« 空を這いずって…③ | Main | 空を這いずって…⑤ »

September 28, 2008

空を這いずって…④

※.本文は劇場アニメ“The Sky Crawlers”及び小説“ナ・バ・テア”“ダウン・ツ・ヘヴン”“フラッタ・リンツ・ライフ”のネタバレに相当する感想文などを含みます。

 「スカイ・クロラ」シリーズの小説“フラッタ・リンツ・ライフ”(Flutter into Life)を読み終えた。結果的にはやはり2時間×2回の4時間で充分読み終えたことになるのだが、とにかく読む時間を取れない。仕事で午前様帰りになっていちゃどうしようもないか。どうにかしてくれ。

 本作“フラッタ・リンツ・ライフ”は、時系列的に前作までの“ナ・バ・テア”“ダウン・ツ・ヘヴン”にあった草薙水素が第一人称ではなく、栗田ジンロウ視点で物語は進む。

 クリタ視点で物語が進むことによって、スイト視点では表すことも無かったような部分なんかが語られるようになる。第一人称視点で進められる物語であるだけに、基本的に人間の内面性という部分が主となるような件が多いことに変わりは無いが、クリタ視点であることで相当違った観点だ。スイトは生き方や子供から大人への変遷みたいなものを見つめていたのに対し、クリタは自身は勿論、他者との関わりについても大きく語られ、そこに愛情があるのか、愛情とは何か、などという考えも展開されていたりする。冷めた考えであれば合点するところだが、当然クリタとて冷めているだけではなく、自然とそれに伴う行動のようなものは見せる。

 スイトは指揮官となり、クリタはスイトの赴任に併せて整備士ササクラと共に転属となっている。そこには“スカイ・クロラ”でも登場するトキノが居り、おそらくは“スカイ・クロラ”の舞台がここだ、という推測もできる。“スカイ・クロラ”にも登場する人物としては、クスミとミズキが登場することになる。

 物語の主要な部分として、「キルドレ」について語られる場面が出てくる。キルドレ研究者のサガラが登場し、この人物がスイトの幼馴染であること、研究の「成果」はたまたまスイトが「実証」していたことなどがあり、大きく関わってくる。スイトが○○によってキルドレではなくなった、普通の人間に戻ったという展開があり、スイト自身も自覚しているようであるから、今後の“クレィドゥ・ザ・スカイ”で更なる展開があるのか気になるところでもある。

 しっかし、クリタは忘れっぽい。そんなキルドレなのだ。執着が無いことはすぐに綺麗サッパリ忘れる。執着があればこそ、ボンヤリとだが覚えていられる。そんなキルドレだが、スイトや他のパイロット同様、空に居場所を求め、自由を探している。この構図は変わらない。クリタは最終的にスイト指揮下からは転属となり、諸々で“フラッタ・リンツ・ライフ”は終わる。今後、スイトとの関わりはあるのか?殺されるのか?分からないなぁ。

 さて、“クレィドゥ・ザ・スカイ”そして“スカイ・クロラ”へと進んでいくのだね。文字ばっかの本を、時間が無くとも読もうとしている自分が可笑しいですなぁ(笑)。

|

« 空を這いずって…③ | Main | 空を這いずって…⑤ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/42616181

Listed below are links to weblogs that reference 空を這いずって…④:

« 空を這いずって…③ | Main | 空を這いずって…⑤ »