« 実践:超燃費走行 | Main | 入院します »

July 07, 2008

漏れた?

20080706_01 日曜、クルマで出掛けて、帰宅したら駐車場の砂利の上に黒いシミが…。

 およ、これはワタシのクルマ位置からだな…。オイル漏れかな?

 と、シートを広げて潜り込み、エンジン腰下を覗き込む。ドレンボルトを触ってみたらアッチッチ、今帰ってきたばかりじゃん(笑)。

 で、レンチでドレンボルトをチェックしても、しっかり締まっているワケで、当然オイル滲みなどもないワケだ。

 っていうと、ドコになるんだ?

 あ!こんなトコから…。

20080706_02 原因箇所は、ハブ・ナックルからだった。水っぽい油がダラダラと垂れている。色はチョコレート色をしているので…。中のグリスは劣化気味だというのが判る。

 きっとの推測では、土曜の集中豪雨走行で、ナックルの内側に大量の水が浸入、日曜昼過ぎまでの真夏並みの日照りに熱せられ膨張し、駐車中にグリス混じりの水分(水分混じりのグリス)がシールまたはパッキン部分から滲み出た、ということなのだろう。

 駐車後、2時間以上してからもう一度再点検してみたが、新たな流出はナシ。とりあえず拭き取って、要観察処分とした。シール部分やパッキン部分が劣化損傷している場合は、今後も断続的に滲み出るだろうし、水分膨張によるものだとしたら、特定条件を満たした場合にのみ滲み出るだろう。グリス成分が効いていない状況、ステアリングレスポンスが低下するようだったら入院措置となるだろう。

 まあこの部分はグズグズになってしまうことも多いようで、さらにはそのまま点検すらされず何年も放置されていたりする部分らしいから、早急な修理が必要な感じではないのが救い、か。

 3万kmを超えてくると、いろいろ手負になってくるナァ…。

|

« 実践:超燃費走行 | Main | 入院します »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/41758558

Listed below are links to weblogs that reference 漏れた?:

« 実践:超燃費走行 | Main | 入院します »