« 発電中だったら | Main | 漏れた? »

June 30, 2008

実践:超燃費走行

 昨今の原油価格高騰には腹立たしい反面、エコとか考えるには良い機会でもある。7月からは何度目の値上げになるのか、更に10円/Lくらい値上がりするそうだ。

 そんなご時世にクワガタムシの発電採集に遠征するともなれば、移動に要するガソリン代だって馬鹿にならない。ということで、超燃費走行を実践して、アバウト満タン法ながら燃費計算してみた。

 まずはとりあえず愛車ジムニーJB23Wの既知の記録を少々。

  • カタログ値燃費 16.4km/L(5MT/10・15モード/国交省審査値)
  • 個人的最良燃費 16.0km/L(灯下巡り1回&1週間通勤/513km走行)
  • 個人的平均燃費 12.2km/L(超燃費走行実践前時点)

 と、こんな感じ。これまでは燃費に気を遣うと言っても、急発進急加速を避ける程度であった。燃費に関係する要素として「発進時」などの加速に要する部分で消費が顕著で、続いて巡航時、他に積載量(車重)やエアコン使用などの電気的負荷なども関係している。そこで、「巡航時」にも気を遣う走行法を実践してみたのだ。エアコン使用については以前から節約している。積荷については遠征による機材満載状態なので、個人記録16.0km/L時の積荷ナシ灯下巡り時よりはデメリットはあるけれど。

 で、今回実践した走行法の中身というか条件など。(太字が今回追加した部分)

  • 急発進、急加速はしない。
  • 巡航速度は落とさずいつもと同じ。
  • 下り坂、停止前などに惰性走行を多用する。

 惰性走行とは…、5速でアクセルオフするとエンジンブレーキで減速してしまうような下り坂ではニュートラルギア走行する、赤信号や一時停止ポイントが見えたら直ちにアクセルオフをして減速またはニュートラルギア走行する、下り坂以後も多少は惰性速度を利用してアクセルオンのタイミングを遅らす、などである。要はアクセル開時間を減らすことが目的の中身である。

 ということで、遠征前にセルフスタンドで給油口カツカツまで給油し、遠征へ出発。積荷の重さが気に掛かるものの、前後のクルマに迷惑にならない程度に実践。いつも遠出の際は満タンゲージが下がり始める100km走行前後でも、メーターの針は満タンのままガツンとMAXを指している。それで帰路のとき、130km走行手前くらいで下がり始めた。いつもの2割増?くらいの感覚。で、翌日土砂降り雨の中に1日だけ日常走行をして239km走行後に給油してみた。もちろん給油口カツカツまで。で、出た燃費。

 18.4km/L!!

 ビックリ。15%の燃費向上を達成。この走法は良い!

 多少は惰性、惰性、惰性と意識しながらの走行にはなるが、今までは即座にアクセルを踏んでいた場所も意外と惰性で行けたりして、それなりに節約感は持てるので楽しい。巡航速度を落としているわけでもないので、フラストレーションはさほどでもない。オススメかも。

 あ、燃料節約と言って蔵王の下り坂でエンジン切って死にかけた人を知ってますが、これはダメ。パワステ、ブレーキ等の油圧系統も切れて、車輪の付いた棺桶になってしまいまっせ~♪

|

« 発電中だったら | Main | 漏れた? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/41688803

Listed below are links to weblogs that reference 実践:超燃費走行:

« 発電中だったら | Main | 漏れた? »