« 加工作業 | Main | 氷瀑 »

January 31, 2006

国営放送からの問題提起

 某国営放送(って1つしかない?)が番組に取り上げたクワガタムシを取り巻く諸問題。主に「材割」と「放虫」という、クワガタムシを自らの趣味や商売として自覚している人ならば誰もが気になる点についてを題材にしていた。

 材割は、やはり当然というか、生木へのダメージと、それに伴った環境破壊と民有地荒らしの実態を報告、問題提起する内容であった。関東以西のオオクワガタ生息地の映像が多かったが、生木にちょっとでもシハイタケ系のキノコが付いていたら削られている有様のようだ。山梨などで大型の個体が採れ難くなっているという話が、真実味を帯びてくるには充分のような映像であった。番組中では、生木(生きている木)にはダメージを与えないことがマナーで、枯れた(朽ちた)木から採集するのが本来のルールというような説明がなされていた。商業的採集や産地ブランド志向などが乱獲に結びついているという表現もあった。

 放虫は、外国産個体の帰化や、交雑個体の発生など、クワガタマニア道?を行く人ならば百も承知の事実であるが、それがクワガタや昆虫専門書などを飛び出して大々的に取り上げられるのは貴重だ。一般(マニアではない)人の飼育者にとっては、子供などに容易に買い与え、東南アジアなどのクワガタだったら雪の降る日本の冬は越せないだろうと簡単に野外へ放してしまう人も居ることだろうから、啓発ということでは良い材料となったと思う。これも昆虫を扱うことで営利を成している業界ではない国営放送だからこそ、この問題について掘り下げて内容を組めるというもの。日本より南の地域に生息しているからと言っても、標高が高ければ雪だって降る。赤道直下(の山)で凍死した登山家だっているのだから。

 外来種個体の捕獲確認マップには、宮城県は含まれていなかったが、アトラスオオカブトが捕らえられた新聞記事は記憶に新しいし、公にはなっていないが、ヒラタ系外来種交雑個体が捕らえられている県内某地域の話も知っている。小学生の自由研究を発表する展示会に存在する県内採集の昆虫標本の中に外来種が混じっていた話だって聞いている。宮城県だって危機に瀕している。むしろ局地的には壊滅的なのかもしれない。

 外国産種の輸入禁止あるいは輸入制限は、同時に飼育の禁止や制限に直結するそうだ。輸入を禁止して飼育を認めるというのは、貿易摩擦の観点からナンセンスのようである。つまり、一般人(マニアも含む)が許諾無しに飼育できるのに輸入ができないというのは環境(在来種)保護という根拠にも薄いということ。当然だろう。牛肉だって、日本はアメリカからの輸入を中断しているが、日本人は実際に牛肉を食っているわけだし、アメリカ人だって自国の牛肉を食っているわけだし、いつまでも輸入を渋るのは貿易摩擦に発展して当然だと思うし。日本国内だって狂牛病感染牛がチラホラ出ているし、日本人の中にだって気にしないでアメリカ産牛肉を食いたがっている人も居るだろう。吉野屋の復活を心待ちにしている人、多いでしょ?(私は豚丼派だったりしますが)

 私も外国産クワガタムシの飼育経験者ではあるが、はっきり言って興味は失せてしまっている。外国産の輸入も飼育も禁止してしまって個人的には差し障りは無い。しかし世間のクワガタ愛好家(あるいは業者)の中には、死活問題にもなるだろう。

 そもそも論になってしまうが、飼育・採集・販売者個々人のモラルの問題でもある。私が生涯初のオオクワガタを採集したポイントは、その後の採集者が木を削って採集をしてしまい、オオクワガタが生息するウロが露出し、クワガタが入らなくなってしまった。材割採集の痕跡で、明らかに生木を削っているという状況は県内では上記しか見掛けたことは無いが、きっとどこかにもっと存在するんだろうし。飼い切れなくなって外国産を捨てている人も居るだろう。日本の環境では生きていけないと断言して売っぱらう人だって居るだろう。

 これらの問題に対する愛好家の反応や考え方は十人十色だろう。菜食主義者と肉食主義者が居るように、根本から違う考えの人が相対することもある。一概にクワガタムシを採集するな、飼育するな、売買するな、という話には到底なれないが、生木は削るな、外来種は放つな、未許可種の輸入はするな、という話は充分できてセオリーだろう。

 きっとこの国営放送番組は、近畿方面某大手業者の未許可種輸入による経営者逮捕を切っ掛けに作られたのかもしれませんね。

|

« 加工作業 | Main | 氷瀑 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155453/8426648

Listed below are links to weblogs that reference 国営放送からの問題提起:

« 加工作業 | Main | 氷瀑 »