« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 28, 2009

スカイ・クロラ 余話

 先日購入したスカイ・クロラDVDを観て、またオーディオコメンタリーを聴いて、はたまた小説とかいろいろ思い出したりして、ちょっと余話を。

 原作である小説シリーズを読破した一部の人からは劇場版への酷評(構成とかキャラとかに)もあるし、また原作そのものへの批評(主人公設定が二番煎じとか)もあるけれど、それらの人々の趣向や他作品を抜きにして、自分なりの感想を再度まとめれば、原作と劇場版それぞれに良さがあって、それぞれに楽しめるナァとつくづく感じたワケです。

20090227_01 まずはDVDを観て、あらためて戦闘機“散香”に魅せられた。古臭さと近代っぽさを併せ持つ、現在に甦った震電のような、美しい特異な機体。この形をもっと堪能したくて?プラモを購入してしまった(笑)。FineMolds製1/48スケール3400円。

 ちなみに模型店のお兄さん曰く、「この(Finemolds製の)キットはイイですよぉ~。バン○イのヤツは食玩の延長みたいでダメっすよぉ~。コレ(FineMolds)はイイ♪」とかレジ打ちながら話してくれました。確かに模型雑誌とか見ててもそう思った。散香特集ページとか時々今でも取り上げられてる。そのうち仕事を忘れて現実逃避したくなったら作ってみます(笑)。

 そしてDVDの音声特典オーディオコメンタリーを聴いて、更にいろいろ美術や技術、設定や演出の奥深さ、裏話などが聴けて、作品を観る楽しみが増したワケ。普通に観ただけじゃ気付かない、意識しないような部分にまで手が入れられていたりすることに目が行くようになるワケで、自然過ぎて目立たないけどスゴイことやってるなとか、関心もするワケで、密度の濃さを感じるワケです。

 オーディオコメンタリーでは、プロデューサー石井氏が時折、本作品には無かったアイディアや展開が語られたりすると「スカイ・クロラ“2”で!」と期待を込めた?発言をするけれど、実現するのかねぇ?興行的にはオイシイとは思えない作品なんだけど…。個人的は観たいけどね。

 ちなみにこの前余談で触れた、DVDにオマケで付いてた文庫本スカイ・イクリプス用特製カバーに描かれていたパイロットのコードネーム“NOFOLK”は「ヒイラギイサム」だったのね。そうかなとは思ったけど、またDVDを観て、確認できました。

 原作である小説シリーズは完結してしまったけど、多くは語られなかったキルドレの秘密や、ヒイラギイサムを使った、小説スカイ・クロラ以降スカイ・イクリプス短編までの続世界、押井版続編があっても面白いよなぁ、と正直思うのです。小説と劇場版のスカイ・クロラは結末が異なるけれど、スカイ・クロラ以降の話に当たるスカイ・イクリプスの一部短編は、劇場版の結末を仮定して引っ張ってもなんとかなりそうな内容だし。無いのかな、“2”は…。

 でも…。

 繰り返される日常の物語。永遠にも似た無気力化した日常に生きる。でも、必ず終焉は訪れる人生・時間を無為に過ごし続けて意義が生まれるのか?

 劇場版のエンドロール後にあるシーン。ここまでに通じる僅かな変化、確かな変化に至る過程。それこそがこの物語では見逃せない重要な場面。この物語に続編を期待するのは無意味なくらい、静かに確かなメッセージか込められています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2009

手ブレ補正効果

 前々回、前回と、余談で触れていたISレンズのこと。本日、残る1本が出品者より届けられました。というか、仕事帰りに宅配便の営業所まで取りに行ったのだけど。

 一度帰宅したら不在票がポストにあった。再配達をドライバーに直接頼む時間にしては微妙かな?でも連絡してみようっつうことでTEL。「時間掛かるようなら営業所まで取りに行くけど~」「今ちょうど帰りの足で、営業所に向かってます」「あとどれくらいで営業所に着きますかぁ?」「ははは、実はもうあと3秒なんです」

 で、営業所に行って受け取った。18-55mmIS。

 帰宅してメシ食ってから、IS効果を試したワケです。完動品かどうかのチェックもあるし。

 今回の被写体は製作中のザクⅡJ型プラモ。ワザとブレ易いように接写チューブ装着。今までの手ブレ補正なしレンズでは絶対に手持ち撮影を諦める1/8秒スローシャッター。撮影姿勢はワザと脇を甘くして…それぞれかなり極端なブレ条件にして撮影してみた。

20090225_01

 製作中ザクの色味がバレてしまいましたが、ザクの鼻筋?にピント合わせてます。極端な例ですが、手ブレ補正ってこんだけ違うのねぇ…。今更なワタシ。時代遅れのワタシ?

 ともあれ、今回ヤフオクで入手した18-55mmと55-250mmの廉価ISレンズ2本が、今後の標準になった私なのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2009

スカイ・クロラ DVD

20090224_01 いよいよ発売“The Sky Crawlers”DVD。店頭にも並んでいたけど予約しているので、ただレジに行き店員さん経由で購入しました。

 もう何度も“スカイ・クロラ”のことについては、劇場版のことも小説のことも、このブログに私なりのナントカって形で文章にしてきているので、今さらグダグダ言うこともないか。そんな過去ログはカテゴリ記事アニメで一覧して遡るか、ブログ内検索にキーワード入力するなりして見てみることもできますんで。

20090224_02 で、帰宅して、身支度整えて?いざ鑑賞する。

 劇場で2回観たときに比べれば、細部のディティールや暗部が潰れていないクリアな映像で楽しめる自宅の鑑賞環境。質感の良し悪しも、劇場では気にならなかったところまで新たに感じることができました。

 いやぁ、雲が綺麗だ。空が綺麗だ。空気感すら感じるわ。キャラクターはもうちょっと描き込んだ方が良かったところもあるかもしれないけれど…。

 原作とは違う“押井版スカイ・クロラ”。原作は原作でとても楽しめたけれど、劇場版には劇場版の良さがあるよ、やっぱり。動と静。空と地上。生と死。人間とキルドレ。戦争と平和。日常と非日常。対比されることは数多く…。

20090224_03 今回入手したDVDは紙ジャケット仕様。付録として、文庫本小説シリーズのカバーイラスト右半分を使用したチャプター毎のテキストコメンタリーブック(画像左上)、DVDとほぼ同時発売だった文庫本小説シリーズ“Sky Eclipse”用特製ブックカバー(画像左下の右。左は別売りの当該文庫本)、DVDケース(画像右)が収められています。

 販売店独自の予約特典として10%引きの価格になったほか、劇場用フィルムコマを使ったしおりが別に付いてきた。そう言えば、同じような特典として“ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序”DVDのときにもフィルムコマが付いていた。あの時はポジトロンライフルの砲身っつう場面で、肝心のヱヴァはもちろん、砲口も映っていない中途半端なコマだったっけ…。

 この特典を期待して予約購入したわけじゃないけど、せっかくだったらイイコマが欲しいよなぁ。カッコイイ散香とか、イイ顔したキャラモノとか。

20090224_04 で、開けてみると…。ん?これは…。

 あ、ポイント的なシーンじゃん。基地の近くに別基地の散香が墜落して、地域住民とかがヤジウマに来てて、その中のばぁさんが「ああ何てことだろう可哀想に」と嘆いている傍で、横目でそのばぁさんを見るカンナミと、ばぁさんの言葉に反応して険しい表情に変わったスイトのシーンだ。

 この直後スイトはメガネを外し激高。「可哀想なんかじゃない。可哀想なんかじゃないッ!同情なんかで…アイツを侮辱するなッ!」

 一般人と、戦争に利用されるキルドレとの、世界観や死生観の相違を浮き立たす名場面の導入部(絵コンテカット301)であった。

 あとは音声特典のオーディオコメンタリーで観るだけだなっす。

20090224_05 前回に引き続く余談として、ヤフオク品のレンズ55‐250mmが届いたので試写。特典の文庫本カバーをね。

 蛍光灯のみの室内光では、ISO400のPモードでいくら頑張ってもブレてしまう画像上の状態(250mmにて1/40秒)も、ISを動作させるとピタリ画像下状態。手ブレ補正ってスバラシイ…。

 18-55mmは本日発送されたようなので、到着は明日か明後日か。それぞれ対応が早い人でヨカッタっす。

 ん?NOFOLK?文庫本カバーに映る男の頭にあるコードネームのこと。手前のスイトだけはコードネームがWITCH(魔女)であり、他はテリア系の犬の品種のはずだから、ノーフォークテリアのことだ、とは判ったが、このコードネームって誰だっけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2009

再度クラッチ調整

 週半ばの貴重な休日。まあその休日があるために前後の平日の仕事が詰まるというのもありますが。

 で、愛車JB23の3,000km走行インターバルでのエンジンオイル定期交換を実施。エンジンも多少はシャッキリとしたところで、クラッチの再調整。前回の微調整後、やっぱり時間経過で同じような症状(1~2速チェンジのガリッと感)が復活してきてしまったのであります。ワイヤーが第一次伸び期?でも迎えているんだろうか?

20090211_01 ジャッキアップなしだと右前輪の後ろ側から潜り込むことになるんだけど、これがまた狭い。でもまあジムニーだから潜り込める隙間と言えばそれまでで、普通車だったら潜れまい。

 ミッションの前から伸びるワイヤーの付け根に黒いプラスチックダイヤルがある。これを指でコチコチ回して、クラッチワイヤーの張りを調整するのであります。チャリのシフトワイヤーなんかも同じように調整したりしますやね。

 で、最初は大胆に8コチ分回して(8回転じゃないですよ)ワイヤーを張った。そんで試乗したらクラッチやや滑りでアカンやん。5コチ分戻して試乗したら、調整前よりほんの微妙にちょっとクラッチが近くなった感じで、シフトフィールヨシ、走りヨシ、でセッティング完了。微調整ならば3コチ分くらいで良いのかな?

20090211_02 ついでに今月初旬の大雪のときの融雪剤のせいでベトベトになっている車体を簡易洗車に行く。泡ブラシコース700円でゴシゴシと。車体下も念入りに水洗い。暖かくなったら車体下に潜りっ放しでジックリと下回りをクリーニングしたいですなぁ…。

 簡単に拭き取って終~了~♪日没後の空が映り込むブラックボディは正直好みです。(ヨゴレは目立つけど)

 そう言えば…。インタークーラーダクトを見て思い出したけど、吸気系で自作パーツを作ろうと思って資材を買っていたんだったっけ。その話題はまた後日に。

20090211_03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2009

雪ドライブ

20090201_01

 爆弾低気圧であったのか、金曜夜から土曜終日、湿った雪がドッチャリ降った仙台。我が家の周囲も10cmちょいくらいの積雪。さすがに未除雪の駐車場の出入は4WDにしないとツライものがあった。

 で、日曜になって、日用品の買出しが必要になったのだけれども、ちょっとその前に、我が家周辺よりも積雪の多いだろう高台の某墓地へとドライブに行く。わざと2WDにして遊んでみたり、ズルルルッと回ってみたり。あちこちで木の枝が折れており、かなりの重い雪だったことが窺える。そんな重い雪がこんだけ(某墓地は15cmちょいくらい?)降り積もるってのもなかなかない。それじゃあ…。

 連れのホクロアマトウ氏に私のカメラを持たせて寒い中を強制降車?させて、雪道を走ってくるJB23を撮ってもらうことにして、いざ立ち去る。日陰側の道路の雪深さはもしかすると20cmくらい。雪深き道を過ぎ、多少は木立の影響で積雪が少なめな道へ辿り着く。で、巡航しながら右コーナーをクリアしていき、さらにちょっとスロットルを開けて軽いドリフト状態でホクロアマトウ氏の前へ…。

20090201_02

 もっと雪がパウダーだったら派手に巻き上げたりしてくれるのかしらん?あまりにも重い雪で普通に走っているように見えてしまう…(笑)。もっと接近した画像もあったけど、あまりにもホクソ笑んでる私の顔がハッキリ映っているので却下(爆)。

 雪道のドライブを堪能し、スタッドレスの効果残存を確認した大雪の翌日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »