« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

July 31, 2008

新:仙台市天文台へ

20080730_01 単発夏休みの水曜、天候は梅雨明以降続いている梅雨空の下、新仙台市天文台へ行ってみることにした。一度、日曜に来てみた際には、昼過ぎには当日のプラネタリウム券が完売していたこともあり、平日の今日ならばと、やっぱり昼過ぎに行ってみた。昨夜は発電機を山へ持ち込んでクワガタ採集していたから午前中は寝ていたのである。

20080730_02 昨夜クルマへ紛れ込んでいた蛾と共に到着した新仙台市天文台。蛾は駐車場へ到着するなりサヨウナラ。

 なんとなく原子力関連施設のようなプラネタリウムドーム。夏休みということもあって親子連れも目立つ。今日は券が売り切れていないことを願いつつ入館。

20080730_03 幸い、この日の最後の部(16時~)の券が辛うじて残っていた。開演まで2時間半以上ある。コンビニ行って空腹を満たしてから、館内をうろつくことにした。

 館内は、特別展とプラネタリウム館内以外は撮影可能ということで、カメラを持参して正解だった。展示物や解説資料なんかを撮影してお持ち帰りができるわけ。特に解説系は、帰宅してからでも再読できればじっくり勉強になる。

 館内に入るとすぐ左手に、旧館で使用されていたプラネタリウム投影機械が展示されている。光学式で1986年採用の機械だ。これが導入された直後に観に行って、「回転できるところは全部回転させてみましょう」と言って星空がグルグル回り、マジで目を回してしまった記憶が甦る。たしか、近所の友達と2時間かけて歩いていった時だった。

20080730_04 展示室に入ると、輝く地球儀とハイビジョンモニターがお出迎え。地球儀は目線より少し下にあり、輝いて目立ち過ぎているため、上のモニターに気付かないで入っていく人が多い感じ。人工衛星から見下ろした地球みたいな画像が映されていた。

 この薄暗がり空間。かなり癒し。

 流石に開館して1ヶ月足らず、人は多い。2時過ぎにはプラネタリウムの当日券完売アナウンス。平日でもこんな感じなんだなぁ。

 旧館の時には、それこそ入館している人の顔を全部覚えてしまうくらいの人しか居なかった。新しくなって、星に基本的に興味ない人も含めて、いっぱい来ている感じだ。

 展示室内には旧館では見られなかった博物的なものも含め、いろいろ展示されていた。

20080730_05

 太陽系模式装置。ボタンを押すと一定時間、惑星が自転と公転をしてグルグル回る。旧館にもあったネ。ボタンを押してみたら、土星がヤケに速い自転をしていた。

20080730_06

 伊達家の天球儀など。博物館的代物。

20080730_07

 隕石の展示。一番デカイのはオデッサ隕石。オデッサと聞くとガンダムを彷彿してしまう。

20080730_08

 天文台の世界史も模型で紹介。手前に人の模型が配され、大きさが人物比で分かる。巨大大砲を抱えた家みたいだった。

20080730_09 模型のあるところの台の下、引き出しがあり、それを引き出すと中に反射形望遠鏡の解説模型なんかもあり。赤レーザーで反射角度なんかも示されている。私みたいにさっさと観て歩くタイプには気付かないかも?

 夏休みの課題のためか、必死にメモ取る子供の姿もアリ。

20080730_10

 旧館で使われていた旧式のレンズ群。へぇ~。

 薄暗がりで眠くなりながらも待ち、プラネタリウム開演。投影装置は光学式とデジタル式のハイブリットタイプで、大きさも前出の旧館タイプの3分の1で球形。かなり効率化&高性能化が進んだのだね。

 画質は、旧館時代から飛躍的ではないがアップし、目玉?はCG動画も投影できることだろう。ただ、今回のプログラムでは目覚しいCG映像は使われなかった。今後のコンテンツの充実を祈ります。

 満点の星空。まるでクワガタ採りを終えたときに見上げる空のようだ(笑)。

 座席のリクライニング機能は、丁度良い角度で落ち着く。眠くなる一歩手前の角度であり、且つ見易い。

 しかも右側の肘掛には電卓みたいな数字キーが配されており、クイズに参加できた。3択クイズで、仙台と星にちなむ問題が3問出された。3択だと、数字キーも1から3番が光る仕組み。スゲーな。押すと解答状況が集計され、天井に投影される。ちなみに私は全問正解。まあ普通でしょ?

 ちょっと呆気なく感じる45分間のプラネタリウム。もっとその空間に居たい気持ちを残しつつ、錦ヶ丘を後にした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2008

またバルブ切れ

 先日、夜に駐車場を出て、バス通りまで出て行く途中で、右側の視界が暗くなるのが分かった。バルブ切れだ。ちょっと前にも山からの帰りに左側が切れたことがあった。そうなりゃ右側も寿命だったってコト。

 で、こんなこともあろうかと予備バルブを用意していた。ホームセンターで選んだ安物。昨今の原油高の影響で、燃料代以外に資金は回せない。フィリップスの4300K、5500円なんて払ってられないっ。

 安物バルブを選ぶときに考えた。基本的にライト周りはスッキリ純白に見せたい。それがあってフィリップスの4300Kを選んでいたのだが、今回はカタログ比較などの事前情報は無く、感覚と深読みで考えに考えたのだ。

(安物メーカーだ…。きっと色温度はちょっとサバ呼んで高めに謳っているだろう…。純正バルブメーカーとしても信頼性のあるフィリップスのマジメ4300Kに相当するのは…コイツか!?)

 という感じで買っておいたバルブを装着する。安物5100Kである。価格はフィリップスの2割強にしか過ぎない…。半年も切れなかったらコストパフォーマンス良いゾ。

20080728_01 点灯!おぉぅ、フィリップス4300Kと遜色ない!大正解♪フィリップスで5100Kクラスだったら、結構青白かっただろう。

 スッキリクリアな純白色。路面に照射する光は点灯直後だけやや青白く感じるのもフィリップス同様だ。コイツぁ~イイモン見っけたぜ~。フィリップス1セット買う資金で4セット買えちゃうっす。

 バルブトップもホワイトでキュートな安物バルブ。今後もお世話になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2008

入院します

 一泊入院にて手術を受けることになりました。愛車が(笑)。

 結局、ある日に駐車場から出ようとしながらハンドル切ったら「ゴクンッ」と異音発生。そんでハンドル戻したら「ンゴン」と文字で表現するとサザヱさんにも似た異音が再発生。異音はこの時だけだったし、別にハンドルまで変な振動が伝わってきたわけじゃないけど、直後に例の場所(ナックル)付近から液状化グリスがダクダクと流れ出てきてしまった。

 どうやら雨中走行をする度に水が入り込むようになってしまったらしい。雨の翌日には決まってダクダクと液状化グリスが流れ出た。そして日に日に、駐車場からの発進時は特に、前輪のシャキッと感が失せていった。

 で、某ディーラー店(販売店ではない)に持ち込み点検を実施。予想通りにハブナックル部分のシール部品の損耗がグリスダクダク現象の原因。そして異音やヘタリ感、雨水流入の原因と思われるのがキングピンベアリングの損耗であった。

 ベアリングは上下のどちらが損耗していたかは定かではないが、どちらも交換するという。当然シール部品も交換となる。これでシャキッとした走りに戻るであろう。

 気になる修理料金は0円。そう言えば新車納入3年を経過していなかった。保証の対象となるところでヨカッタヨカッタ。土曜午前に入院です。

 ちなみになんで販売店じゃないのか?というと、販売店は以前に対応が悪かったから。今回のディーラーは自宅から2番目に近く、距離を別にすると行き易い場所にある。ここは10年位前まで親父が20年以上も顧客だった店で、3年前に見積をもらいに行ったとき、親父を知る人が居たりした。で、今回は店員の顔ぶれは変わっていたものの、オネエサンやメカニックの皆様の対応はとてもヨカッタ。

 同時進行で別の治療を自力で行なった。もう1台の愛車、クロスバイクのパンク修理である。ジムニー納車直前にパンクしてから、職場の地下の秘密の空間?に葬られていたのだ。

 これを自宅まで手負のジムニーで連れ戻し、いざ修理。と思ったら、パンクしてなかった前輪のエアバルブが無い…。締め付けバルブはご丁寧に付いている。ということは盗まれた可能性大。というか盗まれた。しかも施錠ができる秘密の空間なのに。どう考えても関係者じゃないか盗んだのは!警備員は何をやっとるんだ?いや、私が3年間も放置したのが悪いんじゃないか。いやいやまてよ、警備員が盗んだのか?おい。

 そんなことを考えつつ作業開始。3年前のパンクは一気のバースト状態だったので、チューブに派手に穴が2箇所も空いていた。コツコツ直し、都合修理歴3箇所となったこのチューブは前輪用に。今までノーパンクだった前輪チューブを後輪に。あとは洗車と再セッティングするだけとなった。

 これからは、晴れた日にゃ自転車通勤再開か?原油高だし、油は無駄に燃焼できぬ。燃焼したいのは腹の脂だ(泣)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2008

漏れた?

20080706_01 日曜、クルマで出掛けて、帰宅したら駐車場の砂利の上に黒いシミが…。

 およ、これはワタシのクルマ位置からだな…。オイル漏れかな?

 と、シートを広げて潜り込み、エンジン腰下を覗き込む。ドレンボルトを触ってみたらアッチッチ、今帰ってきたばかりじゃん(笑)。

 で、レンチでドレンボルトをチェックしても、しっかり締まっているワケで、当然オイル滲みなどもないワケだ。

 っていうと、ドコになるんだ?

 あ!こんなトコから…。

20080706_02 原因箇所は、ハブ・ナックルからだった。水っぽい油がダラダラと垂れている。色はチョコレート色をしているので…。中のグリスは劣化気味だというのが判る。

 きっとの推測では、土曜の集中豪雨走行で、ナックルの内側に大量の水が浸入、日曜昼過ぎまでの真夏並みの日照りに熱せられ膨張し、駐車中にグリス混じりの水分(水分混じりのグリス)がシールまたはパッキン部分から滲み出た、ということなのだろう。

 駐車後、2時間以上してからもう一度再点検してみたが、新たな流出はナシ。とりあえず拭き取って、要観察処分とした。シール部分やパッキン部分が劣化損傷している場合は、今後も断続的に滲み出るだろうし、水分膨張によるものだとしたら、特定条件を満たした場合にのみ滲み出るだろう。グリス成分が効いていない状況、ステアリングレスポンスが低下するようだったら入院措置となるだろう。

 まあこの部分はグズグズになってしまうことも多いようで、さらにはそのまま点検すらされず何年も放置されていたりする部分らしいから、早急な修理が必要な感じではないのが救い、か。

 3万kmを超えてくると、いろいろ手負になってくるナァ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »