イエネコである以上、恐怖の人間関係(親父)しか存在しない家での今後1ヶ月以上の生活は酷。2~3日に1回くらいは顔を出さねばなるまい。

 幸い私は、ヤツが子猫時代に捨てられていて姉が拾うか拾うまいか悩んでいた10年前の夜、その場に居合わせた。その時しばらくヤツを手に持ち膝に乗せ、相手をしていたお陰でなのか、これまで年に1~2回ほどしか顔を合わせないのに、ヤツが「比較的怖くない人間男」と思っている稀少な存在が私なのである。私が姉の部屋に一人で居ても、部屋中を平然とヤツは歩き回る。甘えてまでは来ないが、ネコジャラシなんかでは遊んでくれる。

 再掲しよう。

20090112_02

 コヤツめ。昨年暮れにPHSで撮ったものだが、馴れない私の膝の上に強制的に乗せられ、悲壮感を漂わせておる。ドコ見てんだか焦点が合ってないではないか。

 それでも、人間男の膝の上に乗せられて、悲壮感を漂わせつつも暴れず騒がず逃げずに居るという状況は、姉や姉の友人女性に言わせると天変地異に近いものがあるらしい。唯一、人間男で触れさせてもらえる私。そう思えば、コヤツもカワイク見えてくるだろうか?(笑)

 でもな、まったく…。♂のくせに男が苦手とは。

 敢えて云おう。

 この軟弱者、と。

20090723_05

 姉入院の日、実家の庭先の土手には山百合が咲いていた。

 姉を見送った山百合は、姉が戻る頃にはきっともう咲いていないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2009

ぼくんちのブログ

Bokunchi_03

 私も度々お邪魔している、釣り馬鹿ギタリストの「ショットバーぼくんち」のブログが検索で引っ掛かるようになった!

 店主の苦心の末(?)に始まりました「ぼくんちブログ」は以下のURLです。

●ショットバーぼくんち … http://bokunchi2009.blogspot.com/

Bokunchi_02

 ぼくんちブログを閲覧すると、既に私のブログがリンクされてるし…(笑)。私のブログで掲載した画像も使われていますが、許諾済みですのでお構いなく。というか、CDに焼いて提供した撮影元画像だとデカ過ぎたでしょうか…。小さく加工した画像で、あらためて提供したほうが良いでしょうかね…。

 店主の釣果=店の臨時メニューも随時発信されそうな雰囲気♪ぼくんちブログもこれから少しずつ、必要情報が掲載されたり構成が煮詰められたりしていくでしょう。

 先週末も店に顔を出しましたが、団体様が訪れていて店先にまでテーブルが出されている状況(!)。満席状態=店主テンテコマイの状況に遭遇できたのは貴重でしたw

Bokunchi_01

 とりあえず今回は、新しい画像とか無いんで、既にある画像を加工して遊んでます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2009

画像在庫処分

20090510_01

 初代キスデジで撮った画像で、諸々の事情から在庫となってしまっているものをUP。

20090510_10

20090510_07

 今となっては、という花画像ばかりですが。

20090516_06

 オーソドックスな花も、自分で撮って見る楽しみから。

20090516_15

20090516_21

20090519_02

20090519_16

20090523_01

20090524_07

20090523_04

20090527_02

20090527_16

20090527_21

 特別どうしたってことではないけど、せっかく撮った画像が埋もれるのも何だし。

20090524_10

20090524_15

20090524_17

20090524_11

20090524_13

 以上これまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2009

真昼のクワガタ探索

20090712_01

 クワガタが目的ってワケではないんだけど、ドライブがてら探してみようかなってコトで、日曜午後になって出掛けた。その程度なんで、クワガタホムペの記事にはしていない番外編的に。

 同行者のホクロアマトウ氏を拾い、氏の自宅近くから山間に入る道へと進入する。氏の家から目と鼻の先の山だが、最近は夜にカブトムシが家まで飛んでくる機会もほとんど無いという。確かにこの辺は、私が小学生の頃は夜にかなりの数のクワガタ・カブトが飛んできていた地域で、この地域内にある従兄弟の家に泊り掛けで採りに来た思い出もあるのだが、最近の話として灯下巡りポイントだというようなことは聞かれなくなった。

 山間の細道をクルマで登ると、しばらくしてクヌギが数本立っている場所を発見。すかさず降車。なんとなく虫が居そうな匂い…。とりあえず小さなクヌギ林の外輪を見て歩く。野原の草の上には、シュレーゲルアオガエル(最初の画像)がノンビリと遠くを眺めていた…。

 クヌギは何本見ても、目視ではクワガタ発見には至らなかった。ということで、適当な場所から一本一本、一蹴していく。せーのっ…。

 ゲシッ。

 何も落ちてこない。

 ドシッ。

 …。

 「あ、何か落ちてきたよ」とはホクロ氏の声。

20090712_02

 お、やっぱり居るよなぁ。道路の路肩に落下したのはミヤマクワガタの♀だった。では、残る他の木も…。

 ゲシッ。

 ボスン。

 なんかデカそうなの落ちた!慌てて落下点の草むらを捜索する。

20090712_03

 中型のミヤマクワガタ♂だった。通りすがりの道端でも、ちょっと気になる場所には居るモンです。

 他にも中型のコクワガタ♂が落下しており、ホクロ氏が拾い上げていた。私が草むら探索している間に確保してくれていたようだったが、ホクロ氏は基本的に虫に興味なかったはず…有り難い(笑)。

20090712_04

 落ちてきたミヤマクワガタ♂を木に留まらせて記念撮影。そのままバイバイ♪採集が目的じゃない今日はコレで良い。

20090712_05

 フワワ~っと飛んできて、木を蹴る私を睨みつけるモノサシトンボの♀。ハイ、そろそろ移動します…。

20090712_06

 昼飯を食べてからクルマで10kmほど移動して辿り着いたのは、私がよく散策する山間の一角。普段はクルマで通過してしまう道の途中で今回は降車。カメラをぶら下げて散策を開始する。どこを歩いても多いセマダラコガネが姫女苑に乗っていた。

20090712_07

 らせん状に花が咲いているものも発見。捩花(ねじばな)という花だった。

20090712_08

 小川の上に掛かる枝先には、ハグロトンボが仲良く?2頭並んでいた。

20090712_09

 よく見かけるチョウ№1、ベニシジミ。

20090712_10

 湿地のヤナギ林で、木を蹴飛ばしたら落ちてきたシロテンハナムグリ。随分と赤味を帯びた個体だった。綺麗だなーと撮影していたら飛んでいってしまった…。

 ヤナギ林はクワガタ採りの先行者が居たらしく、木を蹴ってもシロテンハナムグリばかりブンブン落ちてくる。クワガタは皆無。

20090712_11

 更に木を蹴飛ばして落ちてきたシロテンハナムグリ。こっちはノーマルな銅色。

20090712_12

 とにかく危険を察するとすぐに飛翔してしまう習性がある。このカットは羽ばたく最初の「ブ」の音が聞こえる寸前の状態で、翅を広げた瞬間。当然、コイツは飛び去った。

20090712_13

 それでも、ちょっと離れた若いヤナギの木には小型だがミヤマクワガタの♂が見られた。

20090712_14

 なんか、夏を感じる花だなー、と撮影していると、ホクロ氏が「何か居るよー」と声を掛けてくれた。

20090712_15

 あ、ミヤマクワガタ♂じゃないか。虫に興味の無い人が、私より先にクワガタを見つけてくれる…。「あ、上のほうにも居るよー」…。

 最近、視力の低下が著しくってネェ(ホント)。

20090712_16

 上のほうには、大型のミヤマクワガタ。ペアで居る後ろに、中型の♂が様子を窺っている。

20090712_17

 そうしたら、最初に見つけた小型の♂が木を登り、大型ペアに接近していく。小型の♂は、きっと樹液の匂いに誘われて到着したばかりで、この先の事情ってヤツを知らない(笑)。

20090712_18

 ナンダテメー!とは大型♂。ひえぇと怯む小型♂。この隙にと中型♂が裏側から顔を出すが…。

20090712_19

 小型♂はスタコラ退散し、木を降りてきてしまった…。大型ペアは再び平和を取り戻し。中型♂は何もできぬまま、まだペアの後側で佇んでいる…。

20090712_20

 ミヤマクワガタと別れ…。

20090712_21

 キマダラセセリらしきチョウを撮り。

20090712_22

 小雨が振り出してきてしまったので…。

20090712_23

 引き返しながら。

20090712_24

 気になった花々を撮り、家路に就いた。

 と、ここで普通は散策的な記事は終わるのだが。

20090712_25

 帰り道の事故渋滞。何の変哲も無い直線道路なんだがなぁ…。

20090712_26

 前方不注意だろうか。原因は判らないが、運転は注意すべし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2009

続:ぼくんち

20090710_01

 さて、先日の記事でご紹介した、ロック・ブルース・フォークが好きな釣り馬鹿ギタリストのショットバー「ぼくんち」を、昨日再び訪れた。おや?店先が明るくなった。やや赤味を帯びた照明が追加されたようだ。

20090710_02

 店の存在、営業中である雰囲気が強まった追加照明。あとは看板を目立たせるスポット照明くらいで充分ではないですか。

20090710_03

 ちょっと明るめに撮ってますが、店先に飾られたギターも追加照明の効果で存在感を増していた。

20090710_05

 店内に入り、マスターに軽く挨拶。早速、先日撮影したデータを渡し、席に着く。今回もクルマでの来訪なのでノンアルコール。申し訳ない。

 既にいらっしゃったお客様はマスターの顔馴染みの方々。前回の記事をマスターはプリントアウトしてお客さんにも見てもらっていたようで、それもあってクワガタの盃こと私もマスターからのご紹介に与る。先日来た時もお会いした方も居り、なんと私のクワガタサイトをご覧いただけたようで、恐縮しきり。そしたら何だか、私が喋らずとも店全体が昆虫関連の話題に傾倒してしまった。私の日記ブログ記事で取り上げているお店ではあるが、昆虫ショットバーではないのであしからず(そんなのあるんか…)。

 コーヒーを頂きながら他のお客さんとの話を楽しみ、時間は過ぎ、お客さんが入れ替わり、マスターにも多少アルコールが入るイイ時間となってきた。音楽の話題が多くなる。馴染みのお客さんからのリクエストも入る。

20090710_06

 一曲。二曲…。久々に聴くマスターの弾き語り。落ち着いた高揚感。そして、音楽の話題にも出ていた人が偶然お客さんとして加わり、お客さんの弾き語りもご拝聴。とても和やかで、適度に賑やかで。

 この時点で、お客さんは私を含んで5人。しかもなんと、話をすると客5人が皆、青葉区Kに在住という超ローカルな組み合わせ(笑)。なんたる奇縁…。

20090710_07

 そんな縁も手伝い、店の雰囲気は良い。マスターも調子よく奏で続ける。居合わせるお客さんの組み合わせなどによっては、生演奏を楽しめる機会も多いことだろう。

20090710_08

 今回はお客さんに音楽馴染みの方が居られたことで、即興セッションまで拝聴する機会を得られた。「ギター好きの人に(店に)来てもらいたいね、やっぱり」とマスター。とても楽しい時間を過ごすことができた。

 そして、使わなかったが持ち込んだカメラ三脚を忘れてきた私であった…。近々また行かねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2009

幻日と逆さ虹

20090706_01

 昨日夕方、西に傾いた太陽が暈(かさ)を被っていた。が、左右に明るく輝く部分がある。ちょっと輝きが弱いが、幻の太陽「幻日(げんじつ)」ではなかろうか…。

20090706_02

 太陽(左)と右側の幻日。

20090706_03

 右側の幻日をハッキリ目に撮ってみた。

20090706_04

 同じく、最大望遠にて。

20090706_05

 ふと見上げると、太陽の直上に虹が掛かっている。太陽を中心に円を描くのではなく、その逆。太陽に背くように弧を描いている。「逆さ虹」。調べてみたら「環天頂アーク」と呼ばれる現象らしい。

20090706_06

 逆さ虹を最大望遠で。画像下方に太陽はある。上に反っているのが逆さ虹。下にも反っているように見えるのは、同位置に現れる外暈も薄っすら見えているからだと思われる。

20090706_07

 30分ほどで、暈以外は薄くなってしまった。上空に六角柱状の氷の結晶があると暈ができ、六角板状の氷の結晶があると幻日や逆さ虹ができることがあるという。

 幻日と太陽を結ぶ「幻日環」というラインも出現することがあるらしく、古来中国では兵乱の兆候とか言われてたみたい。戦前の白虹事件というものにも間接的に関係している現象。

 知らぬ間に幻日環が出ていたのだとしたら、なんかヤだな…。

 ミサイルでも飛んで来るんでね?というのが今一番現実的な不安だろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2009

グレード ドアップ

20090627_001

 愛機、EOS Kiss Digital。初級者向けデジタル一眼レフとして03年9月に登場。私は翌年7月に購入し、久々に一眼で撮る楽しみの復活を遂げた。

 あれから5年…。デジタルカメラは進化を遂げ、高性能化。画素数で言えば、この初代キスデジはケータイカメラにすら負けるご時世となった。それでも、撮影場面の幅を広げるために手ぶれ補正レンズを手に入れたり、ヘタリ気味のバッテリーでも2個装着でまだまだ行けるし縦位置ホールドも楽ちんのバッテリーグリップを入手したりして、楽しみ続けて…。

 だけど、時々だけれども、バッテリー残量は充分なのに電源が入らない症状が起き始めてしまった。まだ片手で数えられるほどの発生回数だが、これは壊れる前兆か。何らかの不調であることは確かだが…。

 愛機初代キスデジが壊れれば、代わるものが無い。そう考えたときだった。

 まだ申請していない定額給付金。

 締切迫る、キャッシュバックキャンペーン。

 コイツらをアテにして買うとなると、あと7万7千円で。

 衝動ではない、買い。

20090627_002

 EOS 50D 。ボディのみ購入。

 所詮、WEB上でばかり撮影画像を使う私にとっては必要以上の画素数1510万。初代キスデジで撮っても、50Dで撮っても、画像を小さくリサイズして圧縮されてしまえば画素数の差は大したこと無い(だろうと思っていた)。でも、いろいろと性能差が撮影状況を左右するものだから、欲しかったことは確かだったので、このタイミング(6月下旬)で購入に踏み切った。

 50Dが欲しかった個人的理由としては、初代キスデジと比べて以下のレスポンスなどが向上するというところ諸々。

  • 起動時間の短さ (約2秒強 → 約0.1秒へ)
  • 連写速度の速さ (2.5枚/秒 → 6.3枚/秒へ)
  • 連続撮影枚数の多さ (4枚 → 16枚へ ※RAW時)
  • 高感度化 (ISO1600 → 常用ISO3200・拡張ISO12800へ)
  • 低ノイズ化 (DIGIC → DIGIC4へ)
  • 液晶モニターの大型化 (1.8型 → 3.0型へ)
  • バッテリーが同じ形式であること(2代目キスデジ以降だったら別形式)
  • その他操作性や質感の向上(質感に高級感は無いが…)
  • とりあえず最新機種だし(笑)

 画素数なんかは最優先ではない。むしろ、PC処理に負担が掛かるし…。

 で、いざ試写を開始したが、撮影しても撮影しても、初代キスデジと遜色ない画像ばかりが撮れてしまう…。レスポンスや操作性は格段と良くはなったが、画素数UPを感じさせないネムタイ画像ばかりが撮影されてしまう。

 画像を見ていて、それとなく思ったのがレンズのピンずれ。なんとなく、後ピン?。そこで、AFマイクロアジャストメントというレンズのAFピント位置を50D側から補正する便利機能で調整を開始。アザミの花びらが左にめくれ落ちている部分にAFさせた画像で状況説明すると…。

初期値↓

20090628_02_00

調整後(-6)↓

20090628_02_6

 なんとなくハッキリした?という程度だが、中心部分(ピントを合わせた部分)を拡大した画像では…

初期値↓

20090628_02_00up

調整後(-6)↓

20090628_02_6up

 …と、かなり改善。しかしこれは、使用レンズ EF-S 55-250mm IS のテレ端での結果で、ワイド端では初期値のほうが好結果という状況…。中間を採用して-3調整が無難なところなのかな…。テレ側を多く使う傾向にあるから、やっぱり-5~-6かな。同じレンズでも当然、個体差があるから調整量は個々に違うだろう。画素数が上がったことで、ピント位置の僅かなズレも判別されてしまう画像が出来上がってしまうが、アジャストメント機能は便利であった。レンズ毎に設定できるのも良い。

 で、以後は撮影される画像にシックリするようになり、今度は初代キスデジとの解像度比較をしてみたくなったので、定義の五重塔を撮影してみた。使用レンズはAF調整後の EF-S 18-55mm IS 。もちろん、両機での撮影時露出や絞りは同じにしての比較。

初代キスデジ↓

20090628_00

50D↓(赤枠部分は後の拡大部分)

20090628_01

 …。画像のリサイズで圧縮されてしまえば大差ないと思っていたが、これだけでも違いがある…。塔後方の林の様子なんかも違うもんなぁ…。

 次に、赤枠部分を拡大比較してみると…。

初代キスデジ↓

20090628_01_kiss

50D↓

20090628_01_50d

 拡大すりゃ~違いは当然出るもの。それにしても違い過ぎる画素数の差(630万→1510万)を実感するに至った。

 50Dへと移行したことで不満になった点は、バッテリーの消耗が早くなったということと、カメラを首からぶら下げていると服のボタンなど硬い部分にFUNCボタンが抵触してしまい液晶の明るさ設定画面等が勝手に表示されてしまうことがある、ということくらい。それ以外に不満は無い。他にあるとすれば、50Dで撮ってもどうしようもない自分自身(ウデやセンス)だろう…。

 そんなこんなで、新しいカメラを手に入れた喜びと新しいカメラに不相応な自分に対する思いの狭間ながら、相も変わらず楽しんで気ままに撮った画像を以下に少々。

20090625_02

20090625_01

20090626_01

20090629_09

20090628_03

20090628_06

20090628_07

20090628_08

20090628_04

20090628_05

 ちなみに、前回記事の「ぼくんち」も50Dで撮ってます。

 あと、初代キスデジはクワガタ採集出撃の際にまだまだ活用予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »