« 十数年ぶりの再会 | Main | 熱いライトニング:続報 »

September 02, 2006

熱いライトニング

20060902_02 ガソリン価格高騰の今、巷で話題?のボルテージチューニング「ホットイナズ○」を装着した。といっても、これは純粋なホットイナズ○ではなく、それを製造しているメーカーがその銘柄を使用せずに商品化した同等品。エコロジーに特化した仕様(低中速域重視)のものである。ちなみにホットイナズ○銘柄を使用しているエコ仕様のものより数千円安かった(ホームセンター購入)。

 簡単に言えば、クルマが運行上様々な電気的負荷を必要とするときに、補助的に電気を補い負荷を減らすことで、エンジンへの負担を減らし結果として燃費向上やトルクUPなどを果たす代物である。この手の商品は、電気的負荷が顕著に走りに影響する小排気量車ほど効果が大きいらしい。また、2個装備してもその効果が強調される(倍加する訳ではない)らしい。

20060902_01 んで、装着してみた。配線を水平に出すように取り付けなければならないという制約があり、どこに固定しようかと考えたが、迷うことなくヒューズBOXのフタに固定した。そこ以外に適当な装着場所が見当たらなかったので、悩む必要は無かった。取付作業はゆっくりやっても30分くらいであった。

 他の電装品の動作チェックを兼ねた近所の試走では、装着直後だからか違いが判らなかったが、その後買い物に出掛けたときには次のような違いを感じることができた。

  • 5速で登るにはキツかった緩い坂道がキツく感じなくなった。
  • 左折後に3速で立ち上がるにはツラかった交差点が無理なく立ち上がれた。
  • ノッキングが減った(実用回転域下限が低くなった)。
  • オーディオの高音域が良くなった気がする(笑)。

 まあ効果を体感できた訳で、これが燃費向上に貢献するんだろう。ちなみに納車後の燃費アベレージは11.9km。冬タイヤで通勤だけの期間は10km前後をフラフラしていたが、夏タイヤだと12kmくらい、採集などで遠出すると14kmくらい。これが標榜では10%程度UPする。軽自動車ではもう少しUPするらしい。

 本当に10%UPするのであれば、1年も掛からないで商品代の元を取る計算だが…。さてはて。

|

« 十数年ぶりの再会 | Main | 熱いライトニング:続報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/11735818

Listed below are links to weblogs that reference 熱いライトニング:

« 十数年ぶりの再会 | Main | 熱いライトニング:続報 »