« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 15, 2007

早起きは三文の得

 午前3時起床。一服後に着替え、予め用意していたカメラバックを抱えて駐車場へ。目指すは県南の桜の名所「一目千本桜」の地まで。駐車場を出て、なんと1回だけの赤信号停止のみで大河原町内へ突入してしまい、目的地付近へ到達してしまう。

20070415_01 ある程度の時間的余裕が持て、撮影も、と決めた河川敷にて夜明けを待つ。空はかなり白み始めている。船岡城址の観音様も見える。そこも目的地の一つだ。

 西の空には生憎の厚い雲。蔵王連峰は望めない。これだけは残念な状態。それでも周囲の桜は空の明るさに呼応して、その存在感を高めていく。

20070415_02 日の出を迎える。桜並木の上よりジワリジワリと昇る赤い太陽。

 上空の雲にも陽が当たり、桜にも朝焼けの光が当たり、一気に周辺の風景に表情が付いてくる。美しく輝き始める桜を眺めつつ、思い立っては撮影してみる。本当は何か撮影テーマでも持ってカメラを携えれば技術やセンスの向上に良いのだろうが、私のスタイルはアレコレ構わず撮り歩き型。ストレス解消型とも言えるか…。

20070415_03 三脚を畳み、カメラを手持ちに切り替えて移動する。朝の陽を浴びて鮮やかさを増す対岸の桜並木。反面、逆光による花を透かした光で柔らかく光る此岸の桜。

 昨夜の強風によってなのか、満開の花は散っていなくとも型崩れを起こしているものが多いような感じ。それでも、全体的にはボリューム満点。本当に絶頂期。

 早朝ということだけあって、桜見物の人口密度は激低。それでもカメラを片手にという人の姿はチラリホラリ。地域の桜祭りによる交通規制も関係ない時間、花見渋滞も起こらない時間。こんな時間だからこそストレスフリーで見物&撮影。早朝の空気も清々しい。

20070415_04 しばらく河川敷の桜を見物し、次は船岡城址へ。やはりこちらも桜は満開。

 こちらには既に人が集まり始めているようだ。どうやら桜祭りの準備もあるのか。麓にクルマを駐車して、地道に山を登り始める。道端では桜の撮影に勤しんでいる人の姿も見受けられた。

20070415_05 公園内にあった自動販売機でホットカフェオレを購入して身体を温めつつ眠気覚まし。

 結構な急坂を登り、山頂へと辿り着くとカメラマンの群れ。皆、望遠レンズを装着し、同じ方向を向いているが、撮影する気配は無い。どうやら東北本線の列車狙いであるのだろうと、容易に察することができた。

20070415_06 観音様の前で、ベンチに座って遠景を切り取り始める。桜並木の様子がよく判る。ローカル列車や貨物列車が通過していくが、反応するカメラマンは少ない。これまた特別な列車が通過するであろうことを察する。

 ある程度滞在の後、下山を開始。まだ午前7時。少し道を逸れて川を眺望できる方向へ森の中を進むと、そこにもカメラマンの群れ。やっぱり鉄道か、と思った次の瞬間「来たヨ!」との声。おろろ、私が今カメラに装着している標準ズームレンズでは列車を大きく捕捉できない!仕方なく急いで電源を入れて、カメラマンの後頭部ごと撮影しておく(笑)。北斗星?みたいな列車が通過していった。

 列車が通過すると、半分以上のカメラマンたちが立ち去り始めた。きっと頂上でも同じようなことが起こっているのだろう、と想像しながら私も下山を再開した。

20070415_07 麓に近づくと、福島からの団体客がバス3台でご到着の様子。他にも通行車両は増してきて、賑やかさも増してくる。

 少し雲が出始め、陽射しを得られなくなる状況が続きそうになった。風も強まり、花をクローズアップで狙うには安定しない状況が続き、あまり納得できるカットを撮れないまま撤収を決め込んだ。

 帰り道では、空には雨雲が立ち込め始めていた。帰宅してすぐに昼寝をしたのだが、そうしている間にも雨が降ったようだった。そして夜まで天気は回復しなかった。

 人の少ない桜の名所で、満開の桜を、陽射しの下で思う存分眺められた日曜の早朝。渋滞も無く、早起きは三文の得だった、と思うには容易い一日となった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2007

桜の名瀑

20070411_01 今年も職場近くの名物桜が満開に。

 PCの文字と書類の数字で疲れた目に潤いを、ということで昼休みにカメラを片手に見物へ。

 すると撮影者の多いこと多いこと。通り掛かり、撮影目当て、駄菓子を買いながら、タクシーに乗りながら…。

20070411_02 しかし、毎年毎年綺麗だな、と思う。濃過ぎず薄過ぎない鮮やかな桜色。

 そして、風情のある駄菓子屋の佇まい。

 年に1~2日間ほどであろう桜の絶頂期。職場が近くでなければ見逃してしまうこの日。

20070411_03 駄菓子屋の敷地に根付く桜は、まるで滝のように堀の中へと枝を深く下げ、桜の名瀑と化す。

 何も知らずに通り掛かる人でさえ、ハッとして歩みを止める。そんな存在感、大きい樹とは言えないが、圧倒的なその咲き誇り。

 私と同じように撮影している中年男性。「いやぁ、素晴らしく綺麗だよね!毎年見に来ているけど、本当にいつ来ても素晴らしく綺麗だよね!いやぁ、本当に、ホントに…」見た者にしか判らない形容し難い美しさ。確かに、「素晴らしい」以外の言葉は見つけ難い。

 その男性は、この桜を毎年見に来ているだけあって、この桜にパワーをもらっているようで、とても興奮気味。「堀の下から撮りたいんだけど…。行けないかな…。長靴履いたら行ける?行けそうだ!」と言って去ってしまった。きっと長靴を取りに戻ったのだろう(笑)。

20070411_04_1 同僚もケータイで撮影に来た。しばらくすると同じ建物の別オフィスの人も来た。

 駄菓子屋はとても忙しそう。

 クルマで通り掛かりに見ていく人がいるので、時々クラクションが鳴り響く。桜プチ渋滞が起きている。

20070411_05 20分ほど撮影を堪能し、職場復帰。でも、日没直後にまた来てしまった。陽が落ちてからがまた美しい。

 鮮やかな桜色は少し控えめになりつつも、柔らかく広がる桜の花。駄菓子屋の灯篭が点り、また違った趣を見せてくれる。

 すると、昼も夕方もカメラを抱えてきている私を覚えてか、駄菓子屋のご主人が話し掛けてきてくれた。

20070411_06 植木屋の話を聞かせてくれて、「ソメイヨシノは接木する樹だから60年を越えると衰えてくるが、この(枝垂れ)桜は60年を越えて花の色に深みが増してくるそうだ。この桜も60年を越えてきたから、毎年毎年どんどん綺麗になっていくよ」

 そして、「私も間もなく80(歳)だから、あと何回見れるか判らないけど、あんまりそれは考えないように見ている。忙しくて今日はあんまり見ていないから、主人(の私)がちゃんと(桜を)見てやらないと」とポツリ。「あと何回」という思いは、2年前に撮影しに来た時の私も思ったことだが、ご主人の言葉には、この桜と歩んできた人生の重みが感じられた。

 「(ちゃんと見て)可愛がってやらないと、ね」と私が言うと、満面の笑みでウンウンと頷きながらご主人は桜を回り込むように、見渡しながらゆっくりと歩み始め、柔らかな桜色の滝を輝かしい眼で見つめていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2007

試し撮り散歩

20070409_01 先日購入したレンズと中間チューブを携えて、近くの墓場を散策。何か試し撮りに良い被写体はあるかどうかと歩いてみると、終わり掛けの梅が少々。桜はまだこの辺りでは固いつぼみのようであった。

 まず50mmレンズのみで色合い設定のチェック。これが良いかな、と決めてみる。50mmとは言えどもキスデジでは実質80mm。ポートレート写真に重宝しそうな撮影感覚だ。

20070409_02 中間チューブを装着して、少し日陰にある、まだ萎れていない梅の花を選ぶ。ググッと近寄り撮影開始。まずは使い心地の再確認。

 マクロ初心者、三脚無しでフラフラ頑張って撮ってみる。おお、こんなに花をクローズアップで撮れるのか!しかもレンズが明るいために、シャッター速度もエラい速い。

 とりあえず露出や何かを気にする前に、バシバシ撮りながらブレずに撮れるようコツを掴む努力をする。何枚か同じ花を撮りながら、満足のいく画像が撮れる頻度を上げていく。

 ある程度の練習を積み、次は少し考えながら被写体を選び、少し考えながら露出や何かを決めていく。

20070409_03 鮮やかなピンク色の花が残っていたので、色がハッキリ出るように撮ってみる。でも構図がちと悪くなった。そんなことの繰り返し。

 正午過ぎには晴れながらも集中豪雨が降った。そのお陰か?シナシナになった花が多くて被写体となる花は少ない。また、花の数も少なくなって、重ねボケを狙う構図も存在しない。

 また少し歩き、コンクリの隙間から生えるド根性花?を見つけて撮影する。絞りを開放にし過ぎて、ほんの一部の花びらにしかピントが合わず。

 一つ一つが始めての経験に近いマクロ撮影。勉強になる。そして楽しい。

20070409_04 タンポポを見つけ、正面から撮影してみる。中央の花びらにピントを合わせてみたり、花弁の先に合わせてみたり。それだけで随分と違って見えるものなんだな、と。

 被写体少ない墓地での散歩。昆虫が多くなる季節を間もなくに、楽しみが増えた感じ。別に花を撮ろうってわけではないけれど、マクロな視点で撮影できることが可能になったことは楽しい。これから何を撮ろうかな。

 んでも、風呂上がりに出掛けたためか、頭痛がしてきて退散するのであった…。風邪か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2007

擬似マクロ撮影

 退勤時間、たまたま「ヨド○シまでカメラレンズ買いに行く」と事務所でボヤいたら、シャチョーがクルマで乗っけて行ってくれるというので、イソイソと後部座席に乗り込み、シャチョーの運転で(爆)仙台駅東口へ。

 最近いろいろカメラレンズについて考えていた。ブナの森を広大に写せる広角か、枝先のヒメオオなどをブレずに写せる手ブレ補正付き望遠か、エビや微細昆虫などを大きく写せるマクロか…。調達資金的には、どれか1つが今の限界。いや、広角や望遠だと小遣い的にも限界点オーバー?

 ということで、マクロ方針を固めるが、何も本格的な写真を撮ろうと思っているワケではなく、HP記事がメインであるため、高価なマクロレンズを購入する必要も無い。であれば、持ってて損は無い安レンズと、アレの組み合わせで行きますか!

 思い立って購入したのはEF50mm/F1.8Ⅱ。APS-Cサイズの撮像素子であるキスデジでは35mm換算にすると80mm相当の焦点距離となる単焦点レンズ。標準レンズというよりは中望遠レンズになる。1万円弱で購入。そしてアレとは、接写を可能にしてしまう中間リング、ExtensionTube EF25Ⅱを1万円強で購入。カメラボディと交換レンズの間に装着するだけで高倍率撮影ができるという代物。

20070407_01 帰宅して早速試し撮り。50mmレンズのほうはキットレンズのF値3.5に比べて1.8なので、まずファインダー内が超~明るく感じられる。テーブルの隅に立てておいたナットソケットを何気なく最短撮影距離で撮影すると、後方に転がっているマウスや何かが結構ボケボケに写る。イイ感じ♪

 続いて中間リングを装着して、同じく最短撮影距離から撮影する。この最短撮影距離がかな~り短くなる。ということで高倍率撮影が可能になるのだが、ナットソケットにグググッと寄って撮影できたので、画像がナットソケットで一杯に。超マクロ撮影には向かないかもしれないが、ほどほどに使いやすそうである。

 レンズ自体が明るいことで、ISO感度をさほど上げなくてもフラッシュなしで室内撮影できることも良い。コストパフォーマンスについては抜群のレンズ、と言われるのも頷ける。

20070407_02 試し撮りの対象を、つまらないナットソケットからレッドビーへ移す。タイミング良く水槽壁面を徘徊する個体を発見。今までのエビ画像(キットレンズ使用)は、撮影画像を半分くらいトリミングしてUPしていたのだが、50mmレンズと中間リングの併用で、トリミング無しでUPできる状態での撮影が可能になった。明るいのもメチャ利点。トリミング無しだと余計な画質劣化がないことも良い。思惑は当たったかも。ただし、水槽中央~奥に居る個体は最長撮影距離より奥に存在することになってしまい、撮影ができない。別のレンズで試してみないといけないなぁ。

20070407_03 ついでに青ザリも撮影。こちらも50mmレンズでは最長撮影距離より奥に居り、キットレンズの18-55mmでもダメ。昔々に使っていた80-200mm望遠レンズを取り出して試してみたら、やっとピントが合ってくれた。トリミング無しで、かなり寄りの画像になり、青ザリ如きに結構な迫力のある画像が撮れる。中間リングの効果っていうのも凄いもんだな、と感心してしまった。小さな昆虫を相手にするにはモッテコイ?しばらくはマクロな視点で撮影するのが楽しくなりそうである。

 広角と手ブレ補正望遠を、今後どうするかだなぁ…。「あったら便利は無くても平気」っていうくらいかな?

 まぁでもどっちみち、ボーナスの時期まではどうにもなんないんだけどね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2007

黄砂の日々

20070402_01 先日、クルマを夏タイヤに交換した直後に、簡単にでも洗車するか~?と思ったが、小雨が降りそうな感じでもあったし、黄砂も酷かったし、洗車を止めたのだは大正解だった。この黄砂じゃ黒クルマは1日で白っぽくなってしまう。

 夕方5時過ぎに太陽を見ると、なんとなく不自然に黄色味を帯びた暗い太陽が西の空に沈みかけていた。空は雲ではないグレー色。遠くの景色も霞んでいる。数年前にも酷い黄砂があったが、その時ほどではないような感じではある。

20070402_02 中国では大気汚染やら水質汚染やら環境汚染が進んでいるようだが、その大陸から吹く風が運んできた黄砂。目に見える現象だが、目に見えないところで何が飛んできているか判らないっていう現状もあるわけだ。まあ日本も太平洋に向けて汚染物質を風に流しているのだが。

 我が家がある山の方向を望むと、霞んでギリギリ見えるかどうか状態。最短道なり距離で6kmジャストなので、直線距離で5kmくらいだろうか?TVニュースでも報じていたが、仙台では黄砂で視界が6kmほどだったという。確かにそんくらいかも。

 春本番はもう間近。クワガタの季節もカウントダウン開始っすかね♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »