« 再度クラッチ調整 | Main | 手ブレ補正効果 »

February 24, 2009

スカイ・クロラ DVD

20090224_01 いよいよ発売“The Sky Crawlers”DVD。店頭にも並んでいたけど予約しているので、ただレジに行き店員さん経由で購入しました。

 もう何度も“スカイ・クロラ”のことについては、劇場版のことも小説のことも、このブログに私なりのナントカって形で文章にしてきているので、今さらグダグダ言うこともないか。そんな過去ログはカテゴリ記事アニメで一覧して遡るか、ブログ内検索にキーワード入力するなりして見てみることもできますんで。

20090224_02 で、帰宅して、身支度整えて?いざ鑑賞する。

 劇場で2回観たときに比べれば、細部のディティールや暗部が潰れていないクリアな映像で楽しめる自宅の鑑賞環境。質感の良し悪しも、劇場では気にならなかったところまで新たに感じることができました。

 いやぁ、雲が綺麗だ。空が綺麗だ。空気感すら感じるわ。キャラクターはもうちょっと描き込んだ方が良かったところもあるかもしれないけれど…。

 原作とは違う“押井版スカイ・クロラ”。原作は原作でとても楽しめたけれど、劇場版には劇場版の良さがあるよ、やっぱり。動と静。空と地上。生と死。人間とキルドレ。戦争と平和。日常と非日常。対比されることは数多く…。

20090224_03 今回入手したDVDは紙ジャケット仕様。付録として、文庫本小説シリーズのカバーイラスト右半分を使用したチャプター毎のテキストコメンタリーブック(画像左上)、DVDとほぼ同時発売だった文庫本小説シリーズ“Sky Eclipse”用特製ブックカバー(画像左下の右。左は別売りの当該文庫本)、DVDケース(画像右)が収められています。

 販売店独自の予約特典として10%引きの価格になったほか、劇場用フィルムコマを使ったしおりが別に付いてきた。そう言えば、同じような特典として“ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序”DVDのときにもフィルムコマが付いていた。あの時はポジトロンライフルの砲身っつう場面で、肝心のヱヴァはもちろん、砲口も映っていない中途半端なコマだったっけ…。

 この特典を期待して予約購入したわけじゃないけど、せっかくだったらイイコマが欲しいよなぁ。カッコイイ散香とか、イイ顔したキャラモノとか。

20090224_04 で、開けてみると…。ん?これは…。

 あ、ポイント的なシーンじゃん。基地の近くに別基地の散香が墜落して、地域住民とかがヤジウマに来てて、その中のばぁさんが「ああ何てことだろう可哀想に」と嘆いている傍で、横目でそのばぁさんを見るカンナミと、ばぁさんの言葉に反応して険しい表情に変わったスイトのシーンだ。

 この直後スイトはメガネを外し激高。「可哀想なんかじゃない。可哀想なんかじゃないッ!同情なんかで…アイツを侮辱するなッ!」

 一般人と、戦争に利用されるキルドレとの、世界観や死生観の相違を浮き立たす名場面の導入部(絵コンテカット301)であった。

 あとは音声特典のオーディオコメンタリーで観るだけだなっす。

20090224_05 前回に引き続く余談として、ヤフオク品のレンズ55‐250mmが届いたので試写。特典の文庫本カバーをね。

 蛍光灯のみの室内光では、ISO400のPモードでいくら頑張ってもブレてしまう画像上の状態(250mmにて1/40秒)も、ISを動作させるとピタリ画像下状態。手ブレ補正ってスバラシイ…。

 18-55mmは本日発送されたようなので、到着は明日か明後日か。それぞれ対応が早い人でヨカッタっす。

 ん?NOFOLK?文庫本カバーに映る男の頭にあるコードネームのこと。手前のスイトだけはコードネームがWITCH(魔女)であり、他はテリア系の犬の品種のはずだから、ノーフォークテリアのことだ、とは判ったが、このコードネームって誰だっけ?

|

« 再度クラッチ調整 | Main | 手ブレ補正効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/44166601

Listed below are links to weblogs that reference スカイ・クロラ DVD:

« 再度クラッチ調整 | Main | 手ブレ補正効果 »