« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

January 30, 2009

クワ採り車

Jb23wrt5_2

 こっちのブログ側に、管理ホムペに隠しページとして存在していた愛車JB23・Jimnyの紹介ページを移設しました。移設というか、作り直しというか…。まだ少し記事やら画像を挿入予定、つまり未完成な部分もありますが、「Commentary」内にありますので、興味のある方はどうぞ。

 管理ホムペ内の隠しページは、こっちのページが完成次第に削除予定です。どこに隠されていたか?探してみるのも良いかもしれませんが、暇なときにしてください(笑)。

 目指せ10年10万km。現在3年3ヶ月3万5千km。トラブル少なく済めば良いなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2009

クラッチ調整ついでに

 昨年末くらいからクラッチが切りきれない症状が出始めていた愛車JB23。1・2速、Rギアなんかに入れるときにはガッツリとペダルを踏み込み、気合いでシフトレバーを入れる。気を抜くとすぐにガリッちゃう。そしてたまにシフトレバーが入らない。青信号発進でモタついたら後続車に迷惑だ。

 数日に1回くらいだった顕著な症状も、そろそろ日に1回の出現率となり、いよいよクラッチワイヤーが伸び切ってきてたりするんだろうなぁということで、仕事帰りに車検でお世話になったK自動車整備工場へと向かった。もう夜だったが幸いガレージは開いていた。駐車スペースが塞がってたので路上駐車。

 車検のときもお世話になった主任さん?が、私から声を掛ける前に出てきて声を掛けてくれる。クルマと顔を覚えていてもらえた。

 で、ボンネットを開け、主任さんが調整ネジの位置を探し、結局下に潜り、見つけた。ってか、路上駐車のクルマの下に潜っているうちは、主任さんの下半身が通行車両に轢かれやしないかハラハラの私だったけど(汗)。

 んでも、主任さんじゃなくて、部長さんがやってきて交代し、調整を始めた。主任さんは路肩に移動したけど、今度は部長さんが轢かれそう…(汗汗)。

 その間、ついでに?主任さんに足回りイジリのご相談。チョイ上げを考えているんだけど、純正ショックに合わせる20mmUPスプリングって工賃どうなんでしょ?

 バネだけ交換はオススメじゃないよ。

 スズスポが純正ショック用にと謳っているヤツでも?

 んーどうかな部長ー。

 そんなこんなでクラッチ調整終わり。ホントに微妙な調整で、踏み込み感覚やらミート感覚もさほど変わらずともシフトチェンジが楽チン滑らかに。で、セルフ調整したいときの方法も伝授してもらって、今後は自分で楽に調整していける。下に潜るのだけが大変だけど、それ以外は手でプラスチック製の調整ダイヤル回す加減だけ。なーるほど、ここに在るのね。ネットでもJB23のクラッチ調整の情報が少なくって、よー判らんかったのよ。

 今度は部長さんと足回りの相談。2cmUPは見た目の変化は少ないけれど、運転感覚はもちろん、車体各部への負担変化は大きいから、調整式ラテラルロッドは使ったほうが良いよ、ということ。

 確かにフロント1mm、リアは4mmくらい横ズレするとは情報得ているし…。

 ホーシングとかステアリングとかのズレ調整も含めて工賃こんだけ~とか言われ。

 そうかぁ。自分ひとりでの作業労力とかトラブルへの不安を考えたら、頼んだほうが断然マシな値段だ。4駆車用ウマとか油圧ジャッキを買うことも考えたら頼んだほうがエエなこりゃ。小遣い貯めようかな。貯めてショックも変えちゃおうかな(妄想族走り出す)。

 クラッチ調整の作業費とレクチャー代はナシでバイバイ。また今度世話になりやーす、アリガトーゴザイマシター。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 15, 2009

続:どんと祭

20090115_01

 住まい脇の道路が渋滞で騒々しく眠れないので再度どんと祭散策へ。ダルマさんシリーズ。

20090115_02

20090115_04

 別に火だるまってワケじゃないけど。

20090115_03

20090115_05

 ISレンズがあったらなぁ、と思ふ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2009

どんと祭と思い出

 ハッピーマンデー法がアンハッピーな仕事?をしている私にとって、私的にもアンハッピーな日?となってしまった1月14日。そう、ご近所の大崎八幡宮では松焚祭、通称どんと祭が行なわれるのね。この日は周辺道路の交通規制、深夜まで及ぶ渋滞や雑踏騒音、朝方には出店を解体撤去する作業音にトラックの出入などの騒音。以前は15日が決まって成人の日で祝日→休みであったがために問題なかったけど、平日真っ只中にブチ当たる年には少々厳しい日でもあったりして。祭り自体は嫌いなワケではないのだけれど…。

 退勤し、交通規制の布かれた自宅近所へ差し掛かる。しかし…?混んでない。いつもなら数珠つなぎになっている周辺渋滞も無く、たまに一時路駐している観光バスが邪魔なくらいで、奇跡の通常通行で我が家駐車場へ辿り着いた。というか、むしろ通常よりもクルマが少なかった…。

 一時帰宅を成し遂げ、地元TVニュースでどんと祭が中継されているのを見る。人出のピーク時間は午後7時頃というが、今年は平日開催で少ない人出らしい。そうだろう。大体にして帰宅がスムーズ過ぎだったし…。

 ちょっと休憩し、炊飯ジャーをセットして、午後8時に神社へと行ってみた。

20090114_01

 裏参道より入る。裏参道の鳥居もいつしか赤くなった。そう言えばモチュウなので、鳥居の下は通らずに迂回して入っていく。気温は低めだが風が無く、例年のような寒さは感じない。

20090114_02  ご神火へと辿り着く。

 やはり時間帯としては人出の多いとき。大勢の人々がご神火を囲んでいる。そして、裸参りの人々も続々と歩いてくる。

 だけど、裸参りの一行が途切れ途切れにやってくるというのは昔にはなかった光景だ。私の幼き頃、二十数年前までは、そりゃ~引っ切り無しに来たものだが…。

 それでも、裸で参った人々も、普通に詣でた人々も、ご神火に向かって祈りを捧げたり、紅い炎の中の何かを見つめたり、外国人さんがケータイでファイヤーナントカとか話していたり…。様々な人間模様が垣間見れたり。

 でも、やっぱり人出は少ないね今年。

20090114_03

20090114_04

20090114_05

 少ない、少ない。

20090114_06  ちょっと回り道して歩いて、表参道側へ向かう。その途中。この路地から見える人々が行き交う風景。

 私が、中高生だった頃、どんと祭の夜は一晩中必ず見ていた風景。右手は店だった一軒家であり、ここの主だった人こそが、私が喪中である所以の亡くなった伯父宅であり、親父の実家でもあり、私の本籍地でもある。今は誰も住まない。

 ここであの頃、一晩中朝まで店の手伝いをしていた。いろんな人たちがやってくる。いろんな人間模様が垣間見れる。店の手伝いをしながら、人ってものを感じ取ったり学んだり。

 そんな思い出にしばし浸りながら、優しかった亡き伯父伯母へあらためて感謝の念を抱きつつ。

20090114_07

 表参道前へ。午後8時半。人少ねー。

20090114_08

 表参道階段下より。人出はこれでもかなりスカスカに感じます。昔と比べりゃ。

 で、45分間くらい歩き回って帰宅すると、炊きたてご飯が待ってました。

【追伸】パンの耳@TV○京くんメールありがとう。食費は計画的に…。(仕事用のアドレスに返信して良いのかオイ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2009

久々3ケタ価格

20090112_01  いつものセルフスタンドまで灯油を買いに行って、いよいよというか、とうとうというか、やっとというか、3ケタ円/18Lの表示を見るに至った。

 いやいや、昨年の今頃は暖房費に直結する灯油価格にヒーヒー言わされていたモンだけど、僅か1年でこんだけ戻る?というのも驚きだ。ちょっと郊外のスタンドではもうちょっと安い表示も見受けたけれど、そこまで買いに行くと元が取れんし。

 何はともあれ3桁価格か、と思ってPHSで撮影したのだけれど、この画像データをPHSから出すときに、忘れてた画像が1枚あったので、せっかくだから載せてみよう。

20090112_02

 チョビです。雑種。♂。10歳。

 姉の飼い猫。元は生後1ヶ月弱くらいの捨て猫?迷い野良猫?。姉に発見された直後に私も一緒になって近所で親猫探しをしたけれど見当たらず。姉が引き取ることになったあの夜が懐かしい。

 姉宅では完全家猫として過ごしている。女性客には顔くらいは出すが、男性客にはほとんど存在を現さない。が、私は例外らしい。いや、私が女性っぽいワケじゃないよ。年に2~3回くらいしか会わないんだけど、きっと拾われた日のことを今でも覚えているようで。基本的に人見知り激しい男性嫌い。

 ヒザの上でまどろんでいるチョビを激写した画像があったのだった。

 写真映りワリィ顔だな…。半分寝ぼけてっからかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2009

朝火事

 起床し、いざ出勤へと身支度を整えていた朝。もうウチを出るゾという時間になって、消防車のサイレンが聞こえてきた。

 我が家の近くにはK消防出張所があり、サイレンが聞こえてくる=南方面の火事などでは我が家前の細いバス通りを通過していく。南方面というのは私の通勤路でもあって、場合によっては火事場に遭遇するわけだから、通勤に支障が出ることも考えられる。

 でもこの日、普通の週なら月曜と金曜、つまり一般的には休みの前後の日には別事業所経由で出勤する私は、東方面に向けて出発することになるので、一瞬は通勤を心配したが今回は無関係だなとすぐに思い直した。

 が…。

 サイレンが我が家前で止まった…。

 …えぇっ!?

 いや、来たのは1台だ。

 誰かのイタズラかもしれん…。

 とりあえず消防の災害案内に電話してみる…。

 「…午前7時50分頃、青葉区K?丁目にて、火災発生との通報を…」

 やっぱりそうだよね、ココらだよね…。

 と思ったら次々サイレンが聞こえてきた!

 ヤバイかも!?

 ガンガン我が家前に消防車が停まる停まるサイレンが止まる。

 部屋を飛び出してみたら…。

20090109_01

 我が家から道路への出口を消防車で塞がれている…。

 しかも焦げ臭い。ホントに火事だ!

20090109_02  で、出口を塞いでいる消防車と電柱との隙間から覗き見ると、斜め向かいの一軒家から発煙。

 道路は既に封鎖状態。消防車両も10台くらい?渋滞車両は当然ながら片側一車線道路にスシ詰め状態。

 ダメだ、出勤できない…。きっと駐車場出口も渋滞車両でいっぱいだ。何より別事業所方面に向かえない。

 ところで家人は無事なのか。それらしき人は現場前に見当たらない。

 職場に連絡を入れ、遅れる旨を伝える。別事業所には他の人に向かってもらうよう携帯メールで連絡する。

20090109_03  炎は見えずに煙だけ。きっと内部の延焼が進んでいる。周辺の道路には規制線のイエローテープが張られてしまった。我が家のアパートも半分は規制範囲内。

 その後、消防隊員が中から消火し、煙は収束気味へ。2階の窓ガラスを開けて、くすぶっている布団なんだか断熱材みたいなのを次々放り出していた。

 風があって炎がガンガン出ているような火事だったら、我が家も飛び火を受ける距離だけに、少々ビビリ。山に出掛けたときは「地震・雷・火事(・親父)」の順にコワイけど、普段の生活では「地震・火事・雷(・親父)」と思っているだけに、身近な火事に恐ろしさを再認識させられた。

 1時間遅れで、別事業所を経由しないで直出勤。

 退勤前、夕刊で火事による死傷者なし、家人は既に居なかったときの出火だと知った。まあ、死傷者なしは不幸中の幸いだろうけど、お気の毒に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2009

どこまで下がるガソリン価格

 年末年始期間は需要も伸びることからあんまり値下げは見られなかったガソリン価格。今後どのくらい下がっていくものなのだろうか。これ以上円高は進まない気がするし、原油も生産調整が行なわれているし。

 昨年5月の暫定税率復活直後はレギュラー155円/Lくらい。7月とかになっていくと180円とか出てきていたし。今年最初の給油は97円/Lだった。33L給油して3200円。

 最高値のときとの差額80円くらいがドコに消えたのか?1回満タンにしたとすると3000円近くもの差額はドコに行った?考えるだけでも腹が立つってか…。当時33L給油したら約6000円だったんだぞぉ。

 安くなったからって需要が伸びてるわけじゃないらしい。私もたまにゃ~チャリ通勤ってのを再開したしね。

 でもなんで軽油の価格はそんなに下がってないんだろぅねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »