« ナントカコウモリの降る確率… | Main | 連休いろいろ雑記 »

September 15, 2007

祭りの夜

20070914_01 近所の大崎八幡宮で例大祭が始まった。毎年9月14日の夜は能神楽奉納が行なわれる。場所は本殿手前の長床にある、ちょっと狭い能舞台。県指定の無形民俗芸能文化財になっている伊達家ゆかりの能神楽。

 始まるちょっと前に到着したが、もう既に陣取るカメラマン多数。舞台が狭いこと、三脚使用による撮影が認められていないことなどから、はっきり言って撮影ポイントなど皆無。最前列は障害物となるものが柱くらいしか無いので良いポイントだが、必然的に超ローアングルとなる床面レベルからの撮影となる。

20070914_02 ともあれ舞台が始まった。保存会の人たちが守っている能神楽。私の超~地元であるだけに、実は舞っている赤い衣装の人は中学の時の後輩でもあり、私の親父の従兄弟の息子という遠縁でもあったりする。

 数年振りに観に来たが、やはり郷土芸能は良いですな。舞の内容はなかなか動きが激しいのだが、舞台が狭いのがちょっと…。でも、ず~っとこれでやってきたのだろうし。

20070914_03 年季の入った面が歴史を物語る。

 この舞台である長床、創建年月は不明だそうだが、おそらく本殿と同時期だろうということで、国の重要文化財だそうだ。

 知る方も多いと思うが、本殿は安土桃山時代の遺構として唯一残る国宝建造物である。修復成った本殿は見事なまでの美しさである。

20070914_04 しばらくすると、聞き慣れた声が…。あ、私がクワガタ採集に行こうとする度に何かと引っ掛けられるチビッコギャングたち(同級生の子)ではないか…。

 本殿の鈴を思いっきり鳴らし、周囲の注目を浴びている…(汗)。どうれ、写真でも撮ってやるか、と声を掛けたら、何故か「火(かがり火)のところで撮って!」というので、そこで撮ってあげました…。

20070914_05 夜は更けていく…。それでも、観ている人の姿は減らない。観客は元々そんなに多いわけではないので、ちょうど良い感じではあるけれども。

 8演目の構成で行なわれた能神楽は、午後6時半に始まり、午後9時前に終了した。15日は午後1時半から流鏑馬神事が行なわれる。

 ん?天気予報では蒸し暑いな…。山に行けるってか?どうしようかな…。何回今季ラスト発電する気だ?(笑)

|

« ナントカコウモリの降る確率… | Main | 連休いろいろ雑記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/16450129

Listed below are links to weblogs that reference 祭りの夜:

« ナントカコウモリの降る確率… | Main | 連休いろいろ雑記 »