« 雨の松焚祭 | Main | オイル交換 »

January 15, 2006

松焚祭続報

 雨も止んだ深夜、また出掛けてみることにした。

20060115_01 23時過ぎ、御神火は黒い塊と化し、神々しさは失っていたが、それでも投げ込まれたばかりの正月飾りは勢い良く燃えていた。例年ほど寒くはないが、暖を取る人々が集まっていた。と、ここで何とカメラのメモリー入れ忘れに気付き、一時帰宅。日記UPのために抜いたことを忘れていた(汗)。んで再び来て撮影。

20060115_02 午前零時を過ぎても、参拝者は意外と多い。出店も店を畳むような気配は無い。土曜であること、暖かいこと、雨が止んだことなどが、人通りを少なくしない理由だろう。

20060115_03 表参道の階段も、昇り降りする人が絶えない。私は中学~高校時代、この近くの伯父のそば屋で、大晦日とどんと祭の夜に手伝いをしていた。例年、午前零時を過ぎると、仕事を終えた国分町界隈?の人々が参拝に訪れ、再び賑やかさを増すのだ。

20060115_04 何か被写体になるブツが投げ込まれないか張り込みをする。しかし、投げ込まれても場所が悪かったり、向きが悪かったりして、思うような被写体に巡り会えない。火に背を向けて暖を取っていたら、背後の足元に山越えの投げ込まれたブツがドスン!と落ちてきて、隣にいた警備員のお兄ちゃんと顔を見合わせ、冷や汗タララ…。

 結局、2時間ほど滞在したが良い写真は取れなかった。印象的なようなものが燃えていることろをクローズUPして撮影したかったのだが…。

 夜が明けて日中、近所のホームセンターに行ったら、またまた盃モドキJB23に出くわした。でも、もう君とは違うのだ。前から見ても後ろから見ても違うのだ!「ザクとは違うのだザクとはぁぁぁ!」とラル様みたいな言葉が出掛かったりした(笑)が、ザクとグフの違いっつっても軽微なモン。ドムになるには足回り変更が必要だな…。全然予定して無いけど…。

 大胆なエクステリア変更が予定されない状態で、クルマに個性を出すのは難しい。こうなりゃあんまり好きじゃないけどステッカー方面か?(笑)

|

« 雨の松焚祭 | Main | オイル交換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/8177627

Listed below are links to weblogs that reference 松焚祭続報:

« 雨の松焚祭 | Main | オイル交換 »