« 暦では春の散歩 | Main | 1年分の飲酒期間? »

February 23, 2008

ナマズの正体

 そう言えば、拾ってきたときは小さ過ぎて調べていなかったナマズ君の正体。普通のナマズなのか何なのか?調べてみましたところ…。

20080223_01 ギバチ(Pseudobagrus tokiensis)ですね君は。ナマズ目ギギ科ギバチ属。体長最大30cm程度。関東以北~東北地方に生息する日本固有種で、川の中流~上流下端辺りの流れのある比較的水質の良い環境に居るという。宮城県では絶滅危惧の範囲に入る一歩手前くらい(準絶滅危惧)。仙台市では稀な魚とか紹介されていることもあるのだが、広瀬川や梅田川などでの採取、釣果などの記録も散見されるのだな。

 夜行性で、水生昆虫などを捕食しているとか。胸ビレや背ビレに棘を持ち、毒があるとも言われている。ホントか?

 最近の我が家のギバチ君は、竹炭を住処にしているようで、中でユラユラと漂いながら、クチを軽くパクパク呼吸しながら、私の方を向いて寝ています。そんな寝顔?を激写してみました。ちょっとフラッシュの光がガラス水槽に反射して青味を帯びてますがご勘弁を。

 そうか、君は綺麗な水を好むのだね…。ザリガニ水槽はそんなに綺麗じゃないのだけれども、健気に生きていたのだね。頑張って30cmを目差しておくれぃ。

|

« 暦では春の散歩 | Main | 1年分の飲酒期間? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/40234259

Listed below are links to weblogs that reference ナマズの正体:

« 暦では春の散歩 | Main | 1年分の飲酒期間? »