« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

August 28, 2008

空を這いずって…②

※.本文は劇場アニメ“The Sky Crawlers”及び小説“ナ・バ・テア”のネタバレに相当する感想文などを含みます。

 スカイ・クロラのシリーズで、物語の時系列では最初に当たる作品“ナ・バ・テア”(None But Air)を読んだ。この作品はクサナギスイトを第一人称に据えて展開されている。

 ナ・バ・テアは、スイトがキルドレとして、パイロット業を通じて、様々な経験をしていくことが綴られている。劇場アニメ“スカイ・クロラ”に登場する人物で、このシリーズ冒頭作品に当たる“ナ・バ・テア”にも登場する主要人物は、スイト、ティーチャー、ササクラ、フーコ、クリタなど。他にもチョイ役では数人(店のマスターなど)が登場している。

 ここではティーチャーの存在がメインだ。スイトがティーチャーと関わって(同僚となって)過ごすパイロット時代が物語として構成されている。なるほど、スイトはそんなキルドレだったのか…と。

 で、前回までに気になった点として3点ほど挙げていたが、そのうち…、

  • ティーチャーの経歴、ロストック社を辞めた経緯
  • クサナギスイトの娘の存在(ミズキ)

 この2点については全てではないがある程度謎が明らかになった(と思われる)。シリーズ的には最終章に当たる“スカイ・クロラ”の劇場アニメを観て抱いた疑問であるから、その作品中にはある程度の「予測される過去」が散りばめられているのだが、私が抱いた疑問への予測は基本的に当たっていた。

 そして、この2点がある程度解消されたことで、更に抱く疑問が生じてくる。

  • ミズキの処遇
  • クサナギスイトとクリタジンロウの関係と、スイトの拘りの根拠
  • フーコの存在

 フーコが当初から物語に関わっていることで、何かしら鍵を握る存在なのだろうか…という疑問が生まれる。実際、劇場版“スカイ・クロラ”では、押井監督が「スイトのもう一つの可能性」として位置付けているとしている。劇場版ではクリタとカンナミそれぞれとの間に位置する役回りではあるが、小説では…。

 さて、話の本編から話題を逸らせば、私がこの「スカイ・クロラ(シリーズ)」に入ったのは押井監督作品であるという劇場アニメの存在があったから。先入観はそこに起因してしまう。以前にも述べたように、圧倒的なクオリティを誇る映像美によって描かれた空戦シーンが見事であり、今回この小説“ナ・バ・テア”を読むにあたり、何度もこの空戦シーンが脳裏に甦った。甦るというよりも、新たに脳内で作り出された。そのイメージが押井監督作品に偏った状態で作り出されてしまうのは仕方ないが、それはそれで想像するに容易く、明確で、美しかった。

 このシリーズは、刊行順と物語の時系列が同一ではない。著者も、どの刊から読んでも良いと言っている。そして、劇場アニメを観てからでも十二分に良い、と私は思った。

 さて、次は“ダウン・ツ・ヘヴン”だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2008

喋った!

 通信障害が確認されて一週間。勘違い機種変更して6日目。通信会社に報告して5日目。通信会社が認知して4日目。障害範囲を自主調査して3日目。自主調査結果と通信局所在地をあらためて報告して2日目。復旧が期待はずれに終わった日の翌日。復旧!我がPHSは問題なく通話が可能となった。聞こえる聞こえる時報の音が!(笑)

 あとは勘違い機種変更の手数料くらいはマケて欲しいのが本音?ではあるものの、とにかく普通に通話できることが素晴らしいっつうことで、とりあえずこのネタ終~了~♪

 話を変えれば、8月下旬になって異様な?低温となっている気温。北海道では百何十年か振りに8月に最低気温が1.5℃になった所があったとか。仙台だったら冬じゃないかそれ…。

 月齢が良くなっているこの時期の低温、悪天候にはガッカリだ。クワガタ採集ができる機会は残り少ない。8月に入って以降、満足にできてない。きっと明日の夜は雨と風と低温で、出撃は控えることになりそうな気配が濃厚…。

 来週、平日灯火に行こうかな…。でも、来週も半ばまでは天候悪の予報。そうしたら、もう今月最終週末のチャンスしか残っていない。厳しい。厳しすぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2008

灯篭流し

20080820_02 毎年この時期に職場近くで催されている広瀬川灯篭流し。約250年前に起きた大凶作による飢餓の死者を供養する催し。職場から歩いて僅かの場所で、今まで残業しながらの騒々しさだけは感じていたりもしたが、今年初めて会場を歩いてみた。

 供養の催しとあって仏教会による読経などもある。また、演奏会も催され、雰囲気は落ち着いたもの。

 とは行かない。飢餓なんて想像もできない戦後生まれの世代、特に所謂ワカモノと呼ばれる多くの飽食世代の人たちは祭りと同等の騒々しさ。まあ仕方ないんだろう。

 最初は上司と一緒に歩いていたが、途中から別行動に。とにかく人が多くて移動に困る。

20080820_03 灯篭を流そうとする人たちの群れ。その行き交う隙間から見え隠れする川面に浮かんだ灯篭たち。その昔、この場で飢えにより命を落とした数は数万にも上るという。

 人の多さに息が詰まった私は堤防の上に出た。そこで一休みしていると、あれ?なんか見たことある顔が…。元同僚同期の男性某さんにソックリだが、一度別な場所で激似の別人とも遭遇しているので、ちょっと様子見することに…。一服。

 かなりボケーっとする。日々に疲れた…(笑)。

 「あれ?盃さんじゃないですかー」

 って、あれれ?んんん~?薄暗さと視力低下で見当が付かない浴衣姿の女性は…。あ、痩せちゃってたから脳内処理が動転しちゃったよ、男性某さんの奥様でありつつ元同僚でもある、ゆこさんじゃないですかー。

 ということで、久々の再会であったなおゆこ夫妻としばし近況報告など。あ、引越ししてたのね。来年の年賀状は届いてから送るようにするッス。

 花火の時間が近付き、撮影ポイントへ向かうためになおゆこ夫妻とお別れ。

20080820_04

 ズババーン!と花火開始。でも、風が強くて、火花が結構流されてる感じ。近くで見る花火は規模が小さくても立体感があって良いね。

20080820_05

 ドドーン。職場からこんなに良く見れてたのか…。

20080820_06

 ズビズバーン。

 花火も予定の3割ほどしか撮影せず、あとは撤収。夜勤の人と多少の情報交換後、帰ろうと外へ出て一服していたところで、「お疲れ様でした~」っと、なおゆこ夫妻通過~。今度メシでも食いましょう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 20, 2008

喋らないのは…④

 先日、夜に117時報を聞きながら自主調査した自宅周辺のPHS通話障害。障害の生じている範囲をほぼ特定するに至り、その中心にあったものはソフト○ンクのブロードバンド通信関係の設備だったが、昼間にもう一度その場所に行って見たら、すぐ近くのアパートの敷地内に…。

20080820_01 それはあった。懐かしのロゴが見える。コイツだ!

 間違いない。障害範囲の同心円中心部に位置する。この基地局の下りスロットで何らかの不良が発生しているのだろう。

 アパートには不動産屋の看板が掲げられ、現地住所も記されていた。障害に気付いてから5日目。まだ回復していない。この住所をサービスセンターに教えてやることにしよう。

 ここのアパートは、私が近所に越してきた少し後に建ったもの。私が越してきた頃は形の違った小さいアンテナが私のアパートの目の前の電柱に付いていたが、もしかするとここのアパート建築と共に移設されていたのかもしれない。

 つっても、私のアパートから直線距離で50mほどしかなく、こんな立派なアンテナを備えていたら、必然的にこのアンテナの電波を拾っちまうわなぁ。ここに障害が起きたら我が家ではほとんど逃げられないワケだ。

 ホームアンテナは対策にならんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2008

喋らないのは…③

 朝、起床。

 南~に向い~てるま~どをあ~け~♪(byジュディオング)

 電柱を見る。あれ?何年か前まで在った通信用アンテナみたいなのが無い…。移設されたのか?いつの間に…。

 職場で仕事を開始すると、土曜夜に送っておいた通信障害報告のメールに返事が来た。「弊社基地局に何らかの支障があるため、通信障害が発生している可能性も…云々」だろうなぁ。調査には数日から数週間(!)もかかるらしい。

 帰宅後、PHSの障害はそのまま。でも、気付いた。「アンテナMAXのときは障害が起きる。アンテナが微妙に(5本中)1~2本少なくなるタイミングでかけると正常」ということ。どういうことかと言えば、最寄の基地局ではダメ、その次に近いと思われる基地局電波になった瞬間はOK、ということだと思われた。じゃ、自主調査でも…。

 暗くなった近所の夜道を、時報117を聞きながら(っていうか聞こえないまま)歩く、歩く。散歩30分。どうやら、自宅のやや西寄りを中心に、障害範囲が広がっているようだ。その中心点辺りにアンテナはあるのだろうか?と上を向いて歩いていたら、あった!疑惑のアンテナだ!暗くてよく判らないけど、通信関係の代物っぽいゾ。

20080819_01 位置関係を図解すると…。

 右の自作地図だと、左上方向が傾斜の高いほう、右下方向が低いほう。おうちの周りは割りと平坦。高い位置ほど不良電波を拾う。疑惑のアンテナを中心に、東西100m強、南北100m弱くらいの範囲が障害範囲だというのが判った。濃い赤の範囲内では、117にかけると音声が聞こえない。その範囲内から外側にしばらく歩いていくと、薄いピンクの範囲では聞こえないが、その外側に至って突然聞こえるようになる。薄いピンクの範囲で電話をかけると正常だったりする。

 ますます疑惑のアンテナが怪しい。ホントに中心点なんだよなぁ。

 で、暗くてよく判らんので写真を撮ってみたら…。

20080819_02

 ソフト○ンクやんけ…(爆)。

 おーい、WILLCOMやーい。どこだー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2008

喋らないのは…②

 先日から自宅では会話不能な状態に陥っている我がPHS。とりあえずWEBサイトよりWILLCOMに通信障害の連絡はしたものの、「回答には複数日」とか「回答いたしかねる場合」など記述もあり、ちょっと不安なので、寄り道ついでに機種変更した家電店内のショップにも話だけしに行くことにした。

 幸い、前日に機種変更手続きを対応してくれた男性スタッフの方が居た。正直言うと、この方の対応は接遇態度が悪いことは明白なのだが、この人くらいしか話す相手が居ない…。機種変更のときも、シブシブ仕事しているような感じが否めなかったくらいだが…。

 今日もそうだった。とりあえず話だけと思い来たのだが、「サービス提供範囲がどうか調べます」とか言い始めて、いやいやそうじゃない、かれこれ12年以上もその場所で使っているわけだし、今更サービス提供が終わる場所なのか?ってことではなくて、電話機アンテナMAXで『通話中に“相手に私の声は100%伝わっているのだが、相手の声が私に100%聞こえない”状況』が、果たしてサービス範囲に関係あるのかどうか疑問に思いつつも、それを止めようとしないので放っといた。

 「サービス提供範囲内ですね。」…当然だって(汗)。ココ(山の上の店)よりも確実に数km市街地寄りだって(笑)。地デジだって難なく入るって(爆)。

 「ホームアンテナを使うしかないと思います。」ってオイ、何度も言ってるけど、電話機のアンテナはビンビンにMAX立って12年なんですよ。今まで圏外表示になったことすらない場所なんですよ。窓を開けると目の前に電柱があって、その上にPHS用アンテナらしきものが12年前からあるんですよ。普通の電波障害で、“相手に私の声は100%伝わっているのだが、相手の声が100%聞こえない”という状況が電話機アンテナMAXで果たして起こり続けるのか?ホームアンテナで解決できるものなのか?かえってその『故障しているらしき最寄のPHS用アンテナ』との接続をモロに拾い続けて泥沼になるんじゃないか?今までの私の話を聞いていたらなんでホームアンテナの話になるの?更に商売っ気でも出す気か?(苦笑)

 どうやら環境による電波障害という線を外さない店員。自宅近くに電波障害を生じさせるような建物がこの一週間で当然出来てはいない。結局“相手に私の声は100%伝わっているのだが、相手の声が100%聞こえない”という障害が、通常の電波障害時にも起こるものなのかという結論すら答えてもらえずに、電柱上のアンテナ故障の可能性すら示唆されずに、理解してもらえず且つ環境による障害と位置付けたようだ。

 まあ、話が発展して機種変のカネカエセとなるのが嫌だから、環境のせいにしようと対応しているのは判るが、こちらは好意的に報告の上で、早く電柱アンテナを直してもらいたいと終始したのだが、その可能性すら認めてもらえず。しかもその報告は当のWILLCOMにはしない模様。やっぱり見た目どおりの○○店員だった。

 かえってカネカエセ的対応をしたほうがヨカッタのか?そんなワケないと思うが、我が家でのPHSは相手の声が聞こえないままである。100m先の駐車場では、別アンテナの電波を拾うのか通話は問題なく可能なのだが、そこから自宅に歩いて近付くと聞こえなくなる状態のままだ。

 近くのアンテナが新しくなるのを待つべきか?ホームアンテナなのか?うぅん…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2008

空を這いずって…

※.映画「The Sky Crawlers」を観劇しての私なりの感想や解釈を記載しています。ネタバレに相当しますので、今後映画館やメディアソフトにて観劇するご予定の方はご覧にならないことをお薦めいたします。

 先日観に行ったスカイクロラ(以下SKと表記)。押井監督の言葉通り「まっさらな」感覚で観ることにしたのだった。プロモーションDVD他からの予備知識は多少あったものの、基本的には原作にも触れていないアタマであったので、詳しいことは分からない状態であった。

 まず客観的な感想。

 オープニングの構成が圧倒的且つキルドレたちの生きる世界観の第一の見せ場として素晴らしかった。息遣いと無線交信。そして轟音と共にレシプロ戦闘機がドッグファイトする場面へ。劇パト2のオープニングにも似た展開があったが、パト2では地に足据えたRPG(ロケット推進擲弾:対戦車無反動砲とか)や機銃の応酬(一方的にヤラレただけか?)で、また装甲車的レイバー中のモニターを通じた静の危機的緊迫感が表現されていたのに対し、SKでは大空という大空間で圧倒的な動と戦闘機のキャノピーのみを介して見る目前の世界、完膚なきまでに撃墜され生きるか死ぬかの状況を、美しいCGと迫力あるフレーミング、カメラワーク、サウンドで激しい臨場感を得るものとなっていた。

 殲滅というに相応しい状況を残し、雲の大海下へと去っていく敵機。それがストーリーの鍵を握る機体スカイリィであり、ティーチャーと呼ばれる存在。そしてそのまま、雲海の中を飛行する一人称視点でオープニング曲とテロップが流れ始め、圧倒的な動から静へと世界が変わり、オープニングの終わりと共にカンナミが兎離洲基地に赴任(着陸)するシーンへと繋がって行く。

 最近の押井アニメでは、オープニングは一転して場面変化で曲が始まるような別の構成を採り、世界観の説明を違った構成で表現することがほとんどだったように思われるが、SKでは一貫した流れの中で構成されており、余計と言えるものはなかった。しかしこれが、空と地上を繋ぐ意味、キルドレの位置する世界の説明になっている。戦闘後は雲しかない空の中。そして帰すべき基地が見えてくる。それだけだが、充分過ぎるくらいだった。もうこれだけで「観に来てヨカッタ」的心境。

 その後はストーリーに深く入り込んで行き、ハイクオリティーなセルアニメとCGアニメの融合やらサウンドやらを堪能していくことになった。最初はやたら服が擦れる効果音が気になったが、これは静まり返った指令棟や宿舎棟内だからこそ際立ったというだけで、以後は気にならなくなった。言い直せば自然に感じてきた、からなのだろう。

 で、原作を知らない私が観て、直後にいろいろ考えることが出てきたワケですヨ。

  • ティーチャーの経歴、ロストック社を辞めた経緯
  • キルドレの正体、取扱い
  • クサナギスイトの娘の存在(ミズキ)

 大きいところでこんな感じ。

 ティーチャーの存在については、キルドレたちにとっての絶対的な存在として、敵として、不落の存在として扱われている。元々は同志であったという。そしてキルドレではなく大人の男だとも。押井監督曰くキルドレたちの「父親のような存在であって」という位置付けの存在。実際、劇中終盤にカンナミが「ティーチャーを撃墜する」と言って単騎で挑んでいくのだが、それはテロップでのセリフであって、耳で聞くと「I kill my father」と聞こえている。これの意図するところでもあるのだろうか。この絶対的な父親的存在との関わり方がキーなのだろう。詳しい経歴は原作小説シリーズを読めば分かると思われる。

 キルドレの存在は、不老で、戦死か自殺他殺といういわゆる事故死でしか死なず、死後も何らかの形でリセット?されると過去の記憶をほとんど失ってしまうが戦闘機の操縦と普段のクセなど身体に染み込んだ感覚などは高いレベルに維持されて再生(産)されており、遺伝子制御剤の開発途上で誕生した存在なのだという。不老と死因の因果関係は分かるとしても、リセット?の真相や誕生秘話には謎が多い。劇中でティーチャーに撃墜される白髪のユダガワはリセット?されてアイハラとして再登場するが、同じ白髪でも顔が少し違うことから基本的には同一人物ではないことが窺える。つまり完全なクローンとは少し違う。遺伝子制御剤との関係を考えれば、その薬剤を特定条件で投与あるいは特定条件で投与後の管理を行なうことで、別人を基礎に同一人物にもなるようなキルドレを反復生産?しているのだろうか。原作を読めば更に詳しく分かるのだろうが…。撃墜された人間を強化せずに反覆生産?する理由は、戦争を終わらせないためでもあろう。ただ、繰り返されている存在、改良を施さない消耗補給品ということなんだろう。

 スイトの娘と噂されるミズキの存在。スイトは「あの子を見ていると時々自分が嫌になる」という。その理由も定かではないのだが、ミズキの父親の存在に根拠があるのか、単に母親として生きられていない自身に根源があるのか、劇中では明確ではない。そもそも娘だということ自体が噂として取り扱われているが、火の無いところに何とやらで、娘であることはほぼ間違いない。ミズキの父親は誰なのか?という部分が大きなカギを握っているのかなぁ…。カンナミの前世って線もあるだろうけど、私的にはティーチャーじゃないかな?って観終わって思った。ティーチャーが辞めた理由とか、スイトがガス欠寸前でもティーチャーに挑んでいった?こととか、何か関係があるのかなぁ、と。

 原作シリーズを読み解けば、更に世界観を深められるのは間違いないだろうし、劇場本作を観返したときに新たな気付きもあることだろう。

20080817_01

 って、やっぱ全巻買っちゃった…。小説などほとんど読まない自分がこの5冊を読破するのはいつになるのか?(爆)

 スカイクロラは、時系列的にはシリーズ最終に当たるらしい(左からの順らしい)。でも、原作者はドコから読んでも良いとのことらしい。

 じゃ、時系列的に読みますかね。「ナ・バ・テア」から。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2008

喋らないのは…

 前回の「喋らぬケータイ」は真実ではなかった…。

 アンテナが悪い。

 そこの電柱に設置されているアンテナが悪い。故障だ。

 機種変更しても同じじゃないか!(爆)

 聞こえましぇ~ん…。

 いや、もしかして私の耳が悪いのか?

 いやいや、聞こえてまっせ生音は。

 やっぱり、ケータイ端末のせいじゃない。

 150m先のスーパーの前では問題なく通話できる。

 ケータイ鳴ったら150m移動してから通話すんのかよおい…。

 アンテナ直してくれ。

 機種変更代割り引いてくれ。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

喋らぬケータイ

 先日、灯火採集の予定を神奈川氏と相談した後、次の通話の際には物言わぬケータイとなった我がPHS、WX310SA。相手に声は通じるが、相手の声が聞こえて来ぬ。2年半の寿命だったか…。昨夏にはバイブ機能が一時的に弱まることもあった。今春には勝手にリブートしてメール履歴が大混乱。その後もリブート現象が時々続き、そして今夏とうとう閉口してしまった。

 雨天にて灯火採集が中止。できた時間で機種変更のために近所の家電店に行く。店員が話し掛けてくる。「お客様の今までの機種ですとやや高性能ですから、こちらなどいかがでしょう?」と薦められたのはちょっと高い…。機能も充分活かしきれていなかったので、グレードダウンしてタダ同然の機種へ変更してきた。WX320Tとなった。

 シェルタイプであること、操作性や画面構成は先代とほぼ変わらず。機能的にはグループ着信(鳴り分け)機能がなくなったことくらい。デザインはシンプルになった。

 基本的には使い倒して機種変更となる私。一時期より盛り返した感のあったWILLCOM。この2年半は大して変化ナシ、かな。

追記 → あ、鳴り分けにできるじゃん(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2008

花火とチャリと

 なんだか最近日記をUPすることができない?クワガタの世話とかコマゴマいろいろあって、時間が無いっつーのが現状、か。

 そんな日々でもイベントは見物。交通規制で帰り難くなる前に定時で仕事を強制終了し、帰宅して近所の山の土手から眺めるは仙台七夕前夜祭の花火大会。

20080806_01

 山っつーことで、木の枝などが入り込むポイントしかないが、多くの年にココで見ている。毎年、少ないながら見物に来る地域住民も居る。画像は、発射点がマンションなどの陰にならずに見え、且つほぼ確実に入り込んでしまう木の枝が目立たなかった(だけでしっかり映り込んでいる)唯一無二の一枚だ(笑)。

 風の影響で煙が若干手前に流れ、花火の半分ほどは見えなかった。そして蚊に刺されながら終~了~。今年はカブトムシは飛来しなかった。

20080806_02 で、今回初お供した新たな相棒、GIANT ROCK 5500 08モデル。くたびれたクロスバイクMERIDA C8300(だったっけ?)を修復していたが、後輪の歪みとスポーク折れにレストアを断念。次世代もクロスバイクをと探し歩いていた際、目星を付けていたモデルがお気に入りパーツの付けられない構造だと気付き、現行クロスバイクたちを断念。メーカー在庫無し、再販無しが決まっていた当マウンテンバイクを自転車店で見つけ、半ば衝動買いに至った(笑)。

 ROCKは、GIANTの廉価スタンダードモデルで、5500はその中の最上グレード。他のグレードとの大きな違いはディスクブレーキを採用しているところくらい。これを通勤や散歩に活用して健康体を手に入れようと。ね。世の中、クルマの油を燃やしたくなくてチャリ通勤する人が増えているが、私は自分の脂を燃やしたいのだ(笑)。

 ポンコツクロスバイクから泥除け、ドリンクホルダー、ライトマウント、スピードメーターを移植。花火の翌日には実際に通勤。クロスバイクほど狂ったようなスピードは当然出ず、適度な感じでノビノビ走って、25分で職場到着。クロスバイク時代の最速14分と比べると随分とゆっくりだ。(ちなみに道なり6kmジャストの道程)

 ヒザが…(汗)。いや、これは2年10ヶ月もの間にチャリンカー?チャリダー?をサボっていたツケだ。こいでこいで筋肉のほうを復活させねばなるまい…。

 とにかく歳も歳になってきたし、ハラ引っ込めなくちゃならんのよ。ねぇ。それが最大の目的か…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »