« 中秋の林道記 | Main | 秋の散歩道 »

September 30, 2007

久々の洗車などなど

 5月以来?のコーティング作業。しばらく林道通いだった愛車は灰色模様。そして丁度のオイル交換時期。クワガタ採集シーズンオフとなった土日2日間をフル活用してあれこれ取り組んだ。

 簡単な洗車は5月以降もしていたのだが、気付いたことはボディ小傷の増加。山奥突入などを考えると仕方ないことではある。見るに堪えない状態ってキズではないので気にはしないが、増加には気付く。

 そして次に、タイヤハウス内に蓄積されていた土砂の量。今までに無い量が流れ出てきてしまい、洗車後に洗車場を洗い流す作業も念入りにした。栗の大きさくらいの石まで巻き上げて蓄積していた。

 そんでボンネット開けてビックリ。灯下巡りは少なかったので蛾の死骸も少なめだったが、ラヂエーター脇のスポンジフード(空気を効率的にラヂエーターに集める為に付いているっぽい)が片方脱落…。どうやら両面テープ固定仕様の代物なので剥がれたのだろう。それと水溜り通過時に巻き上げた泥水汚れ少々。下部にガードを取り付けてはいるが完全に防ぐものではないから仕方ない。これでもきっと綺麗なほう?なんだろうとコツコツ清掃。

 コーティング作業を終える頃には4時間経過で日没間近。これにて土曜の作業は終了し、今日作業へと引き継がれたのは室内清掃とガラスコーティング。

 室内清掃して気付くことは、やはり荷台周りの小傷の増加。発電機材など満載で走る林道では荷台にも優しくないようだ。そして発見される虫の死骸、死骸、死骸…。発電機材などに紛れ込んできた虫たちの亡骸は、容赦なく洗車場の掃除機に吸い込まれていった。あとはやはり土ホコリや砂がかなり入り込んでいる。これらも吸引してサヨナラ~。

 ガラスコーティングはさっさと終わらせ、オイル交換のため移動。今回も引き続きモリドライブPLUSを投入(今回はオイル添加剤投入も)。このオイル気に入った!私の交換サイクルには丁度良い耐用性能とコストパフォーマンスの部分合成油。変に著しい劣化やエンジン変調を起こさずに3000kmを走り切った。2000円弱/4Lという低価格では大満足の品となった。しばらくコレで行くゾ!宣言。

 あとは下回りのチェックを兼ねた清掃もしたいところだが、時間切れで延期。帰宅してF1日本GPをTV観戦。雨で全くもって見え難く混乱しっぱなしで残念…。31年前に富士を走ったJ.ラフィーも解説者として来ていたようで、「この天候はあい変わらずで、これだけはやはりF1には向いていないと思った」とか話していたようだ。

 話は戻るが、いやいや大した汚れ具合だった我がクルマ。次の連休もコツコツ下回りのメンテ作業をしなくては。

|

« 中秋の林道記 | Main | 秋の散歩道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/16620213

Listed below are links to weblogs that reference 久々の洗車などなど:

« 中秋の林道記 | Main | 秋の散歩道 »