« これは犯罪か否か | Main | きぼう »

May 23, 2008

相談が…

 前回の続き。

 午後になり、とりあえず状況と趣旨を伝えに交番まで行った。被害届や告訴のつもりは毛頭無いことを予め伝えた上で、住居侵入などに問われる事例ではないか、これを極普通に今月末まであらゆる賃貸物件で続けられていくのは問題ではないか、という話をしてみた。また、今後も何かの機会に入室されてしまうことがあったら、居住空間であるにも関わらずプライバシーやら何やらもあったものではない、ということも言ってみた。

 警察官(と事例照会先の生活安全課)の反応としては、当然ながら民事的な部分は不介入というのを前提として、「通知の方法と了承の取り方」「通知の内容(“不在時は~入室しますので予めご了承を~”の部分と、担当者名や責任者名が無いこと)」に問題を抱いたようで、結果として了承を得ていない状況で入室していることを「法令に基づかない訴えられてしまう行為」という表現をした。

 「不動産業者も、専門的にやっているんだから、そんくらいのことは判ってるハズだよねぇ…。」

 思わず警察官もボヤいてる…。

 「で、盃さんとしては注意とかしてほしいワケね?」と自発的能動的な警察官。

 「必要と思われるなら。」と返答。

 ということで、前述した問題やら表現やらを電話で『匿名で通報があった』という趣旨に変えられて語気強く支店長さんに話した警察官。他に「本社の指示とか了解とかあるの?」「法令関係を詳しく検討しているの?」「どうしてそういう対応方法なの?」とか訊ねていた。

 不動産屋の返答として警察官から聞かされるには、「支店長は○○さん」「本社からの指示も無ければ、本社の了解や法令関係の検討相談もしていない」「期日が近く対応件数が多いためにこのような状況になっている」ということだった。確信犯?本社の連絡先を訊ね、最後に警察官は「法令関係を遵守して対応しないと訴えられますから、慎重に対応してください!」との言葉で締めくくった。

 うぅぅん、6月からの法令を遵守するための法令不遵守、になるのかぃ?悪意は勿論無いんだろうけど。

 ある女性の反応は「私だったらカギとか変えてしまう」との話だったが、カギを変えるのは賃貸契約違反だしなぁ、ということで別の信用できる不動産会社管理の物件へ引越しするしかないような話になった。嫌な人は嫌だよねぇ。

 ま、そんな感じで。

 未だに誰が何人入ったか明らかになっていない、そんな感じで。

 物盗りに入られたわけじゃないから、こんな感じで。

 そして信号機は直りました。

|

« これは犯罪か否か | Main | きぼう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/41290383

Listed below are links to weblogs that reference 相談が…:

« これは犯罪か否か | Main | きぼう »