« 桜狩りが… | Main | 散歩したけど »

April 30, 2008

単発休の散歩

20080429_01 世の中11連休とかって人も居るようだけど、私は基本カレンダー通り。それでも、赤い日なのに仕事しなければならない日もあるわけで。

 とりあえず昭和の日となった29日は休み。天気も良いし、こんな日は山へと行きたいが、30日~2日は普通に忙しい日々となるため体力温存。近所の散歩と決め込んだ。

 超遅咲き桜や八重桜を除き、山の花々は散った模様。代わりに新緑が映えてきた。昔、この風景の中の川原に、当時の私も含めた子供たちが遊ぶ姿が多かったのだが、今やほとんど無し。野遊び山遊び川遊び、そんな遊びを毎日のようにする子供って、ほんと少ないんだろうなぁ。

20080429_02 昔、カニ屋のあった一角。祠がありお稲荷様が祀られていた。(画像がおもいっきしピンボケだ!これしか撮ってない…)

 二つ祠があるのだが、奥の小さいものはかなり古そう。手前の大きなほうにはセトモノ?磁器?のお稲荷様が。奥のほうには素焼き?のお稲荷様が安置されていた。

 奥の古そうな祠は、その佇まいも古いのだが、中のお稲荷様も相当古そう。いつの頃からあるのやら…。

 カニ屋があった頃は、店の裏に当たる場所だったので行くに行けなかった。今は駐車場脇となり、アプローチに何ら問題も無く気兼ね無く行ける。こういう祠って、ホントにいろんなところに在りますが、それぞれ歴史があるんだろうからスゴイわな。

20080429_03 祠の後、石碑が在った。ん?墓石?線香を供える場所が手前の草に埋もれている。向かって右手側には花を供える穴を開けた石もある。

 石碑を見ると、「妙法蜘蛛之霊」とある。あ、これはここの断崖直下にある賢渕の伝説の蜘蛛を弔う石碑なのか…。

20080429_04 少し歩いて「山上清水」へ。この辺りの地区名にもなっている。その昔、弘法大使が山の上の木の根元を杖で突くと清水が湧き出た、という伝説がある。

 その伝説を伝える巨木の切り株と清水なのである。この場所の清水は枯れた?ような話を聞いた気がするが…。

20080429_05 広瀬川へ向かい、河川敷を歩く、歩く。新緑が綺麗。

 川原に面した土手に立つ木の下へ潜る。かなり大きい木。樹齢はきっと100年なんて超えているんだろう。

 この木の生える土手下に昔、貝塚があった。今では崩落した土砂に埋もれて確認できない。

20080429_06

20080429_07

20080429_08

20080429_09

20080429_10

20080429_11

20080429_12_2

20080429_13

20080429_14 遊歩道脇の花壇でネコが昼寝をしていた。長閑だ…。

 そんな感じで掃除洗濯もせずノンビリ過ごせた休日。夜になって税率復活目前?のガソリン給油へ。愛車にはハイオク入れて満タンに。携行缶にはレギュラー満タンに入れてもらい、夏の発電に備えたのでした。

20080429_15

|

« 桜狩りが… | Main | 散歩したけど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/41039130

Listed below are links to weblogs that reference 単発休の散歩:

« 桜狩りが… | Main | 散歩したけど »